岩下守道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岩下 守道
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県東御市(旧・北佐久郡北御牧村)
生年月日 (1931-12-09) 1931年12月9日
没年月日 (2015-01-18) 2015年1月18日(83歳没)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手内野手投手
プロ入り 1950年
初出場 1954年
最終出場 1962年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩下 守道(いわした もりみち、1931年12月9日 - 2015年1月18日)は、長野県北佐久郡北御牧村(現役当時、現・同県東御市)出身で、読売ジャイアンツや国鉄スワローズなどに在籍したプロ野球選手である。

来歴・人物[編集]

小県農業高校では投手で、球速は速かったが制球に難があり、それを補うためにコーチをする者もいない中でカーブの投げ方を自分で考案したという[1]1949年夏に読売ジャイアンツ(巨人)が初めて選手公募を行った際、友人が面白がって岩下の名で応募したのがきっかけで入団テストを受け、応募者1300名の中でトップ合格する[2]

1950年夏に宇野光雄二軍監督の勧めで一塁手へ転向[3]、さらに郷里の先輩で大洋監督であった中島治康野手転向の報告を行った際に勧められて、左打者になる[4]1954年には二軍新日本リーグでは打点王、打率2位となりで最高殊勲選手のタイトルを獲得し[5]、7試合ながら一軍公式戦に初出場する。1955年から1958年にかけては正一塁手・川上哲治の控えとして、主に試合後半の守備固めを中心に[6]一塁手として毎年30~40試合に出場した。この間の1957年のオフには、大ベテランの川上が常時出場できない場合は中堅手与那嶺要を一塁手にコンバートさせるとのコメントに驚き、水原茂監督トレードの直訴も行っている[7]

1958年限りで川上哲治が引退し、レギュラー獲りのチャンスが訪れたが、1959年に入れ替わりに早稲田実業高校から入団した王貞治が一塁手にコンバートされたこともあって[8]、宇野が監督を務めていた国鉄スワローズへ移籍。国鉄では一塁手に飯田徳治がいたが、宇野は常時出場させれば活躍できると踏んで、岩下を二番・左翼手としてレギュラーポジションに抜擢[9]。この年岩下は123試合に出場して、打率.280とリーグ打撃成績7位に入り、25盗塁も記録した。翌1960年は6番打者として111試合に出場するが、頭部のケガもあって[10]打率.244と成績を落として自由契約となり[11]、最下位に転落して監督を辞任した宇野とともに国鉄を退団する。貴重な左打者であり、驚きの声もあったが、シーズン中にゴルフ場に通っていたことが当時の野球中継で話されたことが遠因の一つでもある。

1961年より、かつて巨人で同時期にプレーした千葉茂が監督を務める近鉄バファローに移り、控えの一塁手・外野手として守備固めや代打で82試合に出場する。翌1962年に監督が別当薫に替わると出場機会が激減し、同年オフに現役引退

引退後は西武百貨店に勤務したのち[12]、アパレル関連業のイワシタ服飾を創業し、その代表取締役社長も務めた[13]

2015年1月18日、肺炎のため死去[14]。83歳没。

逸話[編集]

後年、巨人の後輩で王貞治の控え一塁手である山本功児に、やはり川上哲治の控えであった自分自身の姿を重ね、気にかけていたという[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 巨人 7 7 7 0 2 0 0 0 2 2 1 1 0 0 0 -- 0 2 0 .286 .286 .286 .571
1955 54 71 68 10 14 1 0 0 15 3 6 1 1 0 2 0 0 13 0 .206 .229 .221 .449
1956 61 36 33 13 8 2 1 0 12 2 2 0 1 0 2 0 0 7 1 .242 .286 .364 .649
1957 67 29 27 4 6 0 0 0 6 1 5 0 0 1 1 0 0 2 1 .222 .250 .222 .472
1958 39 36 34 4 8 1 1 0 11 4 4 3 0 0 2 0 0 7 0 .235 .278 .324 .601
1959 国鉄 123 459 429 44 120 23 5 2 159 38 25 11 6 3 20 0 1 64 4 .280 .313 .371 .684
1960 111 366 336 27 82 10 4 7 121 31 10 4 6 1 20 1 3 58 10 .244 .292 .360 .653
1961 近鉄 82 200 185 16 37 4 3 0 47 13 2 4 4 0 10 0 1 43 3 .200 .245 .254 .499
1962 5 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
通算:9年 549 1209 1124 118 277 41 14 9 373 94 55 24 18 5 57 1 5 200 19 .246 .286 .332 .618

背番号[編集]

  • 41 (1950年 - 1954年)
  • 15 (1955年 - 1958年)
  • 10 (1959年 - 1960年)
  • 5 (1961年 - 1962年)

脚注[編集]

  1. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』86頁
  2. ^ 『背番号の消えた人生』176頁
  3. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』87頁
  4. ^ 『背番号の消えた人生』176頁
  5. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』88頁
  6. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』88頁
  7. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』93頁
  8. ^ 『背番号の消えた人生』184頁
  9. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』95頁
  10. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』96頁
  11. ^ 『日本プロ野球トレード大鑑』88頁
  12. ^ 『日本プロ野球トレード大鑑』97頁
  13. ^ 『プロ野球データ事典』59頁
  14. ^ 元巨人内野手の岩下守道さん死去 83歳 日刊スポーツ 2015年1月21日閲覧
  15. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』98頁

参考文献[編集]

  • 上前淳一郎『巨人軍 陰のベストナイン』角川文庫、1982年
  • 近藤唯之『背番号の消えた人生』新潮文庫、1985年
  • 『日本プロ野球トレード大鑑』ベースボールマガジン社、2001年
  • 坂本邦夫『プロ野球データ事典』PHP研究所、2001年

関連項目[編集]