伊藤隆偉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 隆偉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県北設楽郡東栄町[1]
生年月日 (1963-10-21) 1963年10月21日(58歳)[2]
身長
体重
184[2] cm
78[2] kg
選手情報
投球・打席[2]投右[2]
ポジション 投手[2]
プロ入り 1987年[2] ドラフト4位[2]
初出場 NPB/1989年4月11日[2]
TML/2000年
最終出場 NPB/1999年5月26日[2]
TML/2000年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊藤 隆偉(いとう たかひで、1963年昭和38年〉10月21日 - )は、愛知県北設楽郡東栄町出身の元プロ野球選手投手・右投右打)[1]

NPB時代は主にパシフィック・リーグ(パ・リーグ)阪急ブレーブス(→オリックス・ブレーブス→オリックス・ブルーウェーブ)でプレー。先発リリーフの双方で起用され[3]1995年にはオリックスのリーグ優勝に貢献したほか[4]1997年には先発投手として10を挙げた[5]

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

中学で野球を始め、愛知県立本郷高校3年の夏は愛知大会5回戦で敗退[6]。高校卒業後は社会人野球東海理化に入団し、1985年の都市対抗大会に補強選手で出場した[7](登板はなし)[8]。社会人時代はほとんど無名だったが[7]1987年ドラフト会議阪急ブレーブスから4位を受けて入団[2][6]契約金は3,800万円、プロ1年目(1988年)の年俸は420万円(いずれも推定額)[7]

NPB時代[編集]

プロ入り当時の年齢(25歳)から、1年目(1988年)は即戦力として期待された[7]が、同年は一軍では登板できず、二軍ウエスタン・リーグ)で12試合に登板(先発登板は6試合/33防御率5.95)したのみで終わった[9]。ドラフト同期の伊藤敦規山内嘉弘に先を越される格好となったが、球団名が「オリックス・ブレーブス」となった1989年(推定年俸470万円)シーズン[9]は一軍で34試合に登板(うち先発5試合・リリーフ29試合)して3勝4敗2セーブ・防御率4.46の成績を残し、同年オフには年俸が940万円(推定)に増額された[3]1990年はチーム最多となる48試合に登板(うちリリーフ45試合)し、26試合で交代完了して首脳陣からの信頼を得た(同年は1勝3敗6セーブ・防御率4.72)[10]。同年には東海理化時代に職場で知り合った5歳年下の女性と婚約し、同年12月に挙式[11]

本拠地が阪急西宮球場から神戸総合運動公園野球場(愛称:グリーンスタジアム神戸)に移転し、球団名も「オリックス・ブルーウェーブ」に改称された1991年シーズン(推定年俸1,600万円)[10]は中継ぎ投手として活躍し、28試合に登板して1勝0敗2セーブ(防御率4.90)の成績を残した[12]1992年シーズン(推定年俸1,600万円)[注 1][12]は抑え投手として8セーブポイントを挙げ[13]1993年シーズン(推定年俸2,040万円)[13]野村貴仁とともに抑えとして活躍し、チーム最多の16セーブ(17セーブポイント)を挙げた[14]。この2年間では高い奪三振率を記録し[注 2]、防御率も2点台と安定した成績を残していた[注 3][14]1994年シーズン(推定年俸3,500万円)はリリーフのみで29試合に登板し、3勝2敗4セーブ(防御率3.40)の成績を残した[15]

1995年シーズン(推定年俸4,000万円)はともに自己最多となる85投球回数・6勝を記録し、オリックスのリーグ優勝に貢献[4]。また、同年6月25日の対日本ハムファイターズ戦ではプロ初完封勝利も記録した[4]1996年シーズン(推定年俸4,000万円)は後半戦から戦列に合流[16]。一軍戦ではわずか3試合の登板(未勝利)に終わったが、日本シリーズでは3試合で救援登板して6イニング無失点と好投し[16]、日本一を決めた第5戦では勝利投手にもなった[17]

