黒坂幸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒坂 幸夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県糸魚川市
生年月日 (1955-10-08) 1955年10月8日(63歳)
身長
体重
183 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト4位
初出場 1978年8月5日
最終出場 1982年6月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

黒坂 幸夫(くろさか ゆきお、1955年10月8日 - )は、新潟県糸魚川市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

糸魚川商工高校(現・糸魚川白嶺高校)では1972年、2年生の時、夏の甲子園にエースとして出場。1回戦で東海大工に0-3で敗れる。翌年夏の甲子園にも連続出場したが、同じく1回戦で日田林工渡辺麿史投手に0-1で完封負けを喫する。同年秋、巨人からドラフト2位指名を受けるが入団を拒否した。高校卒業後は鷺宮製作所に入社。しかし鷺宮には山本良材池田弘などの好投手がおり、あまり大舞台は経験できなかった。

1976年ドラフト4位でヤクルトスワローズに入団。貴重な本格派左腕として期待され、1979年には19試合に登板するが、その後は伸び悩み、大きな活躍のないまま1982年限りで引退した。

その後は、鳥取ヤクルト販売の社長とヤクルト球団の取締役を務めた。

大きなカーブが武器であったが、スライダー習得を試みた際にそのキレを悪くしてしまい、投球の幅を狭めることとなった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 ヤクルト 8 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 79 17.0 16 4 13 0 0 12 1 0 8 8 4.24 1.71
1979 19 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 137 31.2 34 6 13 2 0 26 0 0 16 16 4.50 1.48
1980 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 4.0 4 2 4 0 0 2 0 0 3 3 6.75 2.00
1981 5 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 40 8.2 10 1 4 0 0 5 0 0 10 10 10.00 1.62
1982 15 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 88 19.1 21 5 10 1 1 15 0 0 10 10 4.74 1.60
通算:5年 50 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 365 80.2 85 18 44 3 1 60 1 0 47 47 5.22 1.60

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (1977年 - 1982年)

関連項目[編集]