D.J.ジョンソン (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
D.J.ジョンソン
DJ Johnson
DJJohnson20201031.jpg
ZOZOマリンスタジアムにて(2020年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オレゴン州ワシントン郡ビーバートン
生年月日 (1989-08-30) 1989年8月30日(31歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2018年9月9日
NPB / 2020年7月11日
最終出場 NPB / 2020年11月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダニエル・スチュアート・ジョンソンDaniel Stuart Johnson, 1989年8月30日 - )は、アメリカ合衆国オレゴン州ワシントン郡ビーバートン出身のプロ野球選手投手)。右投左打。フリーエージェント (FA)。

経歴[編集]

プロ入りとレイズ傘下時代[編集]

学生時代はMLBドラフトでどこからも指名されず、2010年6月にタンパベイ・レイズと契約してプロ入り。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レイズでプロデビュー。14試合に登板して2セーブ、防御率2.05、16奪三振を記録した。

2011年4月20日に自由契約となった[1]

独立リーグ時代[編集]

2011年4月28日に独立リーグフロンティアリーグトラバースシティ・ビーチバムズと契約した[2]。14試合に登板して1勝0敗、防御率1.54、18奪三振を記録した。

ダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2011年7月5日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ。傘下のパイオニアリーグのルーキー級ミズーラ・オスプレイ英語版でプレーし、20試合に登板して1勝0敗10セーブ、防御率2.08、32奪三振を記録した。

2012年はA級サウスベンド・シルバーホークス英語版とA+級バイセイリア・ローハイドでプレーし、2球団合計で42試合に登板して4勝7敗7セーブ、防御率4.66、60奪三振を記録した。

2013年は故障のため、プレーしなかった。レギュラーシーズン終了後の10月18日に自由契約となった[1]

独立リーグ復帰[編集]

2014年はまず3年前に所属したトラバースシティ・ビーチバムズに復帰した[3]。24試合に登板して0勝3敗14セーブ、防御率1.30、35奪三振を記録した。

ツインズ傘下時代[編集]

2014年7月28日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。傘下のA+級フォートマイヤーズ・ミラクルでプレーし、12試合に登板して1勝0敗、防御率2.84、12奪三振を記録した。

2015年はA+級フォートマイヤーズとAA級チャタヌーガ・ルックアウツでプレーし、2球団合計で45試合に登板して2勝2敗7セーブ、防御率4.05、53奪三振を記録した。オフの11月7日にFAとなった[1]

エンゼルス傘下時代[編集]

2015年11月24日にマイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだが、12月10日ルール・ファイブ・ドラフト(マイナーリーグ・フェイズ)でロサンゼルス・エンゼルスから指名され、移籍した。

2016年は傘下のAA級アーカンソー・トラベラーズでプレーし、47試合(先発1試合)に登板して4勝4敗6セーブ、防御率4.02、67奪三振を記録した。オフの11月7日にFAとなった[1]

ロッキーズ時代[編集]

2016年11月18日にコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだ[1]

2017年は傘下のAA級ハートフォード・ヤードゴーツでプレーし、43試合に登板して1勝1敗4セーブ、防御率2.80、51奪三振を記録した。

2018年、マイナーではAAA級アルバカーキ・アイソトープスでプレーし、50試合に登板して3勝5敗18セーブ、防御率3.90、84奪三振を記録した。9月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし[4]、9日のロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー[5]。この年メジャーでは7試合に登板して1勝0敗、防御率4.26、9奪三振を記録した。

2019年レギュラーシーズン終了後の10月23日に日本球界移籍のため、自由契約となった[6]

広島時代[編集]

2019年10月25日にNPB広島東洋カープと契約を結んだ[7]。登録名は「DJ・ジョンソン」。

2020年シーズン開幕後は一軍で14試合に登板し、1ホールドを挙げた[8]

楽天時代[編集]

2020年9月21日、金銭トレードにより東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍[10][11][12]。来日初年度の外国人選手のトレードは2017年のエドウィン・エスコバー黒羽根利規との交換トレード)以来だが、金銭トレードとなると1988年のラルフ・ブライアント(中日近鉄)以来32年ぶりとなる。また、移籍に伴い登録名を「D.J.ジョンソン」に変更した[8]。翌日の対千葉ロッテマリーンズ16回戦(楽天生命パーク)で5回から登板し、1回無失点で来日初勝利を記録した[13]。その後残留交渉しないまま、自由契約となった。

投球スタイル[編集]

