伊東四朗・吉田照美 親父熱愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤクルトPresents
伊東四朗・吉田照美 親父・熱愛
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1997年4月13日 -
放送時間 毎週土曜 15:00 - 17:00(120分)
放送局 文化放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 伊東四朗吉田照美
出演 水谷加奈
テーマ曲 オープニング:Mr.President「I give you my heart」
エンディング:Mr.President「Show me the way」
提供 ヤクルト
公式サイト 公式サイト
特記事項:
放送開始 - 1998年3月は毎週日曜 16:00 - 16:55、1998年4月 - 2012年3月は毎週土曜 15:00 - 15:55にそれぞれ放送していた。
文化放送スポーツスペシャル」としてのプロ野球クライマックスシリーズ(稀に日本選手権シリーズも)の中継と重複した場合は、裏送りの放送となる。
テンプレートを表示

ヤクルトPresents 伊東四朗・吉田照美 親父・熱愛』(ヤクルトプレゼンツ いとうしろう・よしだてるみ おやじ・パッション)は、1997年4月13日から放送されている文化放送制作のラジオ番組である。

概要[編集]

タイトルの「熱愛」は番組開始当時の文化放送のキャッチフレーズ「熱愛発覚・文化放送」からきている。

2012年4月7日より、放送時間が15:00 - 17:00までの2時間に拡大。これまでの収録形式から、生放送となる。伊東は「 あっぱれ土曜ワイド」以来15年半振りに、ラジオの生放送のレギュラー番組を担当する。

2002年12月15日と2003年1月に、講談社文庫から番組本が、それぞれ「Part1」と「Part2」として発売された。

2017年4月22日で、放送1000回(文化放送での放送回)を達成した。

15時台はヤクルトの一社提供で、「ヤクルト プレゼンツ」の冠タイトルが付く。 2014年9月27日まで、16時台はイオンの一社提供で、「イオン G.Gサタデー」の冠タイトルとなった。いずれも、文化放送のみのローカル スポンサーである[1]

年末年始の1週間は、吉田が休暇を取るため、伊東とアシスタント、そして文化放送の男性アナウンサー1名(おもに飯塚治長谷川太など)で放送する。

放送時間[編集]

  • 放送開始 - 1998年3月:毎週日曜 16:00 - 16:55(収録)
  • 1998年4月 - 2012年3月:毎週土曜 15:00 - 15:55(収録)
  • 2012年4月 - 現在:毎週土曜 15:00 - 17:00(生放送)

ネット局[編集]

現在[編集]

全て毎週土曜の放送で何れの局も同時ネット。放送時間の早い順から記載。文化放送にて「文化放送スポーツスペシャル」としてのプロ野球クライマックスシリーズ(稀に日本選手権シリーズも)の中継と重複した場合は、下記の局に向けた裏送りになる。

放送対象地域 放送局 放送時間 放送期間 備考
関東広域圏 文化放送(QR) 15:00 - 17:00 1997年4月6日 - 制作局
富山県 北日本放送(KNB) 2012年3月までは他のネット局と同じスポンサーなしの1時間パッケージを流していたが、
文化放送では生放送番組となった同年4月 - 2013年3月の間、唯一同時ネットだった。
2013年4月 - 2014年3月は毎週土曜 15:00 - 16:00だったが、
同年4月から再び文化放送と同じ2時間に拡大した。
ただし、不定期に「室井滋の虫めがね」が放送される場合は休止となる。
福井県 福井放送(FBC) 2013年4月6日 - 放送開始 - 2015年4月26日は毎週土曜 16:00 - 17:00だったが、
同年5月2日から2時間に拡大した。
ただし、「土曜スペシャル」が放送される場合は以前のように16:00飛び乗りとなる。
石川県 北陸放送(MRO) 16:00 - 17:00
香川県 西日本放送(RNC)

過去[編集]

