ケリー・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケリー・ウィリアムズ
Kelli Williams
本名 Kelli Renee Williams
生年月日 1970年6月8日(43歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国
職業 女優
配偶者 Ajay Sahgal
主な作品
ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る

ケリー・ウィリアムズKelli Renee Williams、1970年6月8日 - 、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ)は、アメリカ合衆国女優

ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』のリンジー・ドール役、そして、現在シーズン3が現地で放送中の『ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る』の心理学者にして嘘発見の専門家であるジリアン・フォスター役で最も知られる。なお、いずれの役も、日本語版における吹き替えは、加藤優子が担当している。

生い立ち[編集]

ケリー・ウィリアムズは、女優シャノン・ウィルコックスと整形外科医ジョン・ウィリアムズとの間の娘である。両親は、彼女が13歳の時に離婚した。彼女には、兄弟が1人、親の片方を共通とする兄弟が2人いる。

ウィリアムズは、オムツのコマーシャルに出演したことで1歳の誕生日を迎える前に既にスクリーン・アクターズ・ギルド・カードを取得し、そして、いくつかの他のコマーシャルにも子役として出演した。彼女は、Lycée Français(ロサンゼルスに所在する2文化の教育を行う私立学校)の小学校に入学し、ビバリーヒルズ高校を1988年に卒業した。

彼女は、学校での演劇で演じたロミオとジュリエットにて、後にジェネラル・ホスピタルに出演するスティーヴ・バートンの相手役を務めた後に、エージェントと契約した。

経歴[編集]

ウィリアムズは、テレビでのキャリアを CBS の『美女と野獣』(TV シリーズ版)の第2シーズンなどで開始した。フィーチャー映画における初期の出演は、『超能力学園Z PART2』(1990)、そして、ダーモット・マローニー主演でリック・シュローダーマーク・ラファロらと共演した『There Goes My Baby』(1994)におけるノア・ワイリー(『ER緊急救命室』で知られる)の相手役などである。1994年には、テレビ映画・『Snowbound: The Jim and Jennifer Stolpa Story』で2人の主役の1人である Jennifer Stolpa 役を演じた。更に、FOX の人気ティーン・ドラマであった『サンフランシスコの空の下』の第1シーズン(1994年)にも Annie Alcott 役でゲスト出演した。

SFドラマ・『アース2』では、第11話の『Moon Cross』(放送日:1995年2月5日)を皮切りに、複数のエピソードに渡って登場する Mary という役で出演した。『ピケット・フェンス』では、第4・最終シーズンの19話(1996年)にて、レイプされたアーミッシュ女性の役を演じた。

私生活[編集]

ウィリアムズは、作家 Ajay Sahgal と1996年に結婚した。 2人の間には、3人の子、Kiran Ram(1998年5月生まれ)、Sarame Jane(2001年2月3日生まれ)、そして Ravi Lyndon(2003年7月11日生まれ)がいる。 ウィリアムズは、フランス語スペイン語を話す。また、Young Storytellers Foundation の「ヤング・ストーリーテラーズ・プログラム」にボランティア参加している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]