高木啓充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高木 啓充
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県松山市
生年月日 (1983-09-16) 1983年9月16日(35歳)
身長
体重
181 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 2006年4月12日
最終出場 2010年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高木 啓充(たかぎ ひろみつ、1983年9月16日 - )は、元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

中学時代は陸上部に所属し、砲丸投で四国大会3位入賞を果たす。その後宇和島東高校に進学。1年秋からベンチ入りし、投手、一塁、三塁を兼任。3年夏はエース兼4番として決勝に進出したが、惜しくも松山商業に敗れ、甲子園出場は出来なかった。4割超の打率、及び本塁打30本と、強打も誇っている。

大阪体育大学時代は阪神大学野球連盟にとどまらず、全国屈指の好投手として活躍。2004年に大学の先輩である、上原浩治以来のノーヒットノーランを達成。2005年秋季阪神リーグではMVPを獲得し、大学野球生活の有終の美を飾っている。阪神大学リーグ通算38試合に登板し25勝11敗。最優秀選手1回、最優秀投手2回、ベストナイン2回受賞。

2005年のドラフト会議ヤクルトスワローズから4巡目で指名を受けた。12月2日に推定契約金5000万円、推定年俸1000万円で仮契約を結び、入団が決まった。宇和島東出身でヤクルトに入団したのは、宮出隆自岩村明憲に続き3人目。高木は2人とは学年が離れているため、直接のつながりはない。

プロ入り後[編集]

2006年のキャンプは一軍でスタートしたが、結果を残せず開幕は二軍スタートとなった。教育リーグ・ファームでは好投を見せ、4月7日に一軍初昇格。4月12日に9回裏、6点差勝利の場面で一軍初登板を迎えるが、アウト1つ取る間に2四球1被安打で、後続の高津臣吾も打たれて自責点3を記録。1試合で二軍降格となった。

二軍戦ではその後も好投を続け、谷間の先発要員として7月29日に再昇格。8月2日に一軍初先発登板を果たしたが、今度は1回1/3で1四球3被安打の自責点2でKO。試合はその後打線が追いついたため、勝敗は付かなかったが、またも一試合で二軍に逆戻りとなってしまった。

2007年はキャンプ・開幕共に二軍スタートとなった。ファームでは先発登板も見られ、11試合で5勝をマークしたが、前年よりも数字を落としてしまい、一軍へあがることは出来なかった。オフには背番号12から58へ変更することが発表された。

2008年は前年に続き開幕は二軍スタートとなった。イースタン・リーグ開幕から防御率2点台の好調を維持し、ダニエル・リオス増渕竜義花田真人の右腕3投手の降格に伴い、6月3日に約1年10ヶ月ぶりに一軍登録された。その日の対ソフトバンク戦の8回裏で一軍初登板を果たし、三者凡退に抑えている。

2009年はキャンプ・開幕共に二軍スタートとなった。イースタン・リーグでは先発の一角として17試合に登板、4勝2敗、防御率3.23と結果を残し、リッキー・バレット投手の降格に伴い、8月15日にシーズン初昇格すると、シーズン初登板となる8月20日阪神戦で2回無失点に抑えるなど、中継ぎで通算12回2失点と安定した成績を残したことで、9月10日広島戦で先発に起用され、7回無失点の好投、9月16日横浜戦で、自身初のバースデー先発登板をプロ入り初勝利で飾りチームの連敗を9で止めた。さらに9月22日の広島戦では無四球4安打で初完投初完封を挙げた。その後も後半戦に入り大失速したチームの救世主として安定したピッチングを続け、最終的に4勝0敗、防御率1.64という好成績で、球団史上初のクライマックス・シリーズ(CS)進出に大きく貢献した。中日ドラゴンズとのCS第3戦に先発予定であったが、前日の10月18日にA型インフルエンザを発症し登録を外れたため登板はならなかった。

2010年は、開幕一軍は逃したものの4月4日に昇格し、中継ぎで起用された。しかし、4月13日の広島戦で同点の場面から本塁打を浴びてプロ初の黒星となり、4月28日の阪神戦での2被本本塁打4失点となり、翌日に登録抹消された。7月には自身の結婚が発表され、8月に再び一軍での登板機会を得たものの、前年のような「旋風」とはいかず、一軍定着には課題の残るシーズンとなった。

2011年シーズンは一軍登板は無く、二軍で16試合に登板し防御率4.13であった。同年10月9日、戦力外通告を受けた[1]。12月2日、自由契約公示された。現役続行を希望したが[2]12球団合同トライアウト前日に骨折してしまい、参加できなかった。そのため、宮本慎也の計らいで2012年1月の自主トレーニングにサポートスタッフとして参加した[3]。その後、会社員に転じた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 ヤクルト 2 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 13 2.0 4 2 3 0 0 0 0 0 6 5 22.50 3.50
2008 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 5.1 4 1 0 0 0 4 0 0 2 2 3.38 0.75
2009 12 5 1 1 1 4 0 0 1 1.000 174 44.0 34 3 11 1 2 19 0 0 8 8 1.64 1.02
2010 11 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 53 13.0 11 4 4 0 0 7 0 0 6 6 4.15 1.15
通算:4年 30 6 1 1 1 4 1 0 2 .800 260 64.1 53 10 18 1 2 30 0 0 22 21 2.94 1.10

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 12 (2006年 - 2007年)
  • 58 (2008年 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 来季の契約について”. 東京ヤクルトスワローズ (2011年10月9日). 2011年10月21日閲覧。
  2. ^ 【ヤクルト】高木啓光投手 - スポニチ Sponichi Annex 野球 惜別球人”. スポニチ Sponichi Annex (2011年12月21日). 2011年12月21日閲覧。
  3. ^ 宮本 戦力外・高木を雇用 骨折でトライアウト不参加”. スポニチ Sponichi Annex (2011年12月27日). 2012年1月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]