デクスター・マンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デクスター・マンリー

Dexter Manley  No. 72, 92

ディフェンシブエンド
生年月日: (1959-02-02) 1959年2月2日(58歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:253 lb =約114.8kg
NFLデビュー
1981年ワシントン・レッドスキンズ
経歴
大学オクラホマ州立大学
NFLドラフト1981年 / 5巡目(全体の119番目)
 所属チーム:
通算成績
(1991年までの成績)
QBサック     97.5回
インターセプト     2回
タッチダウン     1回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出:1回(1986年)
  • オールプロ選出:2回(1986年、1987年)

デクスター・マンリー(Dexter Keith Manley, 1959年2月2日- ) ニックネームは "Secretary of Defense"(国防長官[1]テキサス州ヒューストン出身の元アメリカンフットボール選手。NFLで1981年から1991年までの11シーズン、ワシントン・レッドスキンズアリゾナ・カージナルスタンパベイ・バッカニアーズに所属した。その後CFLオタワ・ラフライダーズでもプレーした。ポジションはDE

経歴[編集]

テキサス州ヒューストンで生まれ育った。地元の高校に進学しアメリカンフットボールに打ち込んだ。その後アメリカンフットボール選手として有望だった彼はオクラホマ州立大学からリクルーティングを受けて進学、奨学金を受けながらカレッジフットボールでプレーした。

1981年NFLドラフト5巡目全体119番目にワシントン・レッドスキンズに指名されて入団した。レッドスキンズでは9シーズンを過ごしその間に第17回スーパーボウル第22回スーパーボウルで優勝を味わった。1986年シーズンには18.5サックを記録してプロボウルに選出された。その後フェニックス・カージナルスタンパベイ・バッカニアーズでもプレーした。

1989年にNFLが実施している薬物テストに3回目の陽性反応が出たため出場停止処分を受けた。その後、4回目の陽性反応が出たため1991年12月12日、NFLから永久追放された[1]

彼はNFLで通算97.5サック(サックが公式記録となる前の1981年にも6サックを除く)を記録している[2]

オクラホマ州立大学で4年間学んだにも関わらず機能的非識字であることが1989年に明らかにされた [3]

NFLから追放処分を受けた後、カナディアン・フットボール・リーグオタワ・ラフライダーズで1993年、1994年とプレーした。その後1995年コカインの所持で逮捕された[4]

2002年にワシントン・レッドスキンズ創立70周年を記念した偉大な70人のレッドスキンズ選手の1人に選ばれている。

2006年6月21日にコロイド嚢胞の疑いから、10時間半に渡り脳の手術を受けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b PRO FOOTBALL; For Manley, Life Without Football Is Impossible to Tackle - ニューヨーク・タイムズ 1995年2月26日
  2. ^ Standing up for Manley”. espn.com (2002年1月31日). 2009年9月2日閲覧。
  3. ^ Views Of Sport; How Illiteracy Makes Athletes Run - ニューヨーク・タイムズ 1989年5月28日
  4. ^ Dexter Manley Arrested Again ワシントンポスト, 1995年3月5日 2009年9月2日閲覧

外部リンク[編集]