田面巧二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田面 巧二郎
Tigers tanabo 20150322.JPG
2015年3月22日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県山田郡大間々町(現:みどり市
生年月日 (1990-12-09) 1990年12月9日(27歳)
身長
体重
179 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト3位
初出場 NPB / 2016年5月19日
最終出場 NPB / 2016年5月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

田面 巧二郎(たなぼ こうじろう、1990年12月9日 - )は、群馬県山田郡大間々町(現:みどり市)出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1990年12月9日群馬県山田郡大間々町(現・みどり市)で生まれ[1]1999年に地元の少年野球チームである大間々東小リトルジャイアンツで野球を始める[1]。この時のコーチは、田面が小学校6年生の時、練習試合なども含め年間トータルで約500打席に立ったが、全打席のうち三振は4しかなかったという[1]。また、当時はその打力を買われ、中軸を打っていたという[1]。この頃から「速球派の田面巧二郎君」と東京新聞に書かれるなどしており、速球派として知られた[2]

高校は、桐生市立商高に進学する[1]。主力投手として活躍し、2008年の3年時の夏は群馬県予選ベスト4まで進出する[1]。甲子園出場経験は無し。

高校卒業後は、社会人野球日産自動車に入団するも1年目で休部が決まり、翌2010年からJFE東日本に移籍する。社会人4年目の2012年第83回都市対抗野球大会に出場し、3試合に登板し、チームのベスト4進出に貢献した。

2012年10月25日プロ野球ドラフト会議阪神タイガースから3位指名を受け[1][3]12月3日に正式に入団が決定した[4]。入団時には球団からは減量を厳命され、それを受けて3Kgの減量を約束している[5]

プロ入り後[編集]

2013年には、春季キャンプ期間中に一時[6][7]一軍へ合流したものの、レギュラーシーズンでは一軍昇格の機会がなかった。二軍では、5月7日の育成試合で実戦デビューを果たしたが、以降の13試合(非公式試合を含む)で四死球20個と制球面での課題を露呈。6月中頃から8月中頃までは、実戦から離れて調整に専念していた[8]。実戦復帰後には、非公式戦を含めた8試合の登板で1失点にとどめるなど、投球内容が安定[8]ウエスタン・リーグ公式戦では、通算8試合の登板で、1勝0敗、防御率2.79という成績を残した。

2014年には、ウエスタン・リーグ公式戦6試合に登板。0勝0敗、防御率8.44という成績にとどまった。入団以来2年連続で一軍公式戦への登板機会がなかったことから、シーズンの終了後には、支配下選手契約から育成選手契約へ移行した[9]

2015年には、阪神球団がBCリーグ福井ミラクルエレファンツと業務提携を結んだことを背景に、同リーグの前期限定(4月1日から6月30日まで)で福井に派遣[10]。福井でリーグ戦19試合に登板した後に、同じ育成選手の佐村・トラヴィス・幹久と入れ替わる格好で、7月1日から阪神に復帰した。復帰後は、ウエスタン・リーグ公式戦9試合に登板。0勝0敗、防御率4.50という成績を残した。なお、シーズン終了後の11月13日には、育成選手としての再契約で球団と合意している[11]

2016年には、公式戦開幕直後の4月15日に、支配下登録選手へ復帰。背番号も97に変更した[12]5月19日の対中日ドラゴンズ戦(甲子園)8回表に、自身と同じ経緯で先に支配下登録選手へ復帰した原口文仁とのバッテリーで一軍デビュー。阪神で育成契約を経験した投手と捕手が、バッテリーを組んで一軍公式戦に出場した事例は、球団史上初めてであった[13]

2017年のシーズンは1軍昇格なし。2軍のウエスタンリーグでは19試合登板し1勝0敗、防御率4.96であった。10月31日に球団から戦力外通告を受けた[14]

現役引退後[編集]

2018年に測量会社トラバースに入社。同社の軟式野球部に入部している[15]

選手としての特徴・人物[編集]

最速151km/hのストレートスライダーフォークを武器とする[1]。このような球速から、入団当初は即戦力として期待されていた。また、藤川球児を彷彿とさせることから、球児2世の呼び声も高い[1]

その一方で、制球に難があり[1][8]、JFE東日本の青野達也監督も「好調と不調の波はあるものの、ノビしろは十分」と評している[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 阪神 4 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 20 4.1 5 0 3 0 0 2 0 0 3 3 6.23 1.85
NPB:1年 4 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 20 4.1 5 0 3 0 0 2 0 0 3 3 6.23 1.85
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


投手












2016 4 0 1 0 0 1.000
通算 4 0 1 0 0 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]










































W
H
I
P
2015 福井 19 0 0 0 1 ---- 91 20.0 15 0 15 2 15 2 0 11 10 4.50 1.50
通算:1年 19 0 0 0 1 ---- 91 20.0 15 0 15 2 15 2 0 11 10 4.50 1.50

背番号[編集]

  • 41 (2013年 - 2014年)
  • 116 (2015年 - 2016年途中)
  • 97 (2016年途中 - 2017年)
  • 30 (2015年) ※福井ミラクルエレファンツでの背番号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 球児2世か 剛腕の若虎 田面巧二郎さん 讀賣新聞群馬県版 2012年11月26日配信 2013年2月2日閲覧
  2. ^ マクドナルドカップ・第二十五回関東学童軟式野球大会 東京新聞 2013年2月2日閲覧
  3. ^ 阪神 3位田面、4位小豆畑の即戦力 デイリースポーツ2012年10月25日配信 2013年2月2日閲覧
  4. ^ 藤浪「藤川投手のように」=阪神が新入団発表-プロ野球 時事ドットコム2012年12月3日配信 2013年1月31日閲覧
  5. ^ “メタナボ”あかん!虎・田面、3キロ減量やSANSPO.com2012年12月4日05:02配信 2013年2月2日閲覧)
  6. ^ 恵濃大輔 (2013年2月13日). “1軍昇格!虎・田面、沖縄入り即実戦テス投”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20130213/tig13021305040008-n1.html 2013年10月19日閲覧。 
  7. ^ “虎・渡辺、高宮、松田、田面が2軍へ”. サンケイスポーツ. (2013年2月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130225/tig13022505010004-n1.html 2013年10月19日閲覧。 
  8. ^ a b c 岡本育子 (2014年1月6日). “『田面巧二郎投手に聞いてみました』”. 岡本育子の新・小虎日記. 2014年1月6日閲覧。
  9. ^ 田面巧二郎選手との育成選手契約について 阪神タイガース公式サイト 2014年11月13日閲覧。
  10. ^ 福井ミラクルエレファンツ (2015年3月10日). “阪神タイガースとの業務提携のお知らせ”. http://www.m-elephants.com/010_news/detail.php?id=769 2015年3月10日閲覧。 
  11. ^ 阪神タイガース (2015年11月11日). “育成選手との再契約について”. http://hanshintigers.jp/news/topics/info_4051.html 2015年11月11日閲覧。 
  12. ^ 阪神タイガース (2016年4月15日). “田面巧二郎選手と支配下選手契約を締結”. http://hanshintigers.jp/news/topics/info_4266.html 2016年4月15日閲覧。 
  13. ^ 田面 原口と育成バッテリーで0封デビュー “超変革の象徴”劇勝呼んだ スポーツニッポン 2016年5月19日
  14. ^ 来季の選手契約について”. 阪神タイガース公式サイト (2017年10月31日). 2017年10月31日閲覧。
  15. ^ 新入団選手 トラバース野球部”. TRAVERS(トラバース)野球部のブログ. 株式会社トラバース (2018年1月23日). 2018年3月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]