八犬伝―東方八犬異聞―

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八犬伝―東方八犬異聞―
ジャンル ファンタジーあやかし少女漫画
漫画
作者 あべ美幸
出版社 冬水社角川書店
掲載誌 いち*ラキCIEL TresTresエメラルド
レーベル いち*ラキコミックス → あすかコミックスCL-DX
発表期間 2005年 - 連載中[1]
巻数 全13巻(冬水社
既刊15巻(角川書店[1]
アニメ
原作 あべ美幸
総監督 ヤマサキオサム
監督 山﨑みつえ
シリーズ構成 ヤマサキオサム、山﨑みつえ
キャラクターデザイン 加藤裕美
音楽 黒石ひとみ
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 八犬伝プロジェクト
放送局 放送局参照
放送期間 第1期:2013年1月 - 3月
第2期:2013年7月 - 9月
話数 第1期:全13話 / 第2期:全13話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

八犬伝―東方八犬異聞―』(はっけんでん とうほうはっけんいぶん)は、あべ美幸による日本漫画作品。 現在、『エメラルド』にて連載中の少女漫画作品。八犬伝、もしくは東方八犬伝とも呼ばれる。単行本は15巻まで発売されている。ドラマCDは全2巻。

概要[編集]

曲亭馬琴滝沢馬琴)の読本『南総里見八犬伝』をモチーフにしている。2005年より『いち*ラキ』(冬水社)にて連載が開始され、単行本は第13巻まで発行されている。2011年に角川書店へ移籍し、『CIEL』にて連載を再開し、2014年8月から『エメラルド』に移籍&連載中[2]

冬水社版の単行本第13巻までの内容(第1話 - 第40.5話)を角川版では全10巻にまとめて収録しているため、冬水社版第13巻の続き(第41話 - )は角川版の第11巻からである。

ドラマCD2007年9月21日に第壱巻が、2008年7月25日に第弐巻が発売された。

2011年10月29日発売の『CIEL TresTres』にてテレビアニメ化が発表され、2013年1月から3月まで第1期が放送[3]、同年7月から9月まで第2期が放送された[4]

2015年8月ミュージカル[5]2016年11月に二章が公演された[6]

あらすじ[編集]

5年前、突然広まった謎の疫病が、他の村々に飛び火するのを防ぐために焼き尽くされた大塚村。その生き残りである、犬塚信乃犬川荘介浜路の三人は村はずれの教会で保護され、静かに暮らしていた。村の人々からはうとまれている三人だが、村の少年・健太は荘介を慕っていた。教会裏の森で信乃を見かけたと言う健太に、荘介は森には入らないよう注意する。そんなある日のこと、村の焼失事件以来、信乃と荘介には特殊な能力が備わっており、その噂を聞きつけた帝国教会本部から、信乃と荘介のもとに召喚状が届く。一方、森で村の男達が行方不明になる事件が起きて…。 そして、教会本部の画策により、浜路が攫われる。

登場人物[編集]

※担当声優は、ドラマCD版 / テレビアニメ版の順。1人だけの場合はテレビアニメ版のみ。 / 「演」は舞台の配役。

八犬士[編集]

