前泊哲明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
前泊 哲明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県西表島
生年月日 (1957-10-17) 1957年10月17日(61歳)
身長
体重
182 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1979年 ドラフト外
初出場 1981年4月9日
最終出場 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

前泊 哲明(まえどまり てつあき、1957年10月17日 - )は、沖縄県西表島出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

興南高から、社会人野球日産自動車に進むも退社。一度は野球を辞めようとしていたが、興南高時代の恩師・比屋根吉信監督に説得されて体を鍛え直し、横浜大洋ホエールズのテストを受けて合格する。

1979年オフに、ドラフト外で横浜大洋ホエールズに入団。

カーブが特徴の変化球投手で、入団2年目の1981年4月9日読売ジャイアンツ戦でプロ初先発初勝利。先発ローテーション入りしてチーム最多の21試合に先発し2勝を挙げるが、その2勝がプロでの勝ち星の全てとなる。翌1982年からは殆ど1軍登板が無く、1984年イースタン・リーグ最優秀防御率を取るなどしたが、体の線が細くプロの投手としては根本的に体力が足りなかった。1986年限りで現役を引退。

引退後は、大洋と同じ経営母体の神奈川工科大学職員となり、就職指導などを担当した。

人物[編集]

  • 初勝利を挙げた時には、巨人戦初登板初勝利という事で特に地元マスコミに注目され、家族には取材が殺到、当時活躍していたボクシング具志堅用高と合わせて、一躍沖縄の星と呼ばれた。
  • ガリガリに痩せた体型で、ニックネームは哲明の哲(鉄)と柱で「テッチュウ」。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 大洋 36 21 1 0 0 2 7 0 -- .222 468 104.1 129 12 40 3 1 56 0 0 69 61 5.28 1.62
1984 12 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 92 21.2 25 3 6 0 0 11 0 0 11 10 4.15 1.43
1985 29 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 162 39.0 39 5 15 3 0 23 1 1 20 18 4.15 1.38
通算:3年 77 24 1 0 0 2 10 0 -- .167 722 165.0 193 20 61 6 1 90 1 1 100 89 4.85 1.54

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (1980年 - 1986年)

関連項目[編集]