岩橋慶侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩橋 慶侍
岩橋慶侍 March 21, 2014 (13310146454) (cropped).jpg
ヤクルト時代(2014年3月21日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 (1991-04-23) 1991年4月23日(31歳)
身長
体重
185 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト4位
初出場 2014年5月15日
最終出場 2017年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩橋 慶侍(いわはし けいじ、1991年4月23日 - )は、京都府京都市伏見区出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。2021年現在、オリックス・バファローズ打撃投手を務めている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年から投手として野球を始め、京都市立深草中学校時代は深草中村メッツに所属していた。京都府立京都すばる高等学校では、2年秋からエースとなったが、甲子園出場はならなかった。

高校卒業後は京都産業大学に進学し、関西六大学野球リーグでは58試合に登板し、30勝(リーグ歴代4位タイ[1]、うち完投勝利が22、完封勝利が6)12敗、415投球回、293奪三振、防御率1.56。東京ヤクルトスワローズを含め中日ドラゴンズオリックス・バファローズなど7球団10人のスカウトが視察に訪れた。

2013年10月24日、プロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから4位指名を受け、契約金4000万円、年俸800万円(いずれも推定)で入団契約を結んだ[2]背番号44

ヤクルト時代[編集]

2014年は開幕は二軍で迎えたが、5月13日に一軍初昇格。5月15日の読売ジャイアンツ戦に中継ぎとして初登板、1回を2奪三振を含む三者凡退に抑えた[3]。6月15日の北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初セーブを記録[4]。7月5日の広島東洋カープ戦でプロ初勝利を記録。7月12日に左肘痛で戦線を離脱、9月に同箇所の手術を行った[5]

2015年は1試合の登板に終わった。

2016年は一軍公式戦おいて14試合に登板。11月25日から台湾で開催された2016アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出される[6]

2017年は9月にプロ初先発を含め東京ドームでの巨人戦2試合に先発したが、いずれも菅野智之と投げ合い敗れている。このうち9月26日には、4回裏に巨人軍通算10000号となる本塁打を中井大介に浴びた。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、梅野雄吾の辞退により、追加召集でNPBイースタン選抜に選出される[7]

2019年は一軍登板はなく、10月1日に戦力外通告を受けた[8]

現役引退後[編集]

ヤクルト退団後の12月26日に2020年1月1日付でオリックス・バファローズの球団職員(コミュニティグループ配属)としてへの入団が発表された。同年11月に第一子誕生[9]。リハビリを終え、2021年からは打撃投手を務める[10]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから最速141km/hのストレートに加え、スライダーチェンジアップカットボールを操る[1]

テークバックが小さく、球の出どころが見えづらい投球フォームが特徴である[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 ヤクルト 17 0 0 0 0 1 0 1 4 1.000 67 14.0 18 0 7 1 0 13 0 0 5 4 2.57 1.71
2015 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 2 1 1 0 0 0 0 0 2 2 18.00 3.00
2016 14 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 64 13.2 14 2 9 1 0 10 2 0 12 11 7.24 1.61
2017 2 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 43 10.0 8 1 5 0 0 8 0 0 4 2 1.80 1.30
通算:4年 34 2 0 0 0 1 3 1 5 .250 180 38.2 42 4 22 2 0 31 2 0 23 19 4.42 1.65

年度別守備成績[編集]



投手












2014 ヤクルト 17 1 2 0 0 1.000
2015 1 0 1 0 0 1.000
2016 14 0 1 0 0 1.000
2017 2 0 4 0 1 1.000
通算 34 1 8 0 1 1.000

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席:2017年9月8日、対読売ジャイアンツ19回戦(東京ドーム)、3回表に菅野智之から見逃し三振
  • 初安打:同上、6回表に菅野智之から中安打

背番号[編集]

  • 44 (2014年 - 2019年)
  • 100 (2021年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ライアン小川の次は「招き猫投法」岩橋”. 日刊スポーツ新聞社 (2014年1月10日). 2014年5月16日閲覧。
  2. ^ ヤクルトが京産大の岩橋と合意”. MSN産経ニュース (2013年11月18日). 2014年5月16日閲覧。
  3. ^ 5月15日(木)読売ジャイアンツ-東京ヤクルトスワローズ”. 東京ヤクルトスワローズ (2014年5月15日). 2014年5月16日閲覧。
  4. ^ ルーキー岩橋 父の日に初セーブ、ウイニングボールは「父に」スポーツニッポン 2014年6月15日付記事
  5. ^ 燕D4・岩橋、9月左肘手術していた…復帰まで3カ月程度サンケイスポーツ 2014年10月12日付記事
  6. ^ a b 2016アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2016年11月22日). 2017年11月19日閲覧。
  7. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。
  8. ^ ヤクルト村中、大引、岩橋、沼田、山川に戦力外通告”. 日刊スポーツ (2019年10月1日). 2019年11月3日閲覧。
  9. ^ 家族が増えました👶”. Instagram (2020年11月20日). 2021年11月7日閲覧。
  10. ^ 真柴健 (2021年2月14日). “失意から“現場復帰”オリックス打撃投手…妻に感謝”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202102140000039.html 2021年11月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]