桑原潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

桑原 潤(くわはら じゅん、1930年3月1日 - 2003年2月26日)は、日本実業家ヤクルト本社社長、ヤクルトスワローズのオーナーを務めた。

来歴・人物[編集]

福岡県大牟田市出生。三池高校熊本大学工学部卒業。熊本県出身。1988年4月にヤクルト本社社長に就任すると、病気療養中だった松園尚巳オーナーに代わり、球団オーナー代行に就任してヤクルト球団業務の責任者となる。就任当時、球団内には松園オーナーが企図した長嶋茂雄監督招聘構想によってさまざまな混乱が生じていたが、桑原はこの構想を打ち切り、1989年10月、新監督に元南海ホークス監督の野村克也を迎えた。1991年3月からは正式に球団オーナーに就任。在任中、ヤクルトスワローズはセ・リーグ優勝4回、日本一3回の好成績を残した。

1996年6月には本社会長となったが、1998年3月、ヤクルト本社で熊谷直樹デリバティブ(金融派生商品)取引など財テクの失敗で1000億円余の多額の損失を発生させた事件の責任を取り、同年6月に本社会長および球団オーナーを辞任した。その後はヤクルト・バイオサイエンス研究財団の理事長を務めていた。

2003年2月26日、肝不全のため東京都渋谷区の自宅で死去。72歳没。

エピソード[編集]

  • 1995年3月下旬に催されたヤクルトスワローズの激励会で壇上に立った桑原は、前年にチームが最下位寸前にまで転落(最終戦で横浜に勝利して辛うじて最下位を回避)したことをうけて、野村克也監督コーチ陣、全選手、チーム担当記者らを前にして「(この年で野村の二回目の3年契約が満了するため)おそらく野村監督も今季が最後だろうと思いますので」と言ってしまった。この発言に対し続いて壇上に立った野村は「ただいまのオーナーの談話によると、私は今季が最後だそうで…、まあボチボチやらしてもらいますよ」と返した。しかしこの年、ヤクルトは開幕から快進撃を続けて優勝したので、フジサンケイグループが野村の続投を強く要望した。そのため桑原は野村に謝罪して野村との契約を更新する(翌1996年から1998年まで三回目の3年契約)とともに、同年のドラフト会議で野村の希望通りに息子の野村克則(カツノリ)を指名し、入団させた。

関連項目[編集]