1997年シーズン(推定年俸3,200万円)[16]先発ローテーションの一角を担った[注 4]。4月11日の対福岡ダイエーホークス戦で2年ぶりに勝利投手になり、5月6日の対千葉ロッテマリーンズ戦では完封勝利を記録[注 5][5]。また7月 - 8月には5連勝を記録[5]し、タフィ・ローズ近鉄バファローズ)とともに同年7月のパ・リーグ月間MVPに選出された[18][19]。同シーズンは初の2桁勝利となる10勝を挙げ[5]規定投球回にも到達した(パ・リーグ投手成績11位)[20]1998年は年俸5,500万円となったが、同シーズンは開幕から4連敗し、5月31日の対西武ライオンズ戦で初勝利を挙げたが、シーズンを通じて負け越した[21]

1999年シーズン(推定年俸4,600万円)は佐藤義則の引退によりチームの投手陣で最年長となったが[22]、同シーズン途中(6月8日付で発表)に柳沢裕一との交換トレード読売ジャイアンツ(巨人)に移籍[23][24]。しかし移籍後は二軍でも登板はなく[6]、同年10月4日までに巨人から戦力外通告を受ける[25]。同年12月2日付でプロ野球コミッショナー事務局から自由契約選手として公示され[26]横浜ベイスターズの入団テストを受けたが不合格に終わった[6]

引退後[編集]

2000年台湾大聯盟 (TML) の台中媚登峰金剛でプレーし、同年限りで現役引退。引退後、2013年以降は西浦温泉観光協会(愛知県蒲郡市)で事務局長を務め、送迎バスの運転やイベントの調整、観光案内などを行っている[27]

選手としての特徴[編集]

フォークボールが武器で、速球には威力[7]やキレがあった[28]。現役時代はストレートと落差の大きいフォークで、毎年のように投球イニング数に近い奪三振数を記録していた[28]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1989 オリックス 34 5 0 0 0 3 4 2 -- .429 372 82.2 84 10 36 2 6 53 4 1 48 41 4.46 1.45
1990 48 3 0 0 0 1 3 6 -- .250 370 82.0 95 9 32 2 2 78 8 0 46 43 4.72 1.49
1991 28 1 0 0 0 1 0 2 -- 1.000 275 64.1 70 5 23 1 1 55 3 0 38 35 4.90 1.46
1992 29 2 0 0 0 2 4 6 -- .333 249 57.1 55 4 20 0 4 54 4 1 23 19 2.98 1.31
1993 33 0 0 0 0 1 3 16 -- .250 210 50.2 41 3 18 1 1 50 3 0 16 13 2.31 1.16
1994 29 0 0 0 0 3 2 4 -- .600 223 55.2 50 5 16 0 1 46 0 0 21 21 3.40 1.19
1995 18 13 1 1 0 6 2 0 -- .750 365 85.0 88 4 31 0 1 65 2 0 34 28 2.96 1.40
1996 3 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 75 18.1 13 2 6 0 1 18 2 0 9 9 4.42 1.04
1997 26 22 1 1 0 10 7 0 -- .588 580 135.1 132 11 51 1 6 105 4 0 56 52 3.46 1.35
1998 16 14 0 0 0 3 6 0 -- .333 337 72.2 78 11 37 0 8 64 1 0 40 38 4.71 1.58
1999 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 4.2 6 0 2 0 1 3 0 0 3 3 5.79 1.71
通算:11年 268 63 2 2 0 30 33 36 -- .476 3077 708.2 712 64 272 7 32 591 31 2 334 302 3.84 1.39