いずれの局も2012年3月以前の1時間録音バージョン。放送時間はネット打ち切り時点のもの。

  • 北海道放送 日曜19:00 - 20:00
    • 2004年3月で打ち切り。
  • 青森放送
    • 1998年秋から1999年春にかけては火曜日20:00-21:00、2000年秋から2001年春にかけては日曜日21:00-22:00で放送していた。
  • 秋田放送 土曜12:00 - 12:55
    • 2008年3月で打ち切り。
  • IBC岩手放送 土曜19:00 - 20:00
    • 2006年3月で打ち切り。
  • 山形放送 日曜14:00 - 15:00
    • 2003年9月で打ち切り。
  • ラジオ福島 月曜19:00 - 20:00
    • 2007年9月で打ち切り。
  • 信越放送 月曜19:00 - 20:00
    • 2009年9月で打ち切り。
  • 静岡放送 火曜21:00 - 22:00
    • 2010年3月で打ち切り。
  • 山陽放送 日曜13:00 - 14:00
    • 2009年10月で一旦打ち切られたが2010年4月11日より放送再開。しかし2011年3月で再び打ち切られた。
  • 山口放送 日曜20:00 - 21:00
    • 2006年3月で打ち切り。
  • 四国放送 日曜21:00 - 22:00
    • 2010年3月で打ち切り。
  • 南海放送 土曜21:00 - 22:00
    • 2006年3月で打ち切り。
  • 長崎放送 日曜21:00 - 22:00
    • 2009年3月で打ち切り。
  • 大分放送 日曜16:00 - 17:00
    • 2005年3月で打ち切り。
  • 宮崎放送 日曜22:15 - 23:15
    • 2009年3月で打ち切り。

出演者[編集]

パーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

  • 水谷加奈(文化放送アナウンサー、開始 - 2003年9月6日、2004年4月3日 - 2006年9月16日、2017年4月1日 - ) [2]

過去のアシスタント[編集]

※ いずれも出演当時は文化放送アナウンサー(遠藤は現在フリーアナウンサー、吉田は2014年7月より報道記者)

コーナー[編集]

現在[編集]

  • ニュース・パッション … ニュースパレードで放送された1週間のニュースを、鈴木敏夫デスク(文化放送 放送事業局 報道スポーツセンター。 元文化放送アナウンサー)が解説する。鈴木はアナウンサー時代に『伊東四朗のあっぱれ土曜ワイド』に、ニュース担当として出演していた。
  • タフマン伊東の堪忍袋 … リスナーから寄せられた、怒りのエピソードを紹介。その怒りの共感度に応じて、大・中・小の3つの雷のうち、1つが落とされる。当初のコーナー名は「タフマン伊東の帰ってきた堪忍袋」だったが、ヤクルトのスポンサー降板後、「伊東四朗・吉田照美の堪忍袋」に変わった。レギュラーコーナー終了後、不定期で復活していた(2011年11月19日放送(11月3日収録))。その後、ヤクルトがスポンサーに復帰。2012年10月6日、レギュラーコーナーとして復活した。
    • このコーナーは、伊東四朗がパーソナリティを務めた『あっぱれ土曜ワイド』の1コーナー「タフマン伊東の堪忍袋」が元ネタである。
  • オヤジ大学 … 『吉田照美のやる気MANMAN!』内のコーナー「やる気大学」のパロディ。教授役は照美、学生役は伊東。「やる気大学」では「問うは一代の恥、問わぬは末代の恥。聴いて納得、やる気大学ゥ〜!」「あたくしが当やる気大学のマンマン教授、吉田照美であります」「うっうーん! おまた、今日もまーたまたひとつ、おりこうになっちゃったもんなー」という台詞は、「オヤジ大学」では「聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥。聴いて納得、オヤジ大学ゥ〜!」「あたくしが当オヤジ大学のパッション教授、吉田照美であります」「うっうーん! 四朗、今日もまーたまたひとつ、知恵つけちゃったもんなー」と変わっている。
  • おやじの為の健康日記 … 健康に関する情報を紹介する。
  • こだわり熱愛 … 週代わりで設けるテーマを元に、伊東・照美・水谷がこだわりやエピソードなどを語る。2時間番組に拡大後、芸能人が不定期で、ゲスト出演。伊東・照美・水谷とともに、こだわりやエピソードを語る時がある。
  • ハガキ熱愛 … 番組に寄せられたハガキ、電話、メール、FAX、Twitterのお便りを紹介する。

過去[編集]

  • 町の熱愛さん登場 … 当時の番組スポンサーであった、フォードの代理店の店員と電話を繋ぎ、インタビューを行った。
  • 里沙ちゃんのくだもの食べようかな? … 本項を参照。
  • お花プレゼント … 毎月最終土曜日、スポンサーのサカタのタネ提供の花をプレゼント。ネット局は、フィラー音楽に差し替え。
  • 前略 おやじ殿 〜愛すべき全てのおやじ達へ〜 …リスナーから「おやじ」の思い出とエピソードを募集し、紹介する。
  • オレの心の○○な歌 … 週のテーマに沿った曲を、伊東・照美が選曲して紹介する。2012年9月29日終了。2012年10月13日、こだわり熱愛の中で復活。
  • 今週のオヤジの名言 … 家族や、友人、知人からかけてもらった忘れられない一言や、あなたの心に残っている感動した名言。めちゃくちゃだけど、思わず納得。笑ってしまった説得力ある言葉を紹介する。伊東、照美、石川のいずれか1人が、その名言を書いた色紙をプレゼントする。

番組テーマ曲[編集]

