堀澄也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

堀 澄也(ほり すみや、1935年4月27日 - )は、実業家ヤクルト代表取締役会長、東京ヤクルトスワローズのオーナーを務めた。

来歴・人物[編集]

広島県福山市出身。広島県立戸手高等学校日本大学法学部卒業後、1960年ヤクルト本社入社。中央研究所所長などを歴任し、ジョアなどの新商品開発に携わる。

1996年桑原潤の後を受けて同社代表取締役社長就任。1998年に副社長の熊谷直樹がプリンストン債を巡るデリバティブ(金融派生商品)取引の失敗で1000億余の巨額の損失を出していたことが発覚し、苦境に追い込まれたが、ダノンとの提携により何とか再生への道筋を付けた。

1997年からヤクルトスワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)の取締役も兼務し、2003年松園直已に代わり球団オーナーに就任。球団運営については、球団社長の衣笠剛をオーナー代行に指名して権限を委ねている。2017年6月21日、本社社長および球団オーナーを退任した。

2015年11月、旭日中綬章受章。

関連項目・人物[編集]