ノート:羽賀研二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このページは一度削除されています。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/羽賀研二をご覧ください。


「ちなみに宗教団体摂理の教祖である鄭明析(チョンミョンソク)はミスチルのボーカル桜井和寿と瓜二つなことから一躍脚光を浴びる。」ってこれって俗に言う荒らしですよね。それでしたらアンサイクロペディア二記入することをお勧めします。ここは中立的な観点を持って記入することをして欲しいのに、削除か半保護の記事にするようにお願いします。--ジョアン・ハロルド 2006年9月27日 (水) 23:40 (UTC)

近親者の出自について[編集]

本人ではない、親族の出自が掲載を認める度にコメントアウト形式で対応しておりますが、本人も公表していない親族の出自にまつわる記述はプライバシー抵触の虞が十二分にあると考えます。今後も続くようであれば特定版削除のうえ保護、もしくは半保護措置を依頼する所存です。どうぞ、御理解くださいますようお願い申し上げます。--Sandra-horn 2007年8月13日 (月) 16:05 (UTC)

特定版を削除依頼に提出致しました。--Sandra-horn 2007年8月13日 (月) 17:22 (UTC)

「羽賀研二詐欺恐喝未遂事件」への分割を提案します[編集]

シンポジウム「検察・世論・冤罪Ⅱ」、まずはその裏話からシンポジウム「検察・世論・冤罪Ⅱ」 羽賀事件を検証するシンポジウム「検察・世論・冤罪Ⅱ」 検察の論理vs弁護の論理をみると、経済事件の評論でしられる郷原信郎弁護士が冤罪事件として重大視しているようで、上告したとなると詐欺や恐喝で重要な判例がでる可能性があるので独立した記事にした方がいいとおもいますがいかかでしょうか。--Rikumio 2011年6月28日 (火) 14:32 (UTC)

異論がないようなので分割します。--Rikumio 2011年7月6日 (水) 00:00 (UTC)