竹林院 (真田信繁正室)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹林院(ちくりんいん、生年不詳 - 慶安2年5月18日1649年6月27日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての女性。大谷吉継の娘[1]真田信繁正室[2]

子に信繁の四女・あくり(蒲生郷喜室)、嫡男・大助(真田幸昌)、次男・大八(片倉守信)、六女・阿菖蒲(片倉定広室)、七女・おかね(石川貞清室)[1]

生涯[編集]

豊臣氏の家臣・大谷吉継の子として生まれたとされるが、妹あるいは姪という説もあり、母も不詳[6]

父・吉継が病に伏し、豊臣政権から離脱したとみられる文禄3年(1594年)頃以前の天正年間に、真田信繁に嫁いだとみられ[1]小田原征伐前後ともいわれる[3]。信繁は真田家の人質として豊臣秀吉のもとに遣わされており、秀吉の上意による政略結婚とみられ、有力奉行である吉継と縁者との結びつきは真田家の豊臣政権下の基盤強化に貢献することになる[3]

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで父と夫が西軍についたため、義父・真田昌幸の正室と共に実父の吉継に保護された。戦後は信繁に随行して九度山(和歌山県九度山町)に幽閉される[1]。九度山での生活は厳しかったらしく、伝承では彼女自ら上田地方の紬技術を応用した真田紐を考案したとされ、家臣たちに行商させて生計を支えた。徳川方の監視は厳しかったが、九度山で長男と次男を産み[1]、さらに他の側室の子も引き取って養育しており[7]、家庭的には恵まれていたようである[8]

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では夫と共に大坂城内に拝領した屋敷に入る[1]。しかし、慶長20年(1615年5月7日大坂夏の陣で信繁が戦死すると、子女を連れて大坂城から落ちるが[1]徳川家康に命じられた紀伊藩主・浅野長晟の捜索により、5月19日に紀伊伊都郡で娘あぐりと3人の侍に警護されて隠れていたのを発見され、5月20日に京都の家康に引き渡された[9]。信繁が豊臣秀頼から拝領し、大坂入城直前に渡されていた来国俊の脇差と黄金57枚は没収となり、長晟に下賜されてしまうが[8][1]、赦免され剃髪する。石川貞清に嫁いでいたおかねの保護を受けたらしく、その後は京で暮らしている[1]

慶安2年(1649年)5月18日に京都で死去[10]。戒名は竹林院殿梅渓永春大姉。墓所は臨済宗妙心寺塔頭大珠院に信繁、幸昌と共にある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『真田一族と家臣団のすべて』233-240頁
  2. ^ 当代記』『左衛門佐君伝記稿』[1]
  3. ^ a b c 宮本義己『大谷刑部と豊臣秀吉』(花ヶ前盛明編『大谷刑部のすべて』新人物往来社、2000年)79頁
  4. ^ 宮本義己『五つの謎から解き明かす智将の素顔』(『歴史街道』227号、2007年)
  5. ^ 大谷幹伸「太宰府天満宮の鶴亀文懸鏡の願主の考察」(『歴史研究』51巻10号、2009年)
  6. ^ 宮本義己は、大谷吉継が文禄2年9月に大宰府天満宮に寄進した鶴亀文懸鏡の銘の「東・小石・徳・小屋」から、東は吉継の母親、小石は妻、徳と小屋が娘であるとし、竹林院の実名は徳か小屋のいずれかであるとしている[3][4]が、小石・徳・小屋の人物比定には諸説あり、『華頂要略』門主伝第二十四の「天正二十年六月十三日大谷刑部少輔妹コヤ美濃紙五十帖進上」の記述から、「小屋」は吉継の妹ではないかとする指摘もあり[5]、実名に関しての定説はない。
  7. ^ 『真田系譜稿』『先公実録』。
  8. ^ a b c 奥村徹也 「大谷刑部の家族・一族」『大谷刑部のすべて』 花ヶ前盛明編、新人物往来社、2000年、pp65-67。
  9. ^ 『浅野家旧記』『駿府記』[8]
  10. ^ 『当信寺過去帳』[1]

参考文献[編集]

  • 花ヶ前盛明編 『大谷刑部のすべて』(新人物往来社、2000年)
  • 宮本義己「五つの謎から解き明かす智将の素顔」(『歴史街道』227号、2007年、のちに歴史街道編集部編『歴史街道セレクト 大谷吉継 友情に殉じた関ヶ原の仁将』(PHP研究所、2009年)に収録)
  • 丸島和洋『真田一族と家臣団のすべて』(KADOKAWA、2016年1月、ISBN 978-4-04-601099-5