犬塚 信乃(いぬづか しの)
声 - 朴璐美 / 柿原徹也、幼少:茅原実里 / 演 - 坂口湧久 [6]
7月24日生まれ。18歳。大塚村出身。
主人公、5年前の大塚村の生き残りであり、父親は村長(声 - 丹沢晃之)。生まれつき体が病弱だったことにより、13歳まで女装させられて育った(※浜路以上の美人)。
村雨をその身に宿し、その影響で13歳の姿のまま歳をとらない。言動は少々子供っぽい。大の犬好きで、四白の手入れは常に完璧。一緒に育った幼馴染の荘介と浜路を家族として大切に思っている。幽霊とゴキブリが大の苦手。記憶が封じられている様子で、母親のことなどは覚えていない。
の玉の持ち主。右腕に牡丹の痣を持つ。
村雨(むらさめ)
声 - 宮野真守 / 岡本信彦 / 演 - 天羽尚吾 [6]
信乃の右腕に宿る、妖刀。外に出ているときにはカラスの姿であり、カタコトながら会話もできる。また、刀形態の時には、雨を自在に降らすことができる。の日には信乃の右腕に潜む。拾い食いをしては信乃に怒られている。
伏姫によって固く封印されていた。20年程前に莉芳の母親と一緒に行方不明になった、なぜ信乃の家にあったのかは謎。
犬川 荘介(いぬかわ そうすけ)
声 - 森川智之 / 日野聡 / 演 - 北村諒 / 松村龍之介 [6]
12月1日生まれ。19→20歳。相模出身。
もう1人の主人公、大塚村の生き残りで、端整な青年。
村の焼失事件の折、一緒に死んだ四白と生命を分かち生きることを選んだため、四白に変身出来る。子供の頃、母親と行き倒れていたところを大塚村村長に引き取られた。その際に母親は亡くなり、それ以前の記憶を持たない。今も昔も信乃のお目付け役であり、信乃のためなら人を殺すことさえ躊躇わない。5年前の焼失事件以来、朔の日は一日眠り込む。動物に懐かれやすく、八房からにも懐かれている。信乃を誰よりも大切に思っている。
の玉の持ち主。首の後ろに牡丹の痣を持ち、傷痕がある。
四白(よしろ)
声 - 日野聡 / 演 - 美木マサオ [6]
荘介の半身。頭が良く、基本身体は荘介の好きにさせてくれている。18年頃前から犬塚家にいたが、毛並みが良く体力も衰えていない、不思議な犬。犬種はボーダー・コリー
犬飼 現八(いぬかい げんぱち)
声 - 大川透 / 前野智昭 / 演 - 前内孝文 [6]
10月20日生まれ。26→27歳。
帝都の憲兵隊長。小文吾とは乳兄弟。3年前、北部の村で起きた事件で、小文吾と共に人を喰らう鬼に殺されるが甦り、雷鬼(らいき)に変身する身体と化した。沼藺とは恋人同士で、彼女の死を知り自害を謀るも、死ねずに悲嘆にくれていた。現在信乃がお気に入り。メグの世話役。旧市街では噂の的。犬飼家の実子ではなく養子である。警備・巡回などの仕事中は現八の為に義父が買い求めた、春雷(しゅんらい)という名の雷鬼の現八が乗っても全く動じない相性のいい牝馬に乗っている。
の玉の持ち主。右の頬に牡丹の痣を持つ。
犬田 小文吾(いぬた こぶんご)
声 - 中井和哉 / 寺島拓篤 / 演 - 畠山遼 [6]
11月20日生まれ。23→24歳。
帝都の旅館「古那屋」の息子で、現八とは乳兄弟、面倒見がよい。料理が上手く、子供の頃から古那屋の厨房に出入りしていて覚えた。3年前、北部の村で起きた事件で一兵卒として志願して赴いた際、現八と共に人を喰らう鬼に殺されるが、風鬼(ふうき)として甦った。
の玉の持ち主。腰に牡丹の痣を持つ。
