ピッチ・パーフェクト2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピッチ・パーフェクト2
Pitch Perfect 2
監督 エリザベス・バンクス
脚本 カイ・キャノン
原作
  • カイ・キャノン著
    『Characters created』
  • ミッキー・ラプキン著
    『Pitch Perfect: The Quest for Collegiate A Cappella Glory』
製作
  • エリザベス・バンクス
  • ポール・ブルックス
  • カイ・キャノン
  • マックス・ハンデルマン
  • ジェフ・レヴァイン
  • ジェイソン・ムーア
出演者
音楽
撮影 ジム・デナウルト
編集 クレイグ・アルパート
製作会社 Gold Circle Films
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開
  • 2015年4月20日 (2015-04-20) (ラスベガス プレミア公開)
  • 2015年5月15日 (2015-05-15) (アメリカ合衆国)
  • 2015年10月16日 (2015-10-16) (日本)
上映時間 115分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,900万ドル [2]
興行収入 28,300万ドル [3]
前作 ピッチ・パーフェクト
テンプレートを表示

『ピッチ・パーフェクト2』(Pitch Perfect 2) は2015年にエリザベス・バンクスによって制作と監督されたアメリカのミュージカル コメディ映画である。作品はミッキー・ラプキン著『Pitch Perfect: The Quest for Collegiate A Cappella Glory』を題材にした2012年公開作品『ピッチ・パーフェクト』の続編である。作品は架空のバーデン大学と全メンバー女性のア・カペラ合唱団ザ・ベラズを中心に展開する。作品はザ・ベラズのメンバーを演じるアナ・ケンドリックを中心に、レベル・ウィルソンヘイリー・ステインフェルドブリタニー・スノウ、ハナ・メイ・リー、エスター・ディーン、クリッシー・フィット、ケリー・ジャッキーとシェルリー・レグナーなどのキャストが脇を固める。アメリカ合衆国では2015年5月15日にユニバーサル・ピクチャーズ配給で公開された。

作品は比較的高評価を受け、28,200万ドルを収入し、公開5日で前作の合計収入額 (11,540万ドル) を超えた。また、ミュージカル・コメディ映画で『スクール・オブ・ロック』(13,130万ドル) を超え最も多く稼いだ作品となった[4]。続編『ピッチ・パーフェクト3』が2017年12月22日に公開[5]

内容[編集]

オバマ大統領の生誕記念式典でバーデン・ベラーズがパフォーマンス中に太っちょエイミー (演:レベル・ウィルソン) がエアリフティングのソロ中に吊り下がって性器を露出してしまう失態を犯し、どのア・カペラ大会に出場できなくなってしまった。ベラズのリーダーのベッカ・ミッチェル (演:アナ・ケンドリック) はもしベラズがア・カペラ世界大会で優勝すれば復活を認めるという条件を受ける。一方で、ベッカは隠れてレコーディングスタジオでインターンを始めていた。そのことを知るのは彼氏のジェシー・スワンソン (演:スカイラー・アスティン) だけである。ベッカはスヌープ・ドッグのクリスマスアルバム制作で披露した彼女のマッシュアップ技術でボスを感心させ、プロデューサーになるチャンスを与えられる。しかし、間も無く太っちょエイミーにバレ、ベッカに他のベラズのメンバーに打ち明けるよう言われる。

新入生エミリー・ジャンク (演:ヘイリー・ステインフェルド) がベラーズの 寮にオーディションのため立ち寄り、ベラーズがエミリーの母親キャサリン・ジャンクが元ベラーズのメンバーだと知ったとき入部を認める。その日の夜、ベラーズはトレブルメーカーズとパーティーがありベンジー (演:ベン・プラット) がエミリーにぎこちなく恋する。その後、ベラーズはライバルである威圧的なデュオのピエター・クラマー (演:フルラ・ボーグ) とコムミッサー (演:ビルヒッテ・ヒオート・ソレンセン) が率いる『ダス・サウンド・マシン』(DSM) を偵察するため自動車展示ショーに行く。そして、招待されたリフオフ会に出席し、エミリーが自分の歌を歌おうとし、DSMに最終決戦で負ける。

