かかあ天下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

かかあ天下(嬶天下)(かかあでんか)とは、権威権力・威厳がを上回っている家庭を指す。

からっ風」と並んで、上州名物と言われる。かつて上州と呼ばれた群馬県養蚕が盛んであり、妻の経済力が夫より高い家庭が多かったことによる。2015年平成27年)4月24日、文化庁日本遺産の最初の18件の一つとして「かかあ天下 ―ぐんまの絹物語―」を選んだと発表した。

概要[編集]

本来は「夫が出かけている間の家を(からっ風などから)守る強い妻」や「うちのかかあは(働き者で)天下一」の意味であるが、「夫を尻に敷く強い妻」という意味で使われることがほとんどで、亭主関白対義語として用いられることがある。

上州のかかあ天下[編集]

かかあ天下が上州群馬県)の名物とされる理由として、上州の女性は養蚕製糸織物といった産業の担い手であり、男性よりも高い経済力があったことがあげられる。空っ風といった上州の厳しい気象環境や、気性の荒い上州人気質(県民性#関東地方)に対する印象から、活発で働き者の上州女性を表す言葉として用いられる。

古代説話に見られるかかあ天下[編集]

考古学では、上毛野君形名(かみつけのきみ かたな)の妻が、かかあ天下との関連で引きあいに出される[1]。東北蝦夷に追い詰められ、弱腰になっている形名に対し、酒を飲ませ、叱咤激励すると共に自分達は弓を持ち、弦を鳴らすことで、相手に大軍が来たと錯覚させる機知を行い、手助けをした。古墳時代における抜歯の風習からも、女性が家長と成りえたのは、5世紀までと考えられており[2]、女性の立場が強いのはその名残とも考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 茜史朗 『古代東国の王者 上毛野氏の研究』 あさを社 1985年 など
  2. ^ 田中良之 『古墳時代親族構造の研究』 柏書房 1995年 p.250

関連項目[編集]