日産自動車九州硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日産自動車九州硬式野球部
チーム名(通称) 日産九州、日産自動車九州
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1985年
廃部 2010年から休部)
チーム名の遍歴 日産自動車九州 (1985 - 2009)
本拠地自治体 福岡県京都郡苅田町
都市対抗野球大会
出場回数 6回
最近の出場 2004年
最高成績 ベスト8(1回)
社会人野球日本選手権大会
出場回数 9回
最近の出場 2001年
最高成績 ベスト8(1回)
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

日産自動車九州硬式野球部(にっさんじどうしゃきゅうしゅうこうしき やきゅうぶ)は、福岡県京都郡苅田町に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟している社会人野球の企業チームである。2010年から休部中。

概要[編集]

1985年日産自動車本社の硬式野球部に次ぐ2つめの社会人野球チームとして、九州工場で『日産自動車九州硬式野球部』として創部した。

1987年日本選手権に初出場(初戦敗退)。

1994年藤井政夫の活躍と、3試合で22本塁打と打線が大爆発して都市対抗野球九州地区2次予選を突破して本戦に初出場を決め、本戦でもベスト8進出を果たす。

本社の硬式野球部とはまた一味違った叩き上げのチームであったが、ローソン2002年に廃部)、神戸製鋼(2002年に休部)、新日本製鐵八幡2003年に廃部)などから選手を受け入れるなど積極的な補強も行なった。

2002年11月20日、練習試合中に丸山豊揚主将が29歳の若さで急逝する。チームは「ドーム出場を捧げる」ことを目標に一丸となり、翌2003年の都市対抗野球では九州2次予選で九州第1代表の座をつかみ、本戦出場を果たした。

2009年2月9日経済・金融危機を受け、本社の硬式野球部や卓球部、陸上部と共に同年限りをもって休部することを発表された。同年の都市対抗野球日本選手権はいずれも予選で敗退した。2010年1月28日付けで、日本野球連盟から活動休止チームとして公示された[1]

2010年、休部時の監督・選手が中心となりクラブチーム苅田ビクトリーズベースボールクラブが結成された。日本野球連盟においての登録上は別チームであるが、日産自動車九州からの支援を受けており、実質的には後継チームである。

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チーム情報 登録・変更情報 2010年”. 日本野球連盟. 2016年10月8日閲覧。

関連項目[編集]