金島正彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金島 正彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県茅ヶ崎市
生年月日 (1953-11-29) 1953年11月29日(65歳)
身長
体重
175 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1973年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金島 正彦(かねしま まさひこ)は、神奈川県出身の元プロ野球内野手。右投右打。背番号57

来歴・人物[編集]

武相高等学校ではエース根建忍を擁し、遊撃手、一番打者として1971年夏の甲子園県予選決勝に進むが、桐蔭学園の大塚喜代美(三協精機日本鋼管ライト工業)、土屋恵三郎のバッテリーに抑えられ敗退、甲子園出場を逸する。卒業後は専修大学へ入学。大学同期に大屋好正吉武正成がいたが、1年で大学を中退し読売ジャイアンツの練習生となる。

1973年のドラフト7位で読売ジャイアンツに指名され入団。1974年ジュニア・オールスターにも選出されるが、一軍公式戦に出場しないまま1978年限りで引退。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 57 (1974年 - 1978年)

関連項目[編集]