犬阪 毛野(いぬさか けの)
声 - 三宅淳一 / 演 - 安里勇哉 [6]
12月19日生まれ。19→20歳。相模出身。
通称・旦開野(あさけの)。女性とも見紛う美貌の持ち主。2年前、蒼に家族ともども殺され心臓を抜き取られるが、九重によって蘇生する。旅先で見つけた荘介を蒼と誤認し、襲い掛かった。普段は能楽師として、同業者と巡業のため各地を回っていたが、古那屋に泊まっている際、町内で蒼本人を見つけてからは休業している。
の玉の持ち主。左胸に牡丹の痣を持つ。
九重(ここのえ)
声 - 進藤尚美 / 演 - 帆風成海 [6]
本性は妖の夜叉姫。心臓を奪われてなお、生きていた毛野に興味を持ち、しかも自分の心臓を与えた。毛野にとって命の恩人であり、母でもあり姉でもある。
犬山 道節(いぬやま どうせつ)
声 - 疋田高志 / 三木眞一郎 / 演 - 山本一慶 [6]
9月19日生まれ。
雪の中で死にかけていたところ、生き別れの妹に会いたい一心で生きようとしたことから、雪姫に命を救われる。そのため、彼の周りは常に真冬の寒さ。薬師の一族の出身であり、薬の製造に長けている。
の玉の持ち主。左肩に牡丹の痣を持つ。
雪姫(ゆきひめ)
声 - 能登麻美子黒石ひとみ(歌唱シーン)
信乃の友人で、道節に憑いている雪の妖。美しい歌声を持っていたが、道節を助けるためにその声を失った。嫉妬深い。
犬村 大角(いぬむら だいかく)
声 - 津田健次郎、幼少:徳井青空
旧姓・赤岩。人形師。
5〜6歳の時に犬村儀清(いぬむら のりきよ)(声 - 松本保典)に養子として迎えられる。信乃達と出会った後、額に猫の野驢の目のような邪眼ができ、妖などを見抜くことができるようになった。妹思い。
の玉の持ち主。右足に牡丹の痣を持つ。
野驢(のろ)
声 - 潘めぐみ
猫の妖。大角の飼い猫で縁の下で大角が見つけた。野驢はいつも大角の傍にいた、ある日死期を悟ってか姿を消すが、大角が実父(声 - 梅津秀行)に殺された時に帰ってきた、そして桜で結界を作り大角を守っていた。だが半年後結界が壊れ、思念の塊になった儀清に大角が取り込まれそうになった瞬間儀清に噛み付き共に消滅したが、大角の傍にいたいと願い大角は邪眼を授かった。
犬江 仁(いぬえ しのぶ)
声 - 代永翼、幼少:新谷良子
22歳。
信乃が通った飯倉尋常小学校のクラスの学級委員。6歳の時に神隠しに遭い、天狗に10年間育てられた。聖地にいた10年は成長が止まっていたため、見かけは12歳である。体の中に仁と書かれた玉が隠されていた。
の玉の持ち主。左肩に牡丹の痣を持つ。
華月(かげつ)
声 - 石田彰
仁を拾い10年間育てた、彼の父親。一度死んだ息子を生かすため、自分の命と天狗の力の半分を仁に渡した。その為、天狗の力を使い切り、死亡。
葉月(はづき)
声 - 森田成一
仁を10年間育てた、実質の育ての親。天狗と人間のハーフ。
人里に連れ戻された仁を6年間探しており、蒼が山の結界を破ったことで仁を見つけ、山に連れ戻す。仁が華月から渡された天狗の力の半分を華月に返すために自身で命を絶とうとして重傷を負ったため、華月と同じように自身の天狗の力の半分を仁に渡した。その後、蒼によって山が焼かれ、仁を逃がすために蒼と闘い天狗の力を使い果たし命を落とす。しかし、その器を蒼が持ち帰り、現在は違う妖怪がその器を使っている。
仁に対してそっけない態度をとることが多かったが、実際は仁のことを大切に思っている。

