ヤクルト野球アカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤクルト野球アカデミー

ヤクルト野球アカデミー (ポルトガル語: Centro de Treinamento Yakult, 略称: CT Yakult) は、ブラジルサンパウロ州イビウーナポルトガル語版市にある野球選手の育成施設、野球場ブラジル野球・ソフトボール連盟とヤクルト商工が共同運営し、12歳から18歳までの選手約40人が全寮制で野球を学んでいる[1]

1999年、ヤクルト商工がイビウーナに野球場を建設、翌2000年より開校した。敷地面積は約22万平方メートルで、大人用3面・子供用5面のグランドやトレーニングルーム・屋内練習場・選手宿舎などを有する。2009年までに300人から350人の卒業生を輩出し、そのうち約50人が日米でプレーしている[2]

主な卒業生[編集]

(年齢順)

関係人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

座標: 南緯23度39分20.4秒 西経47度7分41秒 / 南緯23.655667度 西経47.12806度 / -23.655667; -47.12806