チョコレートドーナツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョコレートドーナツ
Any Day Now
監督 トラヴィス・ファイン英語版
脚本 トラヴィス・ファイン
ジョージ・アーサー・ブルーム
製作 トラヴィス・ファイン
クリスティーン・ホスステッター・ファイン
チップ・ホーリハン英語版
リアム・フィン
出演者 アラン・カミング
ギャレット・ディラハント
アイザック・レイヴァ
音楽 ジョーイ・ニューマン
撮影 レイチェル・モリソン英語版
編集 トム・クロス
製作会社 PFM Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 Music Box Films
日本の旗 ビターズ・エンド
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年12月14日
日本の旗 2014年4月19日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

チョコレートドーナツ』(原題: Any Day Now)は、2012年アメリカ合衆国のドラマ映画。 「1970年代のニューヨークのブルックリンでゲイの男性が育児放棄された障害児を育てた」という実話に着想を得て製作された映画[1]である。 脚本を務めたジョージ・アーサー・ブルームは、モデルとなったゲイの男性を友人に紹介され、彼がその子供を養子にしようとしたらどうなるだろうかと考えて、ゲイの男性が少年を養子にしようとしたときに直面するであろう問題について調査した後、数ヵ月後には脚本ができていたという[1]

ストーリー[編集]

1979年のカリフォルニア。歌手を夢見ながら、ショーパブでパフォーマーとして日銭を稼ぎ暮らすルディは、客として訪れた検事局のポールと心を通わせ合い、交際を始める。

そんな折、ルディはアパートの隣の部屋に住むダウン症の少年マルコが、危険薬物を所持し逮捕された母親のために、施設へと隔離された事実を知る。繰り返されるマルコの脱走に心を痛めたルディは、ポールを説き伏せてマルコを引き取りともに暮らそうと提案する。同性愛の恋人同士であることを伏せ、法的手続きによりマルコの監護者となった二人は、本当の両親のようにマルコに愛情を注ぎ、三人で幸せな日々を送る。

だが周りの反応は冷淡であり、彼らをパーティに招いたポールの上司との衝突で事態は一気に悪化し、ふたりはマルコの養育者と認められず裁判沙汰となる。弁護士の奮闘もむなしく、ルディとポールはマルコとの関係を引き裂かれる。そしてふたたびの脱走を試みたマルコが放浪のあげく悲惨な運命をたどったことをルディは知る。

歌手として認められたルディは、愛する者たちとのつながりを引き裂かれた怒りと悲しみとをマイクに叩きつけてゆく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替



参考文献[編集]

  1. ^ a b Any Day Now Tackles Gay Adoption in the 70′s”. 2014年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]