桂本和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

桂本和夫
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
レスリング世界選手権
1954 東京 79kg級
アジア大会
1954 マニラ 79kg級
桂本 和夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道留萌支庁増毛郡増毛町
生年月日 (1934-09-05) 1934年9月5日(84歳)
身長
体重
173 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

桂本 和夫(かつらもと かずお、 1934年9月5日 - )は、北海道増毛町出身の元アマチュアレスリング選手およびプロ野球選手メルボルンオリンピック5位入賞。

概要[編集]

北海道留萌支庁増毛郡増毛町に生まれる[1]

北海道増毛高等学校から中央大学へ進学してレスリング選手として力を付けた。増毛高-中央大のラインは松江喜久弥の時代から始まり、中大レスリング部黄金時代の屋台骨となり、メルボルンオリンピック金メダリストの池田三男やメルボルン・ローマ両オリンピック4位入賞の浅井正、そして佐藤義らとともに高校時代に全国優勝を経験した。

中央大学を卒業すると、その腕力を期待されてプロ野球チームの国鉄スワローズに入団した。

国際大会での成績[編集]

  • オリンピックの記録
    • 1956年-メルボルン大会五輪-レスリング-フリースタイル・ミドル級(5位入賞)
  • 世界選手権の記録
    • 1954年-世界選手権東京大会-レスリング-フリースタイル・ミドル級(3位入賞)
  • アジア大会の記録
    • 1954年-マニラアジア大会-レスリング-フリースタイル・ミドル級(優勝)
    • 1958年-東京アジア大会-レスリング-フリースタイル・ミドル級(優勝)

プロ野球での成績[編集]

1957年から1960年に、国鉄スワローズ外野手として在籍した。レスリングの経験で鍛えられた腕力・下半身が発揮されることを宇野光雄監督に期待されたが、プロ野球の世界には適応できなかった[1]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 国鉄 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1958 7 8 7 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 .286 .375 .429 .804
通算:2年 9 10 9 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 .222 .300 .333 .633

背番号[編集]

  • 58 (1957年 - 1960年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『完全版 プロ野球人国記』北海道・東北編、ベースボール・マガジン社、2004年7月10日、31頁。ISBN 4583038054

外部リンク[編集]