可児市文化創造センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
可児市文化創造センター
Kani public arts center
Kani Public Arts Center-4.JPG
情報
設計者 香山壽夫建築研究所[1]
施工 西松・中島・新興特別共同企業体[1]
事業主体 可児市
管理運営 公益財団法人可児市文化芸術振興財団
敷地面積 33,554.72 m²
建築面積 8,743.29 m²
延床面積 18,410.87 m²
駐車台数 437台
竣工 2002年(平成14年)
所在地 509-0203
岐阜県可児市下恵土3433-139
座標 北緯35度25分41.42秒 東経137度2分31.31秒 / 北緯35.4281722度 東経137.0420306度 / 35.4281722; 137.0420306
テンプレートを表示

可児市文化創造センター(かにしぶんかそうぞうセンター)は、岐阜県可児市にある文化普及支援施設である。指定管理者制度により公益財団法人可児市文化芸術振興財団が管理運営を行なっている。

愛称「ala(アーラ)」はイタリア語で「翼」を意味する。シンボルマークもこの翼をモチーフにしたものである。

こけら落とし公演は和泉元彌が行なったが、当日は和泉のダブルブッキングが話題となり[2]、全国からマスコミが駆けつけ、市の名を知られるニュースとなった。

概要[編集]

主劇場 「宇宙(そら)のホール」
  • 客席収容人数
基本型 1,019席(1階席=691席、2階席=161席、3階席=167席)
オーケストラピット型 876席(1階席=548席、2階席=161席、3階席=167席)
  • 舞台寸法
プロセニアム型 主舞台=14.5x14.5m、前舞台使用時奥行=36.0m
コンサート型 主舞台=幅18x奥行10.5m、前舞台使用時奥行=15.7m、オーケストラピット=89m2
小劇場 「虹のホール」
  • 客席収容人数
プロセニアム型 311席(1階席=263席、2階席=48席)
スラストステージ型 221席(1階席=173席、2階席=48席)
  • 舞台寸法
プロセニアム型 主舞台=9.0x9.0m、前舞台=幅6.3x奥行7.4m
コンサート型 主舞台=幅17.0x奥行10.0m
その他の施設
Kani Public Arts Center-6.JPG

GF

  • 映像シアター 
  • 演劇練習室
  • 音楽練習室 3室
  • 木工作業室

1F

  • 美術ロフト
  • 演劇ロフト
  • 音楽ロフト
  • ギャラリー/インフォメーション/情報コーナー

2F

  • レセプションホール
  • ワークショップルーム(洋)
  • ワークショップルーム(和)
  • 創造スタッフ室
  • デジタルアート工房

所在地[編集]

  • 岐阜県可児市下恵土3433-139

公共交通機関[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 作品詳細”. 新建築 Online. 2013年8月25日閲覧。
  2. ^ 和泉元彌“世紀の大移動”を迫真リポート”. ZAKZAK (2002年7月27日). 2015年1月5日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]