デーブ・ヒルトン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デーブ・ヒルトン
Dave Hilton
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ウバルデ郡ウバルデ英語版
生年月日 (1950-09-15) 1950年9月15日
没年月日 (2017-09-17) 2017年9月17日(67歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手三塁手
プロ入り 1971年 1月MLBドラフト1巡目(全体1位)でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 MLB / 1972年9月10日
NPB / 1978年4月1日
最終出場 MLB / 1975年4月27日
NPB / 1980年5月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ジョン・デビッド・ヒルトンJohn David Hilton, 1950年9月15日 - 2017年9月17日)は、アメリカ合衆国テキサス州ウバルデ郡ウバルデ英語版出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

1971年1月のMLBドラフト1巡目(全体1位)でサンディエゴ・パドレスにで指名され契約。1972年9月10日の対アトランタ・ブレーブス戦(サンディエゴ・スタジアム)で、7番・三塁手として先発出場しメジャーデビューを果たし、5回裏にロン・リード英語版からセンター前にメジャー初安打を放った。1976年オフに金銭トレードで、ジョン・スコットらと共に新球団トロント・ブルージェイズへ移籍した。その後、クリーブランド・インディアンスへ移籍[1]したが、メジャー昇格は果たせなかった。

1978年春季キャンプヤクルトスワローズのテストを受けて合格し、入団。主に1番を打ち、開幕から首位打者を争うほど高い打率を残し、ヤクルトの球団創設初優勝、そして日本一に貢献。初回先頭打者本塁打シーズン8本は2007年に高橋由伸が9本を記録するまで史上最多記録だった(右打者としては1986年の石毛宏典・1999年の緒方孝市と並び最多タイ記録)。

背中を屈めた極端なクラウチングスタイルの打撃フォームが特徴の選手だった。常に全力疾走するなど気迫あふれるプレーを見せた。守備面ではスローイングに難があり、当初のポジションは遊撃手だったがシーズン途中で二塁手コンバートされている。

1978年の阪急ブレーブスとの日本シリーズの第4戦、4-5とリードされた9回表2アウト一塁の場面で、今井雄太郎から逆転2ランを放った。これは、シリーズの流れを変えた本塁打と絶賛され、同年の日本シリーズのハイライトの一つに挙げられる。

1979年は成績が低迷してオフに自由契約となるが、阪神タイガース監督のドン・ブレイザーが獲得を希望し入団する。しかし、阪神には1979年のドラフト会議で大阪出身の早稲田大学岡田彰布が指名を受けて入団しており、ファンは岡田の起用を強く望んでいた。1980年のシーズン開幕後から、ブレイザーはヒルトンを起用するが、ブレイザーは岡田の起用を望むファンやマスコミから総攻撃を受け、ヒルトンもそのあおりを受けて打席に立つたびに岡田コールやヤジを浴びせられることとなる。結局、ヒルトンは打撃不振でシーズン途中で解雇され、ブレイザーも解任された。

帰国後は1980年シーズン途中から1982年までピッツバーグ・パイレーツ傘下(当時)のAAA級ポートランド・ビーバーズ(現:ソルトレイク・ビーズ)でプレーした。

引退後はミルウォーキー・ブルワーズのコーチ(1987年 - 1988年 )、ボルチモア・オリオールズ傘下のA+級フレデリック・キーズ英語版1997年 )の監督を経て[要出典]台湾球界で指導者となる。1999年高屏雷公で打撃コーチを務め、シーズン終盤には休養した監督山根俊英の代行として12試合で指揮を執った。2000年2002年嘉南勇士の監督を務めた。

2017年9月17日、自宅のあるアリゾナ州で亡くなったことが地元新聞社によって報道された[2][3]。67歳没。

人物[編集]

作家の村上春樹は、1978年4月1日神宮球場プロ野球開幕戦、ヤクルト対広島戦を観戦中に突然小説を書くことを思い立ったという。それはヒルトンが先頭打者として二塁打を放った瞬間のことであった[4][5]

当時ジャズ喫茶を経営していた村上は、できあがった小説『風の歌を聴け』を「勢いのようなもので」文芸誌の新人賞に応募。翌年1979年に同作品が受賞したことにより、作家としてデビューすることとなった[6]。また村上は、1978年の日本シリーズ直前に渋谷区広尾のスーパーマーケットの近くでヒルトンに会ったときの思い出を、「デイヴ・ヒルトンのシーズン」というエッセイの中で語っている[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 SD 13 51 47 2 10 2 1 0 14 5 1 0 1 0 3 0 0 6 0 .213 .260 .298 .558
1973 70 258 234 21 46 9 0 5 70 16 2 1 4 0 19 6 1 35 4 .197 .260 .299 .559
1974 74 234 217 17 52 8 2 1 67 12 3 5 3 1 13 1 0 28 5 .240 .281 .309 .590
1975 4 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
1978 ヤクルト 128 568 501 76 159 37 1 19 255 76 6 6 6 6 48 2 7 75 9 .317 .381 .509 .890
1979 105 432 399 59 103 14 3 19 180 48 1 1 5 2 25 0 1 65 7 .258 .302 .451 .753
1980 阪神 18 75 71 8 14 1 1 0 17 4 0 0 0 0 3 0 1 12 1 .197 .240 .239 .479
MLB:4年 161 551 506 40 108 19 3 6 151 33 6 6 8 1 35 7 1 69 10 .213 .265 .298 .564
NPB:3年 251 1075 971 143 276 52 5 38 452 128 7 7 11 8 76 2 9 152 17 .284 .347 .465 .812
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 18 (1972年 - 1973年)
  • 8 (1974年)
  • 10 (1975年、1987年 - 1988年)
  • 3 (1978年 - 1979年)
  • 42 (1980年)

脚注[編集]

  1. ^ Dave Hilton Minor, Japanese & Mexican Leagues Statistics & History”. Baseball Reference.com. 2017年9月22日閲覧。
  2. ^ “Well-respected youth baseball coach Dave Hilton dies”. azcentral (The Arizona Republic). (2017年9月18日). http://www.azcentral.com/story/sports/high-school/2017/09/18/well-respected-youth-baseball-coach-dave-hilton-dies/679369001/ 2017年9月19日閲覧。 
  3. ^ “デーブ・ヒルトン氏が死去 67歳 ヤクルト初の日本一に貢献”. Sponichi ANNEX (スポーツニッポン新聞社). (2017年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/09/19/kiji/20170919s00001173156000c.html 2017年9月19日閲覧。 
  4. ^ 村上春樹『やがて哀しき外国語講談社文庫、219頁。
  5. ^ “よみうり寸評”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 2. (2017年9月21日). オリジナル2017年9月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/y9276 2017年9月21日閲覧。 
  6. ^ 村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること文藝春秋、2007年10月、45-46頁。
  7. ^ 村上春樹『村上春樹 雑文集新潮社、2011年1月所収。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]