四獣神家[編集]

里見家・尾崎家・緋ノ塚家・観月家。獣神の加護を受け、その力を司る四つの家系。何代かおきに、獣神に選ばれた子供が生まれてくる。

里見 莉芳(さとみ りおう)
声 - 成田剣 / 神谷浩史、幼少:進藤尚美 / 演 - 三上俊 [6]
里見家の青年。獣神は八房。
人間離れした美人。教会特区で特別主席司祭も務めている。信乃・荘介・浜路の後見人を務め、信乃に8つの玉探しを命じる。信乃に村雨を授け、信乃・荘介・浜路の3人を助けた張本人。
八房(やつふさ)
巨大な犬神。本来なら女性にしか憑かず、人にもあまり懐かない。
尾崎 要(おさき かなめ)
声 - 宮野真守 / 浪川大輔 / 演 - 石渡真修
尾崎家の青年。19歳。獣神は金狐、銀狐、天狐、黒狐、白狐の五狐。
母親は、尾崎家の妾。信乃と荘介を教会本部に召喚するため、五狐を使って浜路をさらった張本人。ひょうひょうとした性格で、浜路が大のお気に入り。本妻の子であり異母兄の青蘭(せいらん)(声 - 竹本英史 / 杉山紀彰 / 演 - 西山丈也)が使役する妖で、浜路が傷つけられた際には激怒し青蘭と対立。それ以来、青蘭は行方不明。実はカナヅチ(五狐談)。信乃を「しーちゃん」と呼んでいる。フェネガンのことが苦手である。
五狐(ごこ)
金狐(きんこ)
声 - 桑原敬一 / 原嶋あかり / 演 - 村上健斗 / 坂本康太 [6]
銀狐(ぎんこ)
声 - 江口拓也 / 勝井美優 / 演 - 下山真佑郎 / 石賀和輝 [6]
天狐(てんこ)
声 - 岡本信彦 / 西口杏里沙 / 演 - 水澤賢人
黒狐(こくこ)
声 - 千々和竜策 / 中嶋ヒロ / 演 - 下山真佑郎
白狐(びゃっこ)
声 - 澤田将考 / 徳井青空 / 演 - 村上健斗
要に付き従う五匹の狐。見た目は愛らしいが、主人に危害を加えられると豹変する。本妻が要を殺そうとした時には死人も出た。その後本妻は青蘭と共に尾崎家を追い出された。
緋ノ塚 那智(ひのづか なち)
声 - 藤原啓治
緋ノ塚家の青年。獣神は楓。
信乃達が大角の元へ行く半年前、フェネガンからどうしても犬村の人形を受け取りに行ってほしいと頼まれ、下野の犬村儀清の元へと行ったが儀清は亡くなっており、その時大角は儀清が死んだことを受け入れられていなく、楓が反抗期で帰りたがらず、半年間儀清の身代わりをしていた。
楓(かえで)
声 - 小野坂昌也
大きな猫。普通の猫のサイズや巨大な張子の猫にもなれる。元は邑織に憑いていた。
観月 あやね(みづき あやね)
声 - 明坂聡美
観月家の少女。15歳。獣神はちかげ。
白い髪と赤い瞳を持つ。身体が非常に弱く、他人の気にとても敏感。人とほとんど交わらず、ちかげの加護を受けて育った。浜路とは仲が良い。
ちかげ
声 - 荒川美穂
大地を治めるほどの大きさを誇る、おろち。あやねを大切に思っている。嫉妬深くて執念深い。普段の名は霊影を意味し、本名は響(ひびき)である。自身が心を許した相手にしか本名を明かしてない。

古那屋[編集]

犬田 文吾兵衛(いぬた ぶんごべえ)
声 - 星野充昭 / 魚建 / 演 - 梶雅人
小文吾の父親。旅館「古那屋」を経営している。一時期、メグの世話をしていた。
犬田 小夜子(いぬた さよこ)
声 - 菊池いづみ / 根谷美智子
小文吾の母親。旅館「古那屋」の女将で、信乃に甘い。
犬田 沼藺(いぬた ぬい)
演 - 荻野恵理
現八の婚約者(※同い年)。故人。
現八と小文吾が北部戦線に出兵した際、他人の子を宿したが、2人の生存を知り、罪悪感を感じて川に身投げした。子ができなかった犬田夫妻が引き取った養女であり、小文吾とは全く血が繋がっていない。大角の作った内裏雛を現八や親兄弟に見せなかった位お気に入りだった。銘仙の着物を好んでいた。

