やがて哀しき外国語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やがて哀しき外国語
著者 村上春樹
イラスト 安西水丸
発行日 1994年2月18日
発行元 講談社
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 284
コード ISBN 978-4-06-206800-0
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

やがて哀しき外国語』(やがてかなしきがいこくご)は、村上春樹エッセイ集。

概要[編集]

1994年2月18日講談社より刊行された[1]。本書は、講談社のPR誌『本』(1992年8月号 - 1993年11月号)に連載されたコラム「人はなぜ走るのか」をまとめたものである。表紙及び挿絵安西水丸1997年2月14日講談社文庫として文庫化された[2]。文庫版には「文庫本のためのまえがき」が加筆されている。2015年11月27日、講談社より電子書籍版が配信開始予定[3]

米国プリンストン大学客員研究員(visiting scholar)として滞在していた約2年間の出来事と所感が主な内容である。前述の「まえがき」の中で、「今読み返すと、自分でもずいぶんストレートだなと感心してしまうところがある」と述べている。

内容[編集]

  • トミー・フラナガン・トリオのライブを聴きに行ったときのこと。彼らにもし何かリクエストするとしたら「バルバドス」と「スター・クロスト・ラヴァーズ」の二曲だなと考えていたら、驚いたことにステージの最後にこの二曲をメドレーでやってくれた。ペパー・アダムズとトミー・フラナガンの共演した「スター・クロスト・ラヴァーズ」は長いあいだの愛聴盤だった[4][5]
  • 中古レコード店に入ろうとしたときのこと。通りかかった若い男に時間を尋ねられ、「4時10分前だよ(イッツ・テン・トゥ・フォア)」と答えて店に入ったら、最初に目についたレコードがペパー・アダムズの『TEN TO FOUR AT 5 SPOT』のぴかぴかのオリジナル盤だった[4]
  • 運動靴を履いて、月に一度美容室ではなく床屋に行って、いちいち言い訳しない。これが男の子のイメージである。
  • 人生に必要なことはみんな店で学んだ[6]
  • 吉行淳之介の短編小説「樹々は緑か」の英訳版を読むことになった。ふと「これをもう一度そのまま日本語に直してみたらどうなるんだろう」と思い、冒頭の部分を訳してみた[7]

脚注[編集]

  1. ^ 『やがて哀しき外国語』(村上春樹)|講談社BOOK倶楽部
  2. ^ 『やがて哀しき外国語』(村上春樹):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部
  3. ^ “村上春樹作品2冊同時電子化および予約開始のお知らせ”. 読売新聞. (2015年10月27日). http://www.yomiuri.co.jp/adv/economy/release/detail/00152013.html 2015年10月30日閲覧。 
  4. ^ a b この2つのエピソードはその後、短編小説「偶然の旅人」で再び紹介されている(『東京奇譚集新潮社、2005年9月、11-15頁)。
  5. ^ なお「スター・クロスト・ラヴァーズ」は、『国境の南、太陽の西』にも登場する。「学生時代にも教科書出版社に勤めていた頃にも、夜になるとデューク・エリントンのLP『サッチ・スウィート・サンダー』に入っている『スタークロスト・ラヴァーズ』のトラックを何度も何度も繰り返して聴いたものだった。そこではジョニー・ホッジスがセンシティブで品の良いソロを取っていた。」(同書、講談社文庫、131-132頁)
  6. ^ 本書、講談社文庫、221頁。
  7. ^ 村上の日本語訳と吉行のオリジナルの文章が対比されている(本書、講談社文庫、266-268頁)。