新釈 眞田十勇士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新釈 眞田十勇士』(しんしゃくさなだじゅうゆうし)は、WOWOW2005年5月7日 - 2005年7月23日まで放送されたアニメ作品。全12話。『真田十勇士』を元にしている。

なお、タイトルが『新釈 戦国英雄伝説 眞田十勇士』と表記されていることがあるが、誤表記。メインタイトルが『新釈 眞田十勇士』であり、「戦国英雄伝説」は、いわゆる肩タイトルである(『戦国英雄伝説 新釈 眞田十勇士』)。

概要[編集]

物語は、「上田篇」、「九度山篇」、「大坂篇」の3つで構成されている。従って、第2部から製作・放送されたことになる。これは、第2部にならないと10人揃わないためである。また、特番「上田城攻防」は第1部の一部にあたる話である。

本来は全24話の予定で製作が開始されたが、後半12話に関しては不明である。後半の制作に入れない理由は明らかにされていない。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 河中志摩夫
  • 監督・キャラクターデザイン - 清水恵蔵
  • 助監督 - 上野史博
  • 総作画監督 - 清水恵蔵(プロローグエピソード)、宍倉敏(第1話から)
  • 美術監督 - 中原英統(プロローグエピソード)、勝又激(第1話から)
  • 色彩設計 - 西川裕子(プロローグエピソード)、佐藤直子(第1話から)
  • 撮影監督 - 岡崎英夫(プロローグエピソード)、斉藤めぐみ(第1話から)
  • 編集 - 米山宏造(プロローグエピソード)、岡祐司(第1話から)
  • 音楽 - 中島優貴
  • 音響監督 - 明田川進
  • アニメーションプロデューサー - 川人憲治郎(第1話から)、黒木健一(第1話から)
  • プロデューサー - 田原正聖、小林敬治(第1話から)、北浦宏之(第1話から)
  • アニメーション制作 - T.P.O(プロローグエピソード)、グループ・タック(第1話から)、G&G(第1話から)
  • 製作 - 「新釈 眞田十勇士」製作委員会(ファイブ・エース、ティー・ピー・オー)

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「新釈 眞田十勇士・序奏」(プロローグエピソード)
作曲 - 小椋佳 / 編曲 - 長内悟
「刹那」(第1話から)
作曲 - 上妻宏光 / 編曲 - 笹路正徳 / 演奏 - 上妻宏光
エンディングテーマ
「志」
作詞・作曲・歌 - 小椋佳 / 編曲 - 長内悟

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
プロローグ 上田城攻防 河中志摩夫 清水恵蔵 榎本守 桝井一平
茅野京子
第1話 関ヶ原の戦い(前篇) 石山タカ明 茅野京子
第2話 関ヶ原の戦い(中篇) 石山タカ明
上野史博
中島豊秋 平野絵美
第3話 関ヶ原の戦い(後篇) 前島健一 洪憲杓 飯飼一幸
能地清
高乗陽子
第4話 流転生死 鈴木幸雄
土屋日
白石道太 花輪ひろあき
YANG BYUNG KIL
第5話 誕生 土屋日
森田浩光
白石道太
山口武志 高乗陽子
第6話 勇士の旅立ち 森田浩光
白石道太
榎本守 茅野京子
第7話 霧隠 鈴木幸雄 中島豊秋 平野絵美
第8話 関白秀次の女(むすめ) 洪憲杓 能地清
谷口守泰
第9話 家康暗殺計画 鈴木幸雄 KIM MIN SU HA HYUN JO
第10話 厭離穢土 欣求浄土 石平信司 岡崎幸男 水川弘理
第11話 九度山の客 江上潔 榎本守 茅野京子
第12話 秘密 森田浩光 中島豊秋 平野絵美

放送期間[編集]

放送局 放送期間 放送日時 その他
WOWOW 2005年5月7日 - 7月23日 土曜 19:00 - 19:30
(リピート放送あり)
2005年1月29日・5月6日に60分のプロローグエピソード「上田城攻防」を放送
アニマックス 2006年6月7日 - 8月23日 水曜 23:00 - 24:00
(リピート放送あり)
2006年6月4日にプロローグエピソード「上田城攻防」を放送
とちぎテレビ 2016年1月7日 - 3月24日 木曜 17:30 - 18:00

小説[編集]

  • 小説版 新釈眞田十勇士 - 上田篇 <1> (著者: 河中志摩夫 / 出版社:アートディズ/発行年月: 2006年12月 / ISBN 978-4-86119-068-1

設定の変更[編集]

猿飛佐助が赤子の時、カプセルに乗せられ地球に落ちてきた宇宙人で、超能力が使えるという設定や、由利鎌之助をイワン雷帝の圧政から日本に亡命したロシア人の末裔であると云う設定等、それまでの真田十勇士とは違った展開がなされている(ただし、十勇士に外国人を入れる先例はある。真田十勇士 (NHK人形劇)真田十勇士 (本宮ひろ志)を参照。また、1979年の東映映画『真田幸村の謀略』では、猿飛佐助が宇宙人という設定になっている )。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]