次の日、ベラーズは世界大会のための練習を兼ねてDSMのようなパフォーマンスを披露するが失敗に終わる。ベラーズらしさを取り戻すため、クロエ (演:ブリタニー・スノウ) がメンバーをオーブリー・ポセン (演:アンナ・キャンプ) が働くキャンプ場へ連れていく。キャンプアクティビティーにイライラしたベッカが網ネットの罠に引っかかる前にベラズと口論する。ベラズが何とかネットから出して、キャンプファイヤーで落ち着かせ、メンバーが夢や将来を語り合う。彼らはまた1つになり『Cups』を歌う。

ベラーズのOGと全メンバーが共にコペンハーゲンへ世界大会へと向かい、ジェシーとベンジーも応援に駆けつける。ベラズはエミリーのオリジナル曲をオーブリーとエミリーの母親を含むOGと披露し、優勝する。その後、エミリーはベラズOGによって正式な入会式を受ける。

エンドロールで、バンパーが『ザ・ヴォイス』でパフォーマンスを行う。

キャスト[編集]

ザ・バーデン・ベラーズ
  • ベッカ・ミッチェル
演 - アナ・ケンドリック
吹替 - 小林沙苗
大学4年生で、ベラーズをユニークな現代風なチームにした共同部長。レコードプロデューサーが将来の夢で、レコード会社のレジデュアル・ハートでインターンをしている。恋人は大学4年生でザ・バーデン・トレブルメーカーズの部長のジェシー・スワンソン。
  • パトリシア・"ファット・エイミー"
演 - レベル・ウィルソン
吹替 - 品田美穂
大学4年生のオーストラリア出身のメンバーで、バンパーが気になる人。
  • エミリー・ジャンク
演 - ヘイリー・ステインフェルド
吹替 - 清水理沙
コネで入部した新入生で作曲家が夢。彼女の母親もメンバーだった。
  • クロエ・ベル
演 - ブリタニー・スノウ
吹替 - 嶋村侑
大学5年生の律儀な性格で、ベラーズの共同部長。
  • ステイシー・コンラッド
演 - アレクシス・ナップ
吹替 - 織部ゆかり
大学4年生のメンバーで、性に開放的。
  • リリー・オナクラマ
演 - ハナ・マエ・リー
大学4年生で極小音の声、奇妙な振る舞いとドラムの音を出すメンバー。
  • シンシア=ローズ・アダムス
演 - エスター・ディーン
大学4年生でレズビアンのメンバー。
  • フロレンシア・"フロ"・フエンテス
演 - クリッシー・フィット
大学2年生のグアテマラからバーデン大学へ転校した時に入部した、大学4年生のメンバー。
  • ジェシカ
演 - ケリー・ジャッキー
大学4年生のメンバー。
  • アシュリー
演 - シェルリー・レグナー
大学4年生のメンバー。
他の登場人物
  • ジェシー・スワンソン
演 - スカイラー・アスティン
吹替 - 杉山大
トレブルメーカーズの部長で、ベッカの彼氏。
  • バンパー・アレン
演 - アダム・ディヴァイン
吹替 - 吉田ウーロン太[6]
太っちょエイミーが気になる人で、トレブルメーカーズの前部長でトーン・ハンガーズのリーダー。ジョン・メイヤーに仕えた後、バーデン大学の警備員として戻ってくる。
  • キャサリン・ジャンク
演 - ケイティ・セイガル
吹替 - 浅野まゆみ
エミリーの母親でベラズのOG。
  • オーブリー・ポセン
演 - アンナ・キャンプ
吹替 - 本名陽子
ベラズの前部長。卒業後は Lodge of Fallen Leaves (世捨て人のロッジ) を運営している。
  • ベンジャミン・"ベンジー"・アップルバウム
演 - ベン・プラット
大学4年生のトレブルメーカーズのメンバーで、エイミーの気になる存在。
  • コムミッサー
演 - ビルヒッテ・ヒオート・ソレンセン
ダス・サウンド・マシンのリーダー。
  • ピエター・クラマー
演 - フルラ・ボーグ
ダス・サウンド・マシンの副官で、コムミッサーの右腕。
  • トーン・ハンガーの歌手
演 - レジー・ワッツジョン・ホッジマンジェイソン・ジョーンズジョー・ロ・トゥルヒオ
  • ジョン・スミス
演 - ジョン・マイケル・ヒギンズ
吹替 - 青山穣
ア・カペラ大会のコメンテーター。
  • ゲイル・アバーナシー=マッカデン=フェインバーガー
演 - エリザベス・バンクス
吹替 - 魏涼子
ア・カペラ大会のコメンテーター。
演 - スヌープ・ドッグ本人
  • リフオフの主催者
演 - デヴィッド・クロス
  • レジデュアル・ハートのベッカの上司
演 - キーガン=マイケル・キー
  • ダックス
演 - ショーン・カーター・ピーターソン
レジデュアル・ハートのインターン
  • ベラズのOG
演 - ケザー・ドナフエC・J・ペリーロビン・ロバーツ
演 - すべて本人
  • クレイ・マシューズ
  • デヴィッド・バクフティアリ
  • ドン・バークレイ
  • ジョシュ・シットン
  • T・J・ラング
  • ジョーダン・ロジャース
演 - すべて本人
  • カナダ代表
演 - ペンタトニックス
  • インド代表
演 - ペン・マサラ
  • フィリピン代表
演 - ザ・フィルハーモニック

