泉正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
泉 正義
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市瀬谷区
生年月日 (1984-10-24) 1984年10月24日(34歳)
身長
体重
185 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト4巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

泉 正義(いずみ まさよし、1984年10月24日 - )は、神奈川県横浜市瀬谷区出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

瀬谷シニア時代から好投手として話題にされ、2度全国大会を制覇する。

栃木県の宇都宮学園高校に進学し、1年生の時点でMAX143km/hの剛速球を武器に1年生からベンチ入りを果たし、その年の夏の甲子園にリリーフとして出場した。翌年以降は右肩の故障もあって満足な活躍ができなかったが、3年生時には怪我を抱えながらも150km/hを記録し[1]、「江川二世」と呼ばれていた事もあった[1]

2002年のドラフト会議4巡目でヤクルトスワローズから指名を受け入団。

しかし、入団直後のメディカルチェックで肩の怪我が回復不能の状態である事が判明し、1年目、2年目共にほぼノースローで経過が観察されたがやはり回復が見込めず、2005年度のオフに戦力外通告を受け退団・引退した。

当時の矢野和哉スカウトによれば、泉は素材は一級品であった[1]。泉の早期での退団の原因は肩の故障よりも素行面での問題が大きかったという[1]。ドラフト時には素行面の評判から他球団のスカウトは獲得を見送っていた[1]。入団後矢野スカウトは泉に対してプロ野球選手としての心構えを説くも、信頼関係を築くことができなかった[1]

引退後は配管工に転身し、のちに少年野球チーム横浜ヤングサムライの総監督に就任した。現在、日光ヤングスワローズ監督。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 29 (2003年 - 2005年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 週刊現代2012年5月7/12日合併号 P190

関連項目[編集]