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (1988年 - 1999年途中)
  • 23 (1999年途中 - 同年終了)
  • 17 (2000年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同年6月20日の対日本ハム戦では7連続奪三振を記録[13]
  2. ^ 1992年は57回1/3イニングを投げて54奪三振を記録し[13]、1993年も50回2/3イニングを投げて50奪三振を記録した[14]
  3. ^ 1991年までは毎年4点台と高い防御率が課題とされていたが[12]、1992年は防御率2.98[13]、1993年も防御率2.31を記録[14]
  4. ^ このころのインタビューで「それまでオリックスの伊藤といえば同期の伊藤敦規だったので活躍できて嬉しい」と述べていた。[要出典]
  5. ^ 仰木彬監督の通算600勝目でもあった[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 「'99プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第23巻第3号(通算:第246号 / 1999年3月号)、日本スポーツ出版社、1999年3月31日、 140頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 伊藤 隆偉(読売ジャイアンツ) | 個人年度別成績” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 日本野球機構. 2020年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月27日閲覧。
  3. ^ a b 「'90プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第14巻第4号(通算:第138号 / 1990年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1990年3月31日、 116頁。
  4. ^ a b c 「'96プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第20巻第4号(通算:第213号 / 1996年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1996年3月31日、 111頁。
  5. ^ a b c d e ホームラン 1998, p. 126.
  6. ^ a b c d 『プロ野球人名事典 2003』(2003年、日外アソシエーツ)、54ページ
  7. ^ a b c d e ホームラン 1988, p. 106.
  8. ^ 都市対抗野球大会60年史 毎日新聞社刊
  9. ^ a b 「'89プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第13巻第4号(通算:第126号 / 1989年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1989年3月31日、 139頁。
  10. ^ a b 「'91プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第15巻第4号(通算:第150号 / 1991年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1991年3月31日、 126頁。
  11. ^ 中日新聞』1990年11月17日夕刊二面2頁「ひと・ゆうかんさろん・人/ 婚約前燃えて沖縄」(中日新聞社
  12. ^ a b c 「'92プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第16巻第4号(通算:第162号 / 1992年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1992年3月31日、 54頁。
  13. ^ a b c d e 「'93プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第17巻第4号(通算:第174号 / 1993年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1993年3月31日、 54頁。
  14. ^ a b c d 「'94プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第18巻第5号(通算:第191号 / 1994年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1994年3月31日、 140頁。
  15. ^ 「'95プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第19巻第3号(通算:第202号 / 1995年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1995年3月15日、 125頁。
  16. ^ a b c 「'97プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第21巻第4号(通算:第225号 / 1997年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1997年3月31日、 111頁。
  17. ^ 1996年度日本シリーズ 試合結果” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 日本野球機構. 2020年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月27日閲覧。
  18. ^ 『中日新聞』1997年8月7日朝刊第二運動面26頁「7月MVP 山本昌6度目受賞 日ハム・落合と最多記録で並ぶ」(中日新聞社)
  19. ^ 東京新聞』1997年8月7日朝刊第一運動面21頁「7月の月間MVPに山本昌ら」(中日新聞東京本社
  20. ^ ホームラン 1998, p. 126, 212.
  21. ^ 「'99プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第23巻第3号(通算:第246号 / 1999年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1999年3月31日、 140頁。
  22. ^ 『プロ野球ニュース イヤーブック 選手名鑑 '99』フジテレビジョンプロ野球ニュース』、ザ・マサダ、1999年3月5日、第1刷発行、154頁。ISBN 978-4915977817
  23. ^ 『中日新聞』1999年6月9日朝刊第一運動面21頁「巨人柳沢←→BW伊藤 交換トレード」(中日新聞社)
  24. ^ 『東京新聞』1999年6月9日朝刊第一運動面19頁「柳沢と伊藤を交換」(中日新聞東京本社)
  25. ^ 『中日新聞』1999年10月5日朝刊第一運動面21頁「広沢に戦力外通告 巨人 河野、福王ら5選手も」(中日新聞社)
  26. ^ 『中日新聞』1999年12月3日朝刊第一運動面35頁「小宮山ら104人自由契約 保留選手名簿など公示」(中日新聞社)
  27. ^ 『中日新聞』2016年1月24日朝刊東三河版地方面22頁「わたしが編集長(3) 木村尚公 蒲郡・西浦温泉 人も魅力 元プロ投手 PRに奔走 観光協事務局長・伊藤隆偉さん」(中日新聞社蒲郡通信局 木村尚公)
  28. ^ a b 江川卓二宮清純『江川卓・スカウティングレポート'99』ザ・マサダ〈第1刷発行〉、1999年3月25日、264頁。ISBN 978-4915977848

参考文献[編集]

  • 「'88プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第12巻第4号(通算:第116号 / 1988年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1988年3月31日、 106頁。
  • 「'98プロ野球 12球団全選手百科名鑑」『ホームラン』第22巻第4号(通算:第236号 / 1998年3月号増刊)、日本スポーツ出版社、1998年3月31日、 126, 212。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]