制作[編集]

2012年12月、スカイラー・アスティンが彼とレベル・ウィルソンユニバーサル・スタジオと続編の可能性について話し合ったと明かした[7]。2013年4月、続編が2015年に公開されることが決まった[8]エリザベス・バンクスが続編を監督し、ケイ・キャノンが脚本を担当した[9]。ポール・ブルックスがゴールド・サークル映画名義でバンクスとマックス・ハンデルマンと制作した[9]。デーク・シャロンがヴォイスプロデューサーとして再び担当した[10]。前作通り、キャストは撮影前に「ア・カペラ集中キャンプ」を行った[11]

キャスティング[編集]

アナ・ケンドリックとウィルソンが2014年初期に前作の続演で再参加した[12]ブリタニー・スノウも復帰した[13]。4月24日、クリッシー・フィットがキャストに加わった[14]

5月1日、ヘイリー・ステインフェルドがザ・バーデン・ベラズの新メンバー役でキャストに加わった[15]。5月5日、アダム・デヴァインが作品に復帰することが報じられた[16]。5月14日、ケイティ・セイガルがステインフェルドの母親役でキャストに加わった[17]

5月29日、フルラ・ボーグがキャストに加わった[18]。彼はベラズの敵でヨーロッパのア・カペラチームのダス・サウンド・マシンのリーダーを演じた[19]。2014年6月18日、クリストファー・シェパードの出演が決まった[20]

2014年6月19日、ペンタトニックスがザ・バーデン・ベラズの敵チーム役で出演することが決まった[21]。その後、『The Sing Off』シーズン4で参加したザ・フィルハーモニックがフィリピンの対戦チームとしてカメオ出演することが確認された[22]。2014年8月24日、ペンシルベニア大学で活動する全メンバー男子でヒンディー語のア・カペラ値チームで、監督エリザベス・バンクスと制作マックス・ハンデルマンが気にかけたペン・マサラが[23]、東南アジアからのチーム役として出演することが発表された[24]。6月25日、ビルヒッテ・ヒオート・ソレンセンがキャストに加わった[25]

撮影[編集]

2014年5月21日に、主な撮影はバトンルージュにあるルイジアナ州立大学で開始された[26]

音楽[編集]

2014年12月3日、マーク・マザーズボー作品用の音楽の作曲のために雇われた[27]。サウンドトラックは2015年5月12日に発売された[28]

