加藤博人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 博人
日立製作所 投手コーチ #93
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県八千代市
生年月日 (1969-04-29) 1969年4月29日(50歳)
身長
体重
180 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト外
初出場 NPB / 1989年4月8日
最終出場 NPB / 2001年5月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

加藤 博人(かとう ひろと、1969年4月29日 - )は、千葉県八千代市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ監督

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

日本大学時代は大した成績を残せなかったが、独特のカーブがヤクルト安田猛スカウトの目に留まり、1987年オフにヤクルトスワローズの入団テストを受験。当時直球の球速は130キロ台であったが、関根潤三監督ら首脳陣の目に留まり合格し、同年にドラフト外で入団。1年目の1988年は二軍で鍛えられ、2年目の1989年のユマキャンプに打撃投手的な役割で連れていった所、広澤克実池山隆寛ら主力打者がカーブを空振りした事から一軍に抜擢。4月8日の開幕戦・巨人戦(東京D)にリリーフで初登板。当時のヤクルト投手陣は左腕不足であったこともあり、5月からは先発にも起用されるようになる。5月14日広島戦(長崎大橋)でプロ初勝利を完投で飾り、その後は先発にリリーフにフル回転し、当時左腕を苦手としていた広島や巨人に対して集中的に登板。8月9日阪神戦(神宮)では7回まであわやノーヒットノーランの快投を見せ、初完封勝利を飾る。当時サンケイスポーツ評論家武上四郎は翌10日のコラム「考Q筆打」で、SFジャイアンツの左腕投手・クレイグ・レファーツがカーブとスクリューボールを武器に直球を一球も投げないことを例に挙げ、加藤の今後について「とことんカーブ攻めしろ」と提言している。同年は内藤尚行尾花高夫に続く先発3番手として規定投球回数をクリアし、6勝9敗1Sと負け越しはしたが、いきなり防御率リーグ8位(2.83)の好成績を挙げた。投球内容の凡そ9割がカーブであるにも係わらず当時の加藤のカーブは左打者がのけぞるほどで、内角をえぐるカーブがストライクと判定されることもしばしばであり、岡崎郁巨人)がクレームをつけたこともあった。その後は相手にも研究されて負け越しを続け、1993年1994年は一軍登板が無かった。1995年に肩の手術を乗り越えて復活し、1992年以来の一軍登板を果たす。当時の先発は左右揃っていたこともあり、オールリリーフに転向して2年ぶりのリーグ優勝・日本一に貢献。この年は広島市民球場で最高150km/hの速球も披露したが、その弊害で独特のカーブの切れがなくなり、投球スタイルがストレート中心に変わった。1996年は怪我などもあって殆どを二軍で過ごすが、1997年に怪我が完治し、加藤の代名詞のカーブが復活。開幕戦では高津臣吾伊藤智仁の調整が遅れていたこともありストッパーとしてセーブを記録。シーズンでも自己最多の60試合に登板し、防御率1.99でリーグ優勝・日本一に大きく貢献。1998年以降は怪我により不振が続き、2001年に金銭トレードで大阪近鉄バファローズへ移籍。チームはリーグ優勝し、日本シリーズでは古巣・ヤクルトとの対戦となったが登板はなく、オフに戦力外通告を受ける。2002年台湾メジャーリーグ台北誠泰太陽へテスト入団し、主に先発として26試合登板で3勝を挙げたが、同年引退。

引退後[編集]

四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)の香川オリーブガイナーズでは2005年の発足時から4年間投手コーチを務めた。

この間、深沢和帆伊藤秀範塚本浩二NPBに、松尾晃雅MLBマイナー契約)に送り出している。2007年の秋、四国・九州アイランドリーグ(当時)でMVPを獲得しながらNPBのドラフト指名のなかった松尾に対して「年齢は関係ない」とプロ続行を勧め、翌春のMLB入りを実現させた。

2009年より同じアイランドリーグの徳島インディゴソックスコーチに就任。徳島では、2010年のドラフト会議で弦本悠希をNPBに送った。

2011年より東京ヤクルトスワローズの二軍投手コーチに就任。2013年10月18日に退団が発表された。

2014年より四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツの投手コーチを務めることとなり[1]、4年ぶりにアイランドリーグに復帰。アイランドリーグの3球団で指導者を務めた人物は、加藤と同時に愛媛のコーチへ移籍した森山一人(前徳島コーチ)とともに初めてとなる。愛媛では3シーズン務め、その間に2度のリーグ総合優勝を経験。NPBドラフト指名者は出なかったが、入団したお笑い芸人の杉浦双亮を指導した[2]

2016年12月7日、2017年からの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督就任が発表された[3][4]。2年間の在任中は半期優勝や地区チャンピオンシップへの出場はならなかった。2018年9月13日に契約満了による今シーズン限りでの退任が発表された[5]。2019年シーズンより社会人野球の日立製作所硬式野球部でコーチを務める[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1989 ヤクルト 31 18 3 1 1 6 9 1 -- .400 538 130.1 104 12 53 2 6 96 5 0 50 41 2.83 1.20
1990 35 15 2 1 0 3 8 0 -- .273 486 111.0 114 13 53 7 11 81 3 1 57 50 4.05 1.50
1991 28 21 3 0 0 7 11 0 -- .389 609 141.0 136 16 63 8 4 92 1 0 67 62 3.96 1.41
1992 14 5 0 0 0 3 4 0 -- .429 187 39.0 45 3 29 1 2 30 0 0 23 22 5.08 1.90
1995 40 0 0 0 0 1 0 1 -- 1.000 190 44.1 32 7 26 2 2 43 3 1 17 14 2.84 1.31
1996 22 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 81 15.1 24 3 8 0 3 15 0 0 17 13 7.63 2.09
1997 60 0 0 0 0 5 1 6 -- .833 188 45.1 31 1 21 5 3 39 0 0 13 10 1.99 1.15
1998 16 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 52 10.2 15 2 6 0 1 3 2 0 10 10 8.44 1.97
1999 8 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 38 7.0 16 0 5 0 0 2 1 0 8 8 10.29 3.00
2001 近鉄 12 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 34 5.1 13 1 6 0 1 3 0 0 6 5 8.44 3.56
通算:10年 266 59 8 2 1 27 38 8 -- .415 2403 549.1 530 58 270 25 33 404 15 2 268 235 3.85 1.46
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 63 (1988年 - 1989年)
  • 13 (1990年 - 2000年、2002年)
  • 49 (2001年)
  • 73 (2009年 - 2010年)
  • 93 (2011年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ 愛媛MP 新コーチ就任のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2013年11月25日)
  2. ^ “元愛媛投手コーチ・加藤が語る「360°モンキーズ杉浦」獲得の理由と、忘れられないヤクルト・三輪正義のこと”. BEST TIMES. (2017年2月10日). http://best-times.jp/articles/-/4588 2017年3月11日閲覧。 
  3. ^ 新監督決定のお知らせ - 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(2016年12月7日)
  4. ^ 愛媛MP 加藤投手コーチ 新潟アルビレックスBC監督就任のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年12月7日)
  5. ^ 加藤博人監督退任のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2018年9月13日)
  6. ^ 2019年第一期プロ野球退団者登録一覧 (PDF) - 日本野球連盟(2019年6月11日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]