2019年の投球データ[15]
球種 配分
%
平均球速
mph (km/h)
水平運動
in
鉛直運動
in
フォーシーム 58.2 94 (151) -4 9
カーブ 35.8 83 (133) 3 -6
カッター 5.8 92 (147) -1 5
チェンジアップ 0.2 84 (135) -7 3

平均球速92mph (約150km/h)・最速96.2mph(約155km/h)[14]フォーシームと83mph (約133km/h)のカーブの2球種が投球の大半を占める。そのほかカットボールチェンジアップも使用している[16]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 COL 7 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 27 6.1 6 0 2 0 0 9 0 0 3 3 4.26 1.26
2019 28 0 0 0 0 0 2 0 4 .000 116 25.0 23 1 19 2 3 24 4 0 14 14 5.04 1.68
2020 広島 14 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 69 13.2 19 0 8 1 1 13 3 0 10 7 4.61 1.98
楽天 16 0 0 0 0 1 0 0 4 1.000 62 14.2 13 2 6 0 0 16 3 0 6 5 3.07 1.30
'20計 30 0 0 0 0 1 0 0 5 1.000 131 28.1 32 2 14 1 1 29 6 0 16 12 3.81 1.62
MLB:2年 35 0 0 0 0 1 2 0 4 .333 143 31.1 29 1 21 2 3 33 4 0 17 17 4.88 1.60
NPB:1年 30 0 0 0 0 1 0 0 5 1.000 131 28.1 32 2 14 1 1 29 6 0 16 12 3.81 1.62
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2018 COL 7 1 0 0 0 1.000
2019 28 3 2 0 0 1.000
2020 広島 14 0 3 0 0 1.000
楽天 16 3 1 0 1 1.000
'20計 30 3 4 0 1 1.000
MLB 35 4 2 0 0 1.000
NPB 30 3 4 0 1 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 63(2018年 - 2019年)
  • 58(2020年 - 同年9月20日)
  • 42(2020年9月21日 - 同年終了)

登録名[編集]

  • DJ・ジョンソン(2020年 - 同年9月20日)
  • D.J.ジョンソン(2020年9月21日 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2018年11月3日閲覧。
  2. ^ Beach Bums Add DJ Johnson” (英語). OurSportsCentral.com (2011年4月28日). 2018年11月3日閲覧。
  3. ^ DJ Johnson Returns” (英語). Traverse City Beach Bums.com. 2018年11月3日閲覧。
  4. ^ Kyle Newman (2018年9月4日). “More September call-ups for Rockies: Garrett Hampson, Sam Howard, Raimel Tapia and DJ Johnson” (英語). The Denver Post. 2018年11月3日閲覧。
  5. ^ Los Angeles Dodgers at Colorado Rockies Box Score, September 9, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年11月3日閲覧。
  6. ^ Thomas Harding (2019年10月23日). “Rox reliever Johnson to pursue career in Japan” (英語). MLB.com. 2019年10月25日閲覧。
  7. ^ 広島 新助っ人で救援強化 前ロッキーズのDJ・ジョンソン投手獲得”. スポーツニッポン (2019年10月26日). 2020年4月21日閲覧。
  8. ^ a b DJ・ジョンソンが楽天へ プロ野球・広島”. 時事通信社 (2020年9月21日). 2020年9月22日閲覧。
  9. ^ 今季は延長十回まで、トレード期限は9月30日で合意”. サンケイスポーツ (2020年6月10日). 2020年9月21日閲覧。
  10. ^ 本来のトレード期限は7月31日までだが、新型コロナウイルスの影響で公式戦の開幕が3か月遅れたことに伴う特例措置として、日本野球機構日本プロ野球選手会の合意により、2020年はトレード期限が9月30日まで延長となった[9]
  11. ^ "トレード(2020年度)". NPB.jp. 日本野球機構. 21 September 2020. 2020年9月21日閲覧
  12. ^ 広島、DJ・ジョンソンが楽天へ移籍 金銭トレードが成立 今季14試合登板で防御率4・61”. スポーツニッポン (2020年9月21日). 2020年9月21日閲覧。
  13. ^ 楽天、“初モノづくし”で球団1000勝 浅村3発&DJ・ジョンソン移籍即初勝利”. Full-Count (2020年9月22日). 2020年9月22日閲覧。
  14. ^ a b Player Card: DJ Johnson”. brooksbaseball.net. 2020年5月26日閲覧。
  15. ^ 28救援・25.0回。brooksbaseball.netによる。チェンジアップを表記するためpitch frequencyのみ小数点第一位を含み、その他は小数点以下四捨五入[14]
  16. ^ DJ JohnsonPitching Stat Details”. Baseball Cube. 2018年11月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]