アルバムは発売された週末の2015年5月17日に107,000枚分 (ディスク分は92,000枚) 売り上げ、Billboard 200で初登場1位を記録した[29]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「Universal Fanfare」  
2. 「Kennedy Center Performance (We Got the World/Timber/America The Beautiful/Wrecking Ball)」   ザ・バーデン・ベラズ
3. 「Lollipop」   ザ・トレブルメーカーズ
4. 「Car Show (Uprising/Tsunami)」   ダス・サウンド・マシン
5. 「Winter Wonderland/Here Comes Santa Claus」  
6. 「Riff Off (Thong Song/(Shake, Shake, Shake) Shake Your Booty/Low/Bootylicious/Baby Got Back/Live Like You Were Dying/Before He Cheats/A Thousand Miles/We Are Never Ever Getting Back Together/What's Love Got to Do with It/This Is How We Do It/Doo Wop (That Thing)/Poison/Scenario/Insane in the Brain)」  
7. 「Jump」  
  • ダス・サウンド・マシン
  • トーン・ハンガー
  • ザ・トレブルメーカーズ
  • グリーンベイ・パッカーズ
8. 「Convention Performance (Promises/Problem)」   ザ・バーデン・ベラズ
9. 「Back to Basics (Boogie Woogie Bugle Boy/You Can't Hurry Love/Lady Marmalade/MMMBop/My Lovin' (You're Never Gonna Get It))」   ザ・バーデン・ベラズ
10. 「Cups ("When I'm Gone")」   ザ・バーデン・ベラズ
11. 「We Belong」  
12. Any Way You Want It (World Championship Medley)」  
  • ペンタトニックス
  • フィルハーモニック
  • ザ・カンタスティコス
  • ザ・シングボクス
  • ペン・マサラ
13. 「World Championship Finale 1 (My Songs Know What You Did in the Dark (Light Em Up)/All I Do Is Win)」   ダス・サウンド・マシン
14. 「World Championship Finale 2 (Run the World (Girls)/Where Them Girls At/Lady Marmalade/We Belong/Timber/Flashlight)」   ザ・バーデン・ベラズ
15. 「Crazy Youngsters」   エスター・ディーン
16. Pitch Perfect 2 End Credit Medley」   マーク・マザーズボー
17. 「Flashlight」   ジェシー・J
18. 「All of Me (Bumper's Audition)」   アダム・デヴァイン
順位
順位 (2015年度) 最高
順位
オーストラリア (ARIA)[32] 3
オーストリア (Ö3 Austria)[33] 11
ベルギー (Ultratop Flanders)[34] 144
カナダ (Billboard)[35] 3
ドイツ (Offizielle Top 100)[36] 12
ニュージーランド (RMNZ)[37] 8
スイス (Schweizer Hitparade)[38] 26
US Billboard 200[39] 1

公開[編集]

作品は2015年5月7日にオーストラリアとニュージーランドで公開され、5月15日にアメリカ合衆国とカナダで公開された[40]

マーケティング[編集]

リハーサル風景が2014年5月16日に公開された[41]。ポスターは2014年11月18日に発表され、翌日予告編も公開された。予告編第2弾は2015年2月1日のスーパーボウル中に放送された[42]

ホームメディア[編集]

エリザベス・バンクス監督はDVD発売のためにトレブルメーカーズによる追加パフォーマンスを撮影したと述べた。またDVDには削除シーンが追加される[43]。2015年5月20日にFXネットワークがアメリカ国内の放映権を得たと発表された[44]

『ピッチ・パーフェクト2』のBlu-ray と DVD はアメリカで2015年9月22日に発売され[45]、追加ボーナス特典を収録したターゲット限定版も同じ日に発売される[46]

興行[編集]

興行収入[編集]

『ピッチ・パーフェクト2』は北米で18,380万ドル、他の地域で9,820万ドルで、制作費用2,900万に対し全世界で28,200万ドル稼いだ[3]。公開5日で、前作の興行収入 (11,540万ドル) を超えた。また『スクール・オブ・ロック』(13,130万ドル) が記録していたミュージカル/コメディ映画での最も稼いだ興行収入を超えた[4]

北米[編集]

『ピッチ・パーフェクト2』は木曜の夜の先行上映で460万ドル、公開初日に27,800万ドル収めた。この額は前作より多く、公開初週末の予想収入額を40,000万ドルから64,000万ドルへと増加させた[47]

公開初週末で、作品は69,200万ドル収め、興行収入で1位を記録した[48]。この公開初週末の収入額は北米での前作の合計収入額 (6,500万ドル) より多く、PG-13 のコメディ映画のオープニング成績で第3位で (2007年公開の『ザ・シンプソンズ MOVIE』の7,400万ドルと2002年公開の『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』の7,300万ドルに次す)、ミュージカル映画で最も多く稼いだ[49]

他の地域[編集]

作品はオーストラリアとニュージーランドでそれぞれ760万ドルと120万ドルを収め、公開第1位を記録した[50]。2015年7月10日 (2015-07-10)現在、作品はオーストラリアで2,210万ドル、イギリスで2,730万ドルとニュージーランドで270万ドルを収めている。

