佐藤康弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 康弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県
生年月日 (1967-07-25) 1967年7月25日(51歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 創価大学
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1992年
オリンピック
男子 野球
1992 野球

佐藤 康弘(さとう やすひろ、1967年7月25日 - )は、日本野球選手投手)、野球指導者。

経歴[編集]

中学生時代までを栃木県で過ごしていたが、都内の強豪校で野球をしたいと考えて創価高校に進学した[1]。しかし硬式球を使った練習で左ひざを痛め、2年生になるまで練習ができなかったという。玉川上水沿いで走り込むなど練習を重ね、背番号1のエースとして臨んだ1985年夏の甲子園西東京予選では準々決勝に進出するが、法政一高に敗退。

1986年創価大学に進学。東京新大学リーグでは流通経済大の後塵を拝し、在学中8季連続2位にとどまる。しかし猛練習を積み[2]、2年生の1987年秋季リーグではノーヒットノーランを達成している。

大学卒業後はプリンスホテルに進み、1年目の1990年都市対抗ではエースとして日本通運本田技研鈴鹿から2勝を挙げて準々決勝に進出。大阪ガスに敗退するものの優秀選手として表彰された。翌1991年都市対抗でも活躍、椎間板ヘルニアに苦しむ[1]も、1992年にはバルセロナオリンピック野球日本代表に選ばれ、銅メダル獲得に貢献。予選リーグの対キューバ戦ではオマール・リナレスに本塁打を浴びるなど4失点したが、対アメリカ戦では1回1/3を無失点に抑えている[3]。同年の社会人野球日本選手権でも準々決勝でNTT信越を抑えるなど活躍するが、決勝で東芝に敗れ準優勝にとどまる。

1996年に現役を引退し、以降は母校の創価大学でコーチを務めている。

脚注[編集]

関連項目[編集]