エースデュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社エースデュース
ACEDEUCE inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
103-0023
東京都中央区日本橋本町1-9-4
DAIWA日本橋本町ビル8F
設立 1990年6月14日
業種 サービス業
代表者 破産管財人 河野慎一郎
資本金 8000万円
発行済株式総数 7055株
売上高 4億6126万9000円(2009年9月期)
営業利益 △1億5157万6000円(2009年9月期)
純利益 △1億4722万6000円(2009年9月期)
純資産 △5251万2000円(2009年9月期)
総資産 4億6665万2000円(2009年9月期)
従業員数 5人(2009年9月30日現在)[1]
決算期 9月30日
主要株主 A.P.F.ホールディングス株式会社 100%
(2010年3月9日時点)
外部リンク http://www.acedeuce.co.jp/[リンク切れ]
テンプレートを表示

株式会社エースデュース英語: ACEDEUCE inc.)は、かつて映画製作、配給および放送番組、録音物の制作、販売、タレントマネジメントを行っていた日本の企業。

概要・沿革[編集]

元は株式会社エースデュースエンタテインメント株式会社エースデュースアドベンチャーズ株式会社エースデュースコードの3社で構成された企業グループ・「エースデュースグループ」であった[2]

2005年(平成17年)9月20日、3社ともが株式会社ウェッジホールディングスの完全子会社となった[3]

2007年(平成19年)1月1日、株式会社エースデュースアドベンチャーズが株式会社エースデュースエンタテインメントに吸収合併された[4]

2008年(平成20年)10月1日、株式会社エースデュースエンタテインメントと株式会社エースデュースコードが合併し、株式会社エースデュースとなった[5]

2010年(平成22年)3月9日、株式会社エースデュースの全株式が株式会社ウェッジホールディングスの親会社であったA.P.F.ホールディングス株式会社に譲渡された[1]。同年12月3日、東京地裁は株式会社エースデュースの破産手続き開始を決定した[6]。破産手続は2014年(平成26年)に終結した[7]

製作作品[編集]

  • ロックンロール★ダイエット
  • ハード・リベンジ、ミリー
  • THE MASKED GIRL 女子高生は改造人間
  • 聖白百合騎士団
  • 少林老女
  • どこに行くの?
  • 漫画喫茶都市伝説呪いのマンナさん
  • 斉藤工のプライベートジャーニー

流通作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 子会社の譲渡(異動)及び債権移動のお知らせウェッジホールディングス 2010年3月9日(2010年12月26日のキャッシュ)
  2. ^ エースデュースグループ. “会社情報サイト”. エースデュースグループ. 2005年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月19日閲覧。
  3. ^ 簡易株式交換による株式会社エースデュースエンタテインメント、株式会社エースデュースアドベンチャーズ及び株式会社エースデュースコードの完全子会社化に関するお知らせ (PDF)”. ウェッジホールディングス (2005年7月29日). 2018年9月19日閲覧。
  4. ^ ウェッジホールディングス (2006年11月17日). “合併に関するお知らせ (PDF)”. ウェッジホールディングス. 2018年9月19日閲覧。
  5. ^ ウェッジホールディングス (2008年5月30日). “子会社の合併に関するお知らせ (PDF)”. 株主プロ. 2018年9月19日閲覧。
  6. ^ 官報 (2010年12月13日). “平成22年(フ)第19615号 株式会社エースデュース”. 破産データバンク. 2018年9月19日閲覧。
  7. ^ 官報 (2014年3月3日). “平成22年(フ)第19615号 株式会社エースデュース”. 破産データバンク. 2018年9月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]