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesで、154のレビューと平均レート 6/10 を元に作品の新鮮度は 66% であった。サイトの見解としては「『ピッチ・パーフェクト2』は優しいコメディな音色を唱えているが、前作ほど高音を出せていない」としている[51]Metacriticで、作品は39の批評を元に100点中63点を得て、『比較的好意的』であった[52]

CinemaScoreが公開初週に行った投票で、観客は『ピッチ・パーフェクト2』に A+ から F の範囲で平均 A- を与えた[53]

受賞[編集]

映画賞 対象 結果
2016 2016 米メイク&ヘアスタイリスト組合賞[54] 長編映画部門 現代ヘアスタイリング賞 受賞
2016 キッズ・チョイス・アワード[55] お気に入りの映画 未決定
お気に入りの映画女優 アナ・ケンドリック 未決定
レベル・ウィルソン 未決定
MTVムービー・アワード 2016 [56] 最優女優賞 アナ・ケンドリック 未決定

続編[編集]

第2作目が公開される1カ月前の2015年4月11日、レベル・ウィルソンが第3作目に、ケンドリックや他の出演者が続演するのか知らないまま出演することが発表された。また何も確認されないまま『太っちょエイミーのスピンオフ版』であるとされた[57]

監督、出演と制作を担当したエリザベス・バンクスは第3作の可能性を認め「誰も『ピッチ・パーフェクト3』の可能性について話していないといえばウソになるわね。私たちは本気で今作のために座ってくれるケツを多く捕まえることに集中しているの。もしファンが今作を受け入れてくれたら、真面目に旅がどう続いていくのか考えていくけど、まだどんな風なのかはわからないわね」と述べた[58]

2015年6月10日、第3作目が公式にカイ・キャノンが脚本を務め、制作されることが決まった[59]。数日後、作品は2017年7月21日に公開され、ケンドリックとウィルソンが続演することが発表された[5]。7月28日、ブリタニー・スノウも続演することが決まった[60]

参考文献[編集]

