佐藤進 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 進
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1942-11-26) 1942年11月26日(76歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 進(さとう すすむ、1942年11月26日 - )は、北海道札幌郡豊平町豊羽鉱山(現札幌市南区)出身[1]の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

中学時代は卓球の選手。北海高校では4番打者・エースとして1960年に春夏連続で甲子園大会に出場。春の選抜では準決勝まで勝ち上がるが、山口富士雄のいた高松商に敗退夏の選手権は準々決勝で静岡高に敗れた。しかし秋の熊本国体では、決勝で米子東宮本洋二郎投手に3-0で投げ勝ち優勝。

高校卒業後は、社会人野球富士製鐵室蘭に入団。1963年の都市対抗に出場。3試合に完投勝利し決勝に進むが、積水化学に3-4で逆転負け。準優勝にとどまるが久慈賞を獲得。

1964年国鉄スワローズへ入団。スリークォーターからのスライダー、カーブ、シュート、シンカーいった変化球で、コーナーを巧みに突くピッチングが持ち味で、1年目から50試合に登板し、10勝を挙げた。その後も2年目は13勝、3年目に12勝、4年目には10勝を挙げて新人の年から4年連続で2桁勝利を記録した。阪神戦に強く、「虎殺し」の異名があった。また打撃がよく、1967年東京球場での5月13日の中日ドラゴンズ戦では板東英二からサヨナラホームランを放っている。しかし、翌1968年は3勝、1969年は0勝に終わる。

1970年に中日ドラゴンズへ移籍。この年は二年ぶりに勝利を挙げる。翌1971年は1軍での登板機会が無く、打者への転向を図る。同年は投手登録ながら代打で9試合に出場し、7打数2安打(.286)の成績を残した。だが、結局この年限りで現役を引退した。

引退後はブリヂストンスポーツ東京の販売課長となった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1964 国鉄
サンケイ
アトムズ
50 24 7 1 2 10 13 -- -- .435 829 192.0 205 16 62 3 7 76 2 0 103 89 4.17 1.39
1965 53 30 13 3 2 13 17 -- -- .433 964 237.0 207 17 61 3 6 83 0 1 79 69 2.62 1.13
1966 39 33 9 2 0 12 18 -- -- .400 938 231.2 196 10 56 8 4 94 0 1 73 67 2.60 1.09
1967 37 32 8 0 1 10 14 -- -- .417 841 197.2 196 20 51 8 7 107 0 0 93 84 3.82 1.25
1968 28 12 1 0 0 3 5 -- -- .375 361 84.0 92 6 17 0 4 53 0 0 35 29 3.11 1.30
1969 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 12 3.0 3 0 0 0 0 4 0 0 1 1 3.00 1.00
1970 中日 6 4 1 1 0 2 2 -- -- .500 125 29.1 25 3 12 0 1 11 1 0 13 7 2.17 1.26
通算:7年 214 135 39 7 5 50 69 -- -- .420 4070 974.2 924 72 259 22 29 428 3 2 397 346 3.19 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに球団名を変更

背番号[編集]

  • 29 (1964年 - 1967年、1970年 - 1971年)
  • 12 (1968年 - 1969年)

脚注[編集]

  1. ^ 『熱球・北の軌跡-社会人野球物語』(毎日新聞北海道支社)の「新日鉄室蘭」の項参照

関連項目[編集]