宇佐美康広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇佐美 康広
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道枝幸郡歌登町(現:枝幸町
生年月日 (1975-12-18) 1975年12月18日(41歳)
身長
体重
173 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手捕手
プロ入り 1993年 ドラフト6位
初出場 1999年6月9日
最終出場 1999年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宇佐美 康広(うさみ やすひろ、1975年12月18日 [1]- )は、北海道枝幸郡歌登町(現:枝幸町)出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

稚内大谷高3年夏には、1番捕手としてチームを牽引し昭和55年以来となる決勝に進出するも延長戦の末1-2で敗れ、甲子園出場は果たせなかった。当時、強肩捕手と知られ一度も盗塁を許さなかったとの逸話もある。

1993年ドラフト会議ヤクルトスワローズから6位で指名され日本最北端のプロ野球選手として注目される[2]

入団当時は捕手だったが、3年目に同じ道北留萌市)出身の若松勉が二軍監督に就任すると、内野手への転向やスイッチヒッターの挑戦を進められ[2]、一軍昇格を狙う。その後、二軍でレギュラーを獲得し1998年にはファーム日本一に貢献するなどしたが[2]、目立った成績を残せず結局一軍に出場したのは1999年だけだった。

2000年を最後に現役を引退。引退後は広告代理店やフリーターを経て[1]株式会社セレコーポレーションに勤務[1]
その後、ファーム時代の拠点である戸田市で野球用品専門店を開業。

2002年1月17日放送のフジテレビクイズ番組クイズ$ミリオネアに「古田に敗れた男」として出演し、見事100万円獲得した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1999 ヤクルト 15 20 19 4 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 5 2 .105 .150 .105 .255
通算:1年 15 20 19 4 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 5 2 .105 .150 .105 .255

記録[編集]

背番号[編集]

  • 68 (1994年 - 2000年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊ベースボール2012年6月25日号 P105
  2. ^ a b c 週刊ベースボール2012年6月25日号 P104

関連項目[編集]

外部リンク[編集]