  1. ^ PITCH PERFECT 2 (12A)”. British Board of Film Classification (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  2. ^ Brent Lang (2015年5月7日). “Box Office: ‘Mad Max: Fury Road,’ ‘Pitch Perfect 2′ Eye $40 Million Openings”. 'Variety'. (Penske Media Corporation). 2015年5月8日閲覧。
  3. ^ a b Pitch Perfect 2 (2015)”. Box Office Mojo. 2015年8月6日閲覧。
  4. ^ a b List of Top Grossing Music Comedy Films, 1984-Present”. Box Office Mojo. 2014年12月13日閲覧。
  5. ^ a b Anita Busch. “‘Pitch Perfect 3′ Gets Summer 2017 Bow; Anna Kendrick, Rebel Wilson Back - Deadline”. Deadline. 2015年8月9日閲覧。
  6. ^ 前作で声を担当した桜塚やっくんは2013年に死去している。
  7. ^ Orange, B. Alan (2012年12月19日). “EXCLUSIVE: Pitch Perfect 2 in the Works; Rebel Wilson to Return”. MovieWeb.com. 2015年5月16日閲覧。
  8. ^ Smith, Grady (2013年4月16日). “'Pitch Perfect' sequel coming in 2015”. Entertainment Weekly. 2013年6月14日閲覧。
  9. ^ a b Kroll, Justin (2014年1月27日). “Elizabeth Banks to Direct 'Pitch Perfect 2'”. Variety. PMC. 2014年1月27日閲覧。
  10. ^ Profile, indystar.com, February 25, 2015; accessed May 16, 2015.
  11. ^ “Pitch Perfect 2 – Featurette: "Aca-Bootcamp" (HD)”. YouTube. (2015年5月5日). https://www.youtube.com/watch?v=0WQvGemmT68&feature=youtu.be 
  12. ^ Highfill, Samantha (2014年2月6日). “Anna Kendrick, Rebel Wilson will return for 'Pitch Perfect 2'”. Entertainment Weekly. 2014年2月7日閲覧。
  13. ^ Bahr, Lindsaay (2014年2月14日). “Casting Net: Brittany Snow is back for 'Pitch Perfect 2'; Plus, Jessica Alba, more”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2014/02/14/casting-net-snow-alba 2014年2月15日閲覧。 
  14. ^ “Chrissie Fit Cast In ‘Pitch Perfect 2′”. deadline.com. (2014年4月24日). http://www.deadline.com/2014/04/pitch-perfect-2-casting-chrissie-fit-monster-trucks-tucker-albrizzi-shohreh-aghdashloo 2014年4月25日閲覧。 
  15. ^ “Hailee Steinfeld Joining Pitch Perfect 2”. vulture.com. (2014年5月1日). http://www.vulture.com/2014/05/hailee-steinfeld-joining-pitch-perfect-2.html 2014年5月1日閲覧。 
  16. ^ Strecker, Erin (2014年5月5日). “Adam DeVine will return for 'Pitch Perfect 2'”. ew.com. http://insidemovies.ew.com/2014/05/05/adam-devine-pitch-perfect-2 2014年5月7日閲覧。 
  17. ^ Kroll, Justin (2014年5月14日). “Katey Sagal Joins Cast of ‘Pitch Perfect 2′”. variety.com. http://variety.com/2014/film/news/katey-sagal-pitch-perfect-2-1201181107/ 2014年5月15日閲覧。 
  18. ^ Yamato, Jen (2014年5月29日). “‘Pitch Perfect 2′ Adds German YouTuber Flula Borg”. deadline.com. http://www.deadline.com/2014/05/pitch-perfect-2-flula-borg 2014年5月30日閲覧。 
  19. ^ Game On, Pitches!”. Entertainment Weekly & Time Inc. (2014年11月21日). 2014年11月24日閲覧。
  20. ^ Banks, Elizabeth (2014年6月20日). “‘Pitch Perfect 2′ Extra: Christopher Shepard!!! This is a mash up of Pitch Perfect 2 and The Hunger Games. Amazing crowd, THANK YOU.”. deadline.com. http://www.elizabethbanks.com/post/89562970005/this-is-a-mash-up-of-pitch-perfect-2-and-the 2014年6月20日閲覧。 
  21. ^ Pentatonix to appear in Pitch Perfect 2, insidemovies.ew.com; accessed May 16, 2015.
  22. ^ Rebecca Ford. “'Pitch Perfect 2' Adds 'The Sing-Off' A Cappella Group The Filharmonic (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2015年5月18日閲覧。
  23. ^ Lim, Eunice (2014年8月24日). “The South Asian a cappella group is the only real collegiate performance group in the movie”. The Daily Pensylvanian. http://www.thedp.com/article/2014/08/penn-masala-in-pitch-perfect-2 2015年5月8日閲覧。 
  24. ^ Tauber, Michelle; Price, Lydia (2015年5月13日). “Pitch Perfect 2: All the Details Behind UPenn's A Cappella Group Cameo”. People.com. http://www.people.com/article/penn-masala-pitch-perfect-2-max-handelman-upenn?xid=rss-topheadlines 2015年5月18日閲覧。 
  25. ^ Yamato, Jen (2014年6月25日). “‘Pitch Perfect 2′ Taps Danish Import Birgitte Hjort Sørensen”. deadline.com. http://www.deadline.com/2014/06/pitch-perfect-2-taps-danish-import-birgitte-hjort-sorensen-india-eisley-laura-allen-cam-gigandet-join-sitter-cam 2014年6月26日閲覧。 