関係者[編集]

浜路(はまじ) / 犬山 睦月(いぬやま むつき)
声 - 小林沙苗 / 高垣彩陽 / 演 - 田上真里奈 [6]
1月1日生まれ。15→16歳。煉馬村出身。
大塚村の生き残りの美少女、村長の養女。健康オタクで、漢方などを大量に入れるため料理の腕前は時に殺人的。勝気な性格だが、実は誰よりも信乃と荘介の身を案じている。尾崎に攫われても、全く動じない。あやねとは友人関係。現在は医師を目指すため全寮制の学校に通う。
実は道節の生き別れの妹であり、後者が本名。10年前に両親が他界した際、兄と別の家に引き取られる。その際、道節と約束を交わしたが全く信じておらず、捨てられたと勘違いし名前も変えていた。
メグ
黒い球体の姿をした一つ目の妖怪。目の反対側に大きな口がある。普段はポケットサイズだが、水に浸かると巨大化する。一度は村雨に食べられそうになった。信乃のことがお気に入りらしく、彼と行動を共にしている。名前の由来は「目玉のちょっとグロいやつ」から。
棗目(なつめ)
声 - 佐々木望
華月と葉月に仕える妖怪。二人と同じように仁が大好きで、とても大切にしている。コタツが大のお気に入り。
うさくま
声 - 三宅麻理恵、黒石ひとみ(歌唱シーン)
浜路の通う女学校の不思議な番人。鈴を付け、夜になると見回っている。ウサギのようなクマのようなヌイグルミの姿で、形を与えたのは浜路を想う信乃の強い願い、見た目は可愛いのに中身は凶暴という、信乃の中の浜路のイメージを具現化したものだった。電撃を放つ。また浜路と同室だった熊谷鈴(くまがい すず)(声 - 三宅麻理恵)の正体も番人であった、そのため鈴の性格は信乃に似ていた。
牧田(まきた)
犬飼家に半世紀仕えている執事。信乃に甘い。
伏姫(ふせひめ)
昔々、玉梓の前に八人の若者を伴って現れた姫。里見家伝説の巫女姫で、莉芳の先祖、里見家の犬神憑きの女性のことを総じて「伏姫」と呼ぶ。
玉梓(たまずさ)
声 - 勝生真沙子
「伏姫」を取り込もうと暗躍している女性。大塚村や犬村儀清などに「」を与えた張本人。二人の息子を探している。
蒼(あお)
声 - 日野聡 / 演 - 松村龍之介 [6]
12月1日生まれ。19→20歳。
荘介と瓜二つで、自称・荘介の影。荘介が失った幼少期の記憶を持っている。
毛野から心臓と日本刀「落葉(おちば)」を奪った謎の男。その際、毛野の反撃により左目を失明するが、後に「一週間の命」と引き換えに琥珀(こはく)(声 - 皆川純子 / 演 - 岡村さやか [6])から左目を譲り受けたため、現在は右目は灰色、左目は琥珀色。その身に力を得るため各地で土地神を殺し歩いているが、彼の行動の全ては信乃に起因。彼も信乃には甘く、信乃に可愛く頼まれ、身の内に行き場を失くした土地神「命命(やな)(声 - 廣田行生)」を宿す。
紺(こん)
声 - 檜山修之
生き別れの兄弟たちを探す「かまいたち」。蒼に命を助けられて以来懐つき、行動を共にしている。
サムエル・J・フェネガン
声 - 大塚芳忠
通称フェネガン。教会の本国から来ている高位の聖職者。終始笑顔でマイペース。莉芳が一番のお気に入り。柾神父の弟、リリスの兄でもある。
リリス
声 - 本名陽子
帝都の教会本部を守護している、教会の守護天使。美人で法力も強いが、侵入者には容赦ない。柾神父の妹、兄(フェネガン)を溺愛している
柾・R・フェネガン(まさき・あーる・ふぇねがん)
声 - 佐藤晴男 / うえだゆうじ
信乃・荘介・浜路が帝都に来るまで住んでいた村の教会の神父。信乃・荘介・浜路から「先生」と呼ばれている。フェネガン枢機卿とリリス嬢の兄。
蜑崎神父(あまさきしんぷ)
声 - 丸山詠二 / 同左
信乃・荘介・浜路が帝都に来るまで住んでいた村の教会の老神父。浜路のお茶を気に入っている。
緋ノ塚 邑織(ひのづか ゆうり)
那智の兄。故人。
生まれた時から共にいた楓の姿が視えていなかった。優しく綺麗な人で、要によると今の那智より莉芳の方が似ているかもとのこと。自ら命を絶った、理由は誰も知らない。
犬塚 手束(いぬづか たつか)
信乃の母親。向日葵の花が好き。
犬川 碧衣(いぬかわ あおい)
荘介の母親で、元は莉芳の乳母だった。既に故人。
犬村 雛衣(いぬむら ひなぎぬ)
声 - 中島愛
大角の妹。歳は浜路と同じくらい。
妙(たえ)
声 - 片貝薫
仁のおばあちゃん。飯倉の宿の女将。
ゝ大(ちゅだい)
声 - 佐藤美一 / 高岡瓶々
法師。莉芳のことを幼少の頃から知っており、気に入っている。
斎木 茜(さいき あかね)
声 - 雪野五月
3年程前から外持村唯一の医者兼シスター。15歳の時に親を事故で亡くしている。斎木家は外持の出で、遥か昔から代々有名な金細工職人だった。
桜庭 丈治(さくらば じょうじ)
声 - 檜山修之
またの名を「後方のラブテロリスト」。帝都の医者で監察医。茜とは親戚で姉妹のように育った。3年前の北部戦線当時、医務官見習いで後方任務に就いていた。
小早川 るり(こばやかわ るり)
声 - 石毛佐和
浜路が通う女学校の監督生。教会の孤児だったが要と仲がよかったため、要の口添えで小早川家の養女となった。

