出浦盛清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

出浦 昌相(いでうら まさすけ、天文15年(1546年) - 元和9年8月18日1623年9月12日[1])は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。真田氏の家臣。主水佐、上総介(守)、対馬守。信濃国埴科郡出浦(現坂城町)の生まれ。実名について『御家中系図』の幸久(ゆきひさ)・『本藩名士小伝』の頼幸(よりゆき)は誤りである[2]とされるが、長野県内の出浦家墓所、子孫による石碑及び群馬県内の寺の位牌には幸久とある。清和源氏信濃村上氏の一族である出浦盛清(出浦対馬守)の子とされ、更級郡の上平城主(出浦城主)や、上州岩櫃城代などを務めた。江戸時代後期に松代藩の家老を務めた河原綱徳が記した『本藩名士小伝』の記載に甲州透破忍者)の棟梁とあり、忍者として知られるが、後述の忍城攻めにおける活躍を「忍」と誤伝された可能性が指摘されている[3]

生涯[編集]

村上義清武田信玄に敗れ、越後に逃れると武田家に臣従し、甲州透破(忍者)を統率した。武田氏滅亡後は織田信長家臣の森長可に属し、本能寺の変の後、長可が海津城から撤退を図った際には、長可配下の信濃国衆たちはほぼ全員が長可を裏切ったが、昌相は撤退に協力した。長可は深く感謝し、別れる際に脇差を与えたという。

その後、天正11年(1583年)から真田昌幸真田信之に仕え、小県郡武石村に30貫文を領し、吾妻奉行を拝命した。更級郡上平城主を務め、岩櫃城では最後の城代を務めている。横谷左近とともに吾妻忍び衆を統率して活躍。天正18年(1590年)6月、豊臣秀吉関東平定では真田軍として北条方が守る忍城攻め(忍城の戦い)でも活躍した。

松代藩では忍者の頭領となり、武者奉行にもなった。慶長7年(1602年)より父の出浦盛清と同じ出浦対馬守を称している。関ヶ原合戦後は、上州吾妻郡原町(現東吾妻町)に住み、 元和9年(1623年)に78歳で死去。

子の出浦幸吉は、松代藩で1000石を領する家老となっている。

エピソード[編集]

敵城へ配下の透破を潜入させる際、それより先に自分が忍びに入って探索し、配下の透破の報告の正確度を確認するといった逸話が残されている。

登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 丸島和洋 2015, pp. 280.
  2. ^ 丸島和洋 2016, pp. 175.
  3. ^ 丸島和洋 2016, pp. 178.

参考文献[編集]