  26. ^ Christine (2014年5月20日). “‘Pitch Perfect 2′ is filming at LSU tomorrow with lots of extras”. onlocationvacations.com. http://www.onlocationvacations.com/2014/05/20/pitch-perfect-2-is-filming-at-lsu-tomorrow-with-lots-of-extras 2014年5月26日閲覧。 
  27. ^ “Mark Mothersbaugh to Score ‘Pitch Perfect 2′”. filmmusicreporter.com. (2014年12月3日). http://filmmusicreporter.com/2014/12/03/mark-mothersbaugh-to-score-pitch-perfect-2 2014年12月14日閲覧。 
  28. ^ Pitch Perfect 2 official soundtrack, itunes.apple.com; accessed May 16, 2015.
  29. ^ Keith Claufield (2015年5月20日). “'Pitch Perfect 2' Soundtrack Debuts at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. (Prometheus Global Media). 2015年5月20日閲覧。
  30. ^ iTunes – Music – Pitch Perfect 2 (Original Motion Picture Soundtrack) by Various Artists”. iTunes. 2015年5月16日閲覧。
  31. ^ Spotify”. spotify.com. 2015年5月16日閲覧。
  32. ^ "Australiancharts.com – Soundtrack – Pitch Perfect 2". Hung Medien. 2015年5月16日閲覧。
  33. ^ "Austriancharts.at – Soundtrack – Pitch Perfect 2" (in German). Hung Medien. 2015年5月30日閲覧。
  34. ^ "Ultratop.be – Soundtrack – Pitch Perfect 2" (in Dutch). Hung Medien. 2015年5月24日閲覧。
  35. ^ "Soundtrack – Chart history" Billboard Canadian Albums Chart for Soundtrack. 2015年5月30日閲覧。
  36. ^ "Longplay-Chartverfolgung at Musicline" (in German). Musicline.de. Phononet GmbH. 2015年5月24日閲覧。
  37. ^ "Charts.org.nz – Soundtrack – Pitch Perfect 2". Hung Medien. 2015年5月30日閲覧。
  38. ^ "Swisscharts.com – Soundtrack – Pitch Perfect 2". Hung Medien. 2015年5月24日閲覧。
  39. ^ "Soundtrack – Chart history" Billboard 200 for Soundtrack. 2015年5月30日閲覧。
  40. ^ “IMDb Pitch Perfect 2”. http://www.imdb.com/title/tt2848292/ 2015年2月1日閲覧。 
  41. ^ Anderton, Ethan (2014年5月16日). “First Look: Anna Kendrick & Barden Bellas Back in 'Pitch Perfect 2'”. firstshowing.net. http://www.firstshowing.net/2014/first-look-anna-kendrick-barden-bellas-back-in-pitch-perfect-2/ 2014年5月16日閲覧。 
  42. ^ Super Bowl Official Trainer. https://www.youtube.com/watch?v=Si9U9dMJ_WE 
  43. ^ Elizabeth Banks talks accessed 5/17/2015
  44. ^ Denise Petski. “‘Pitch Perfect 2′ Heads To FX — Network Lands Exclusive TV Rights – Deadline”. Deadline. 2015年7月8日閲覧。
  45. ^ Pitch Perfect 2 Blu-ray”. 2015年7月8日閲覧。
  46. ^ Pitch Perfect 2 Target edition Blu-ray”. 2015年7月8日閲覧。
  47. ^ Pitch Perfect 2 blows away Mad Max and heads for $64 million debut, thewrap.com; accessed May 17, 2015.
  48. ^ ‘Pitch Perfect 2′ Makes $69.2 Million After Final Box Office Numbers Released, Variety; accessed May 18, 2015
  49. ^ Box office report: Pitch Perfect 2 earns biggest movie musical opening ever, Entertainment Weekly; accessed May 18, 2015
  50. ^ Nancy Tartaglione (2015年5月10日). “‘Pitch Perfect 2′ Sings, Soars Down Under; ‘Ultron’ Adds $68.3M – Intl Box Office”. Deadline.com. (Penske Media Corporation). 2015年5月10日閲覧。
  51. ^ Pitch Perfect 2”. Rotten Tomatoes. 2015年8月7日閲覧。
  52. ^ Pitch Perfect 2”. Metacritic. 2015年5月17日閲覧。
  53. ^ Box Office: Pitch Perfect 2 Pitch-Slaps Mad Max: Fury Road”. comingsoon.net. 2015年5月19日閲覧。
  54. ^ 「マッドマックス 怒りのデスロード」がメイク&ヘアスタイリスト組合賞2冠”. 映画.com (2016年2月23日). 2016年2月24日閲覧。
  55. ^ 『アベンジャーズ』が最多5部門!2016年キッズ・チョイス・アワードノミネーション発表(1/2)”. シネマトゥデイ (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  56. ^ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』最多11部門!MTVムービーアワードノミネーション発表”. シネマトゥデイ (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  57. ^ 'Pitch Perfect 3' in the Works; Rebel Wilson to Return”. Collider.com. Complex Media (2015年4月11日). 2015年5月17日閲覧。
  58. ^ Elizabeth Banks talks Pitch Perfect 3 accessed 5/17/2015
  59. ^ / Pitch Perfect 3 Announced accessed 6/10/2015
  60. ^ Brittany Snow Set to Return for ‘Pitch Perfect 3′”. 'Variety'. (Penske Media Corporation) (2015年7月28日). 2015年8月7日閲覧。

外部サイト[編集]