ルーカス・オイル・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーカス・オイル・スタジアム
LucasOil.JPG
施設情報
所在地 500 South Capitol Avenue
Indianapolis, Indiana 46225
起工 2005年9月20日
開場 2008年8月16日
所有者 Indiana Stadium and Convention Building Authority[1]
運用者 Capital Improvement Board
グラウンド 人工芝(FieldTurf:2008年 - 現在)[2]
建設費 7億2000万ドル
設計者 HKS社
A2so4 Architecture[3]
構造設計者 Walter P Moore/Fink Roberts & Petrie[4]
総合建設者 Hunt/Smoot/Mezzetta[5]
使用チーム、大会
インディアナポリス・コルツNFL)(2008年 - 現在)
収容能力
63,000人(アメリカンフットボール)
70,000人(バスケットボール)

ルーカス・オイル・スタジアム(Lucas Oil Stadium)はインディアナ州インディアナポリスにある屋内スタジアム。

概要[編集]

2008年に完成。NFLインディアナポリス・コルツの新本拠地でもある。当初は「インディアナ・スタジアム」と名付けられる予定だったが、ルーカス・オイル命名権を取得した。

同スタジアムの収容人数は63,000名で、スーパーボウル開催の基準に満たしており、2012年第46回スーパーボウルが同地で開催することが決定した。 (ニューヨーク・ジャイアンツニューイングランド・ペイトリオッツを下し、4度目のスーパーボウル優勝を決めた。MVPはイーライ・マニング(NYG)が受賞。) また、2010年にはNCAA男子バスケットボールトーナメントのファイナルフォーが行われた。2015年と2021年の開催も決定している。2008年以降はバンド・オブ・アメリカとドラムコーの大会が行われる。

脚注[編集]

  1. ^ About ISCBA”. State of Indiana. 2012年1月10日閲覧。
  2. ^ “If You Build It...”. インディアナポリス・スター. http://www2.indystar.com/users/factfiles/landmarks/0423_stadium_graphic.pdf 2012年1月10日閲覧。 
  3. ^ publisher=A2SO4 Lucas Oil Stadium”. 2012年1月10日閲覧。
  4. ^ Lucas Oil Stadium”. Emporis. 2012年1月10日閲覧。
  5. ^ Facts and Information”. Lucas Oil Stadium (2008年). 2012年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
前本拠地:
RCAドーム
1984 - 2007
インディアナポリス・コルツの本拠地
2008 - 現在
次本拠地:

-
先代:
カウボーイズ・スタジアム
スーパーボウル会場
XLVI 2012年
次代:
ルイジアナ・スーパードーム
先代:
フォード・フィールド
AT&Tスタジアム
ニュー・アトランタ・スタジアム
ファイナルフォー会場
2010
2015
2021
次代:
NRGスタジアム
NRGスタジアム
未定