鈴木俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 俊雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1965-12-18) 1965年12月18日(52歳)
身長
体重
189 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手
プロ入り 1989年 ドラフト3位
初出場 NPB / 1991年4月13日
CPBL / 1995年3月16日
最終出場 NPB / 1993年
CPBL / 1995年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

鈴木 俊雄(すずき としお、1965年12月18日[1] - )は、大阪府出身の元プロ野球選手捕手内野手)。

同じく元プロ野球選手の鈴木孝雄は実父。

来歴・人物[編集]

愛知・中京高では捕手、三番打者として、同期のエース野中徹博とバッテリーを組み、1983年夏の甲子園に出場。準々決勝に進出するが、池田高水野雄仁投手に抑えられ敗退。野中以外の同期に右翼手、控え投手の紀藤真琴がいた。

卒業後は法政大に進学。東京六大学リーグで在学中4回優勝。1年上に高田誠がおり、なかなか出場機会がなかったが、4年生時には1987年秋季リーグで優勝し、同季のベストナインに選出される。同年の明治神宮野球大会では決勝で筑波大に延長10回の熱戦の末に敗れた。大学同期に秋村謙宏松井達徳がいる。

日立製作所に進み、1988年都市対抗に四番打者として出場。酒井勉投手を擁し、1回戦で松下電器のエース潮崎哲也に2適時打を浴びせるが敗退。翌1989年都市対抗では大阪ガスを降し2回戦に進むが、三菱重工広島に敗れる。この試合では2本塁打を放った。同年の第9回インターコンチネンタルカップ日本代表、第15回アジア野球選手権大会日本代表に選出されている。

1989年ドラフト3位でロッテ入団。青柳進福沢洋一らの壁を破れず、なかなか一軍に上がれなかった。1992年には、定評のある打力を活かすため内野手に転向。しかし出場機会に恵まれず1994年限りで現役引退。1995年は台湾プロ野球味全ドラゴンズでプレーした。

その後はミキハウスコーチ兼捕手[2]を経て、NOMOベースボールクラブコーチ[3]、副理事長を務めた[4]。現在はスポーツDEPO新大阪店に勤務しながら木曽川ボーイズの監督も務めている。 [5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1991 ロッテ 7 8 8 1 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .250 .250 .375 .625
1992 3 6 5 0 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .200 .333 .200 .533
1993 10 10 8 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 2 0 0 2 0 .250 .400 .250 .650
1995 味全 65 233 210 23 46 10 1 4 70 26 7 4 7 0 15 0 1 26 2 .219 .274 .333 .608
NPB:3年 20 24 21 2 5 1 0 0 6 4 0 0 0 0 3 0 0 7 0 .238 .333 .286 .619
CPBL:1年 65 233 210 23 46 10 1 4 70 26 7 4 7 0 15 0 1 26 2 .219 .274 .333 .608

記録[編集]

NPB
  • 初出場・初打席:1991年4月13日、対近鉄バファローズ戦(川崎)、7番指名打者として先発、2打数2三振 (投手・阿波野)
  • 初安打・初打点:1991年6月23日、対近鉄バファローズ戦(金沢)、8回吉井から適時二塁打

背番号[編集]

  • 22 (1990年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ 監督・コーチ紹介”. NOMO Baseball Club. 2011年12月14日閲覧。
  2. ^ JABA広報事項”. Japan Amatetur Baseball Inc.. 2011年12月13日閲覧。
  3. ^ NOMO Baseball Club ベースボールクリニック”. 2011年12月13日閲覧。
  4. ^ NOMO Baseball Club 役員・スタッフ紹介”. 2011年12月13日閲覧。
  5. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号 P14

関連項目[編集]

外部リンク[編集]