チョコレートドーナツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チョコレートドーナツ
Any Day Now
監督 トラヴィス・ファイン英語版
脚本 トラヴィス・ファイン
ジョージ・アーサー・ブルーム
製作 トラヴィス・ファイン
クリスティーン・ホスステッター・ファイン
チップ・ホーリハン英語版
リアム・フィン
出演者 アラン・カミング
ギャレット・ディラハント
アイザック・レイヴァ
音楽 ジョーイ・ニューマン
撮影 レイチェル・モリソン
編集 トム・クロス
製作会社 PFM Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 Music Box Films
日本の旗 ビターズ・エンド
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年12月14日
日本の旗 2014年4月19日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

チョコレートドーナツ』(原題: Any Day Now)は、2012年アメリカ合衆国のドラマ映画。

1970年代ニューヨークブルックリンゲイの男性が育児放棄された障害児を育てた」という実話に着想を得て製作された映画[1]である。 脚本を務めたジョージ・アーサー・ブルームは、モデルとなったゲイの男性を友人に紹介され、彼がその子供を養子にしようとしたらどうなるだろうかと考えて、ゲイの男性が少年を養子にしようとしたときに直面するであろう問題について調査した後、数ヵ月後には脚本ができていたという[1]

日本語版のキャッチコピーは「僕たちは忘れない。ぽっかりと空いた心の穴が愛で満たされた日々―。[2]

2020年、日本において、東山紀之主演、宮本亞門演出により世界で初めての舞台化を予定[3]

物語[編集]

1979年カリフォルニア。歌手を夢見ながら、ショーパブでパフォーマーとして日銭を稼ぎ暮らすルディは、客として訪れた検事局のポールと心を通わせ合い、交際を始める。

そんな折、ルディはアパートの隣の部屋に住むダウン症の少年マルコが、危険薬物を所持し逮捕された母親のために、施設へと隔離された事実を知る。繰り返されるマルコの脱走に心を痛めたルディは、ポールを説き伏せてマルコを引き取りともに暮らそうと提案する。同性愛の恋人同士であることを伏せ、法的手続きによりマルコの監護者となった二人は、本当の両親のようにマルコに愛情を注ぎ、三人で幸せな日々を送る。

だが周りの反応は冷淡であり、彼らをパーティに招いたポールの上司との衝突で事態は一気に悪化し、ふたりはマルコの養育者と認められず裁判沙汰となる。弁護士の奮闘もむなしく、ルディとポールはマルコとの関係を引き裂かれる。そしてふたたびの脱走を試みたマルコが放浪のあげく悲惨な運命をたどったことをルディは知る。

歌手として認められたルディは、愛する者たちとのつながりを引き裂かれた怒りと悲しみとをマイクに叩きつけてゆく。

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹替。

日本公開[編集]

アメリカで高い評価を受けていた本作だが、日本での上映は当初1館のみであった。日本の宣伝担当によると、様々な日本のテレビ局に宣伝を売り込んでいたものの、局や番組のプロデューサーから「ゲイカップルとダウン症の映画なんて紹介できないよ」と断られ続けたという。しかし、映画コメンテーターのLiLiCoTBS王様のブランチ』にて号泣しながら本作を紹介し、その翌週から上映館が140館に増え、日本でも広く知られるようになった[4]。その後、本作のBlu-ray&DVDが発売されるときにLiLiCoは宣伝隊長に就任している[5]。本作の紆余曲折について、LiLiCoは後年、「高い評価を受けていた傑作が、偏見によって紹介されもしなかった。頭にきましたね」「テレビは(出演者やスタッフなど)LGBTQの人たちに支えられている業界なんだから、そろそろトップも意識を変えていかなきゃいけないと思いますよ」とコメントしている[4]

舞台[編集]

PARCO劇場オープニング・シリーズとして2020年12月7日初日の予定だったが[3]、直前になって出演者が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、開幕が延期となった[6]

2021年3月23日と24日には、マルコを演じたダウン症の青年二人にスポットを当てたドキュメンタリー番組がEテレで放送された。

キャスト (舞台)[編集]

スタッフ (舞台)[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Any Day Now Tackles Gay Adoption in the 70′s”. 2014年10月4日閲覧。
  2. ^ 「チョコレートドーナツ」の原題は英語で何という?邦題と原題でタイトルが異なる映画を紹介!”. 株式会社Hayakawa. 2019年7月29日閲覧。
  3. ^ a b “『チョコレートドーナツ』東山紀之×宮本亞門のタッグで世界初の舞台化へ”. cinemacafe.net (イード). (2020年8月27日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/08/27/68680.html 2020年12月6日閲覧。 
  4. ^ a b 有馬ゆえ (2020年4月10日). “今こそ家で観たいLiLiCoのおすすめ映画5選 人生を見つめ直し、大切な人と会話しよう。”. ハフポスト LIFE. https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e8d4f6ec5b6e1a2e0fbd27a 2020年7月30日閲覧。 
  5. ^ ““闘う”映画コメンテーターLiLiCoにインタビュー 「映画業界を変えたい」その熱い想いとは?”. Entame Plex. (2014年12月17日). http://www.entameplex.com/archives/17582 2020年7月30日閲覧。 
  6. ^ “東山紀之主演、宮本亜門氏演出の舞台「チョコレートドーナツ」 出演者コロナ感染で開幕延期”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年12月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/06/kiji/20201206s00041000083000c.html 2020年12月6日閲覧。 
  7. ^ 可能性は無限! 未来を変える舞台に挑んだ二人の記録”. 2021年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]