  • オープニング:Mr.President「I give you my heart」
  • エンディング:Mr.President「Show me the way」

その他[編集]

  • この番組ではテレビではなかなか見ることのできない伊東四朗の素顔も垣間見られ、特に若者の言葉遣いには警鐘を鳴らしている。
(例…「『なにげに』っていう言葉は無いんだよ、本当は『なにげなく』だからね」)
(例…「『すごい早い』っていう言葉はおかしいよ。形容詞と形容詞がくっつくことは無いんだから、本当は『すごく早い』」だからね)など。この他にも、各界の有名人の言動について、オープニングとエンディングで苦言を呈している。
  • 番組内で伊東は照美を「吉田教授」と呼ぶ。これは同局で過去放送されていた『吉田照美のやる気MANMAN!』内のコーナー「やる気大学」での照美の教授役からである。
  • 伊東四朗は、番組のコーナー「こだわり熱愛」での不定期企画「xxx線(鉄道)にこだわる〜!!」について消極的であり、番組のプロデューサーに対して年賀状で「あの企画はもういいよね…。(企画化して欲しくない意)」と苦言を呈した事がある[3]
  • 2007年6月のスペシャルウィーク(2週)で人気のあった企画「似ている曲 にこだわる」は、伊東がお気に入りの企画でもあり、本放送でのグランプリは、伊東が推薦した「ハバロフスク小唄」と「皆の衆」であった。2007年10月のスペシャルウィークでは、リスナーからメロディーが似ている“インパクトのある曲”を募集した。グランプリは「翼の折れたエンジェル」と「ふられ気分でRock'n' Roll」であった。MVPとして、前2曲を応募したリスナーに、下記の本をサイン入りで贈呈している。※本番組の企画で、パーソナリティー(出演者)からリスナーにプレゼントがあるのは珍しい。今後も本企画は続行される予定である。
    • 伊東四朗 著 「ボケてたまるか!」
    • 吉田照美 著 「バルサの翼(絵本)」
  • 2007年12月15日(スペシャルウィーク)での「阿久悠にこだわる〜!!」では、以下の阿久が作詞した曲が流れている。
曲目 歌手
時の過ぎゆくままに 沢田研二
熱き心に 小林旭
あの鐘を鳴らすのはあなた 和田アキ子
地平を駈ける獅子を見た 松崎しげる
また逢う日まで 尾崎紀世彦
北の宿から 都はるみ
ジョニィへの伝言 ペドロ&カプリシャス
  • 2001年から始まっている、年末の特別企画「輝く! 伊東四朗大賞! にこだわる〜!!」の大賞は以下の曲目である。大賞の選曲は伊東の一存であり、売り上げや人気には一切関係が無い。
受賞年 曲目 歌手
2001
PIECES OF A DREAM
CHEMISTRY
2002
SAKURAドロップス
宇多田ヒカル
2003
月のしずく
RUI
2004
Jupiter
平原綾香
2005
青春アミーゴ
修二と彰
2006
しるし
Mr.Children
2007
コブクロ
2008
海雪
ジェロ
2009
みんな空の下
絢香
2010
福山雅治
2011
マル・マル・モリ・モリ!
薫と友樹、たまにムック。
2012
さかさまの空
SMAP
2013
ピースとハイライト
サザンオールスターズ
2014
Let It Go〜ありのままで〜
松たか子
2015
私以外私じゃないの
ゲスの極み乙女。
2016
サヨナラの意味
乃木坂46
  • 2009年4月11、18日の放送では、番組開始以来初めてスタジオ以外(東京ディズニーランド)から放送された。因みに伊東自身、ディズニーランドを訪れたのは生涯初だった。
  • 2009年11月14日の放送では森繁久彌を偲び、オープニングのテーマ曲が流れる前に、伊東自身が故人との想い出を語っている。

脚注[編集]

  1. ^ ネット局は、ノンスポンサー。P.T扱い。
  2. ^ 2014年9月6日・13日に石川の代役として出演。
  3. ^ 特定の路線の各駅についてこだわりなどを話す企画だが、両者ともほとんどの駅について縁がないため、路線内の7割以上の駅が「通過」扱いとなっていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

文化放送 日曜日 16:00 - 16:55枠
前番組 番組名 次番組
伊東四朗・吉田照美 親父熱愛
2001年音楽の旅
(1998/4/12 - 1999/9/?)
文化放送 土曜日 15:00 - 15:55枠
伊東四朗・吉田照美 親父熱愛
-
文化放送 土曜日 15:55 - 17:00枠
ニュース・天気予報
(15:55 - 16:00)
高田純次・河合美智子の東京パラダイス
(16:00 - 17:15)
伊東四朗・吉田照美 親父熱愛
-