尾西和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾西 和夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1953-08-04) 1953年8月4日(64歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト2位
初出場 1976年5月9日
最終出場 1976年8月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

尾西 和夫(おにし かずお、1953年8月4日 - )は、大分県[1]出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

中津工業高校では、エース、三番打者として1971年夏の甲子園県予選を勝ち抜き中九州大会決勝に進出するが、鶴崎工藤沢哲也ノーヒットノーランを喫し甲子園出場はならなかった。高校同期に春日祥之輔捕手)がいる。

高校卒業後は、新日本製鐵堺へ入団。1973年ドラフト会議読売ジャイアンツから5位指名されるが拒否し、会社に残留した[1]

1975年ドラフト会議近鉄バファローズから2位指名され入団[1]。1年目の1976年に1軍で9試合に登板するが、1977年からは1軍での登板が無く、1981年限りで引退した[1]

1982年から1989年まで近鉄で打撃投手を務めた。

高校時代から技巧派投手でならし、インコースに切れ込むシュートは抜群だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1976 近鉄 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 70 17.1 15 4 5 0 1 5 1 0 7 4 2.12 1.15
通算:1年 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 70 17.1 15 4 5 0 1 5 1 0 7 4 2.12 1.15

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (1976年 - 1981年)
  • 84 (1982年 - 1985年)
  • 94 (1986年 - 1989年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、132ページ

関連項目[編集]