ドラマCD[編集]

  • 八犬伝―東方八犬異聞― 1 2007年9月21日発売(マリン・エンタテインメント
  • 八犬伝―東方八犬異聞― 2 2008年7月25日発売(マリン・エンタテインメント)

テレビアニメ[編集]

2013年1月から3月まで毎日放送TOKYO MXテレビ愛知BS11にて第1期が放送[7]、同年7月から9月まで、第2期が放送された[8]

総監督には『薄桜鬼』シリーズでも監督を務めた演出家のヤマサキオサムが、第1期オープニングアニメーション演出には彼の旧友にして同作品でもオープニングアニメーション演出を務めたアニメーターの大張正己が起用されている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

第1期
オープニングテーマ「God FATE
作詞・歌 - 飛蘭 / 作曲・編曲 - 河田貴央
エンディングテーマ「String of pain
作詞 - こだまさおり / 作曲・編曲 - R・O・N / 歌 - 柿原徹也
第1話、第13話では未使用。
第2期
オープニングテーマ「wonder fang
作詞・歌 - 飛蘭 / 作曲・編曲 - 小山寿
エンディングテーマ「奏愛カレンデュラ
作詞・歌 - Ceui / 作曲 - 小高光太郎Ceui / 編曲 - 小高光太郎
第26話では未使用。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日
第1期
第一話 境界 山﨑みつえ 瀧原美樹、山田裕子 - 2013年
1月5日
第二話 人鬼 笹野恵 小島正士 守田芸成 古賀誠 瀧原美樹 1月12日
第三話 鬼追 名村英敏 吉田俊司 本多みゆき、高澤美佳
もんちあきら
1月19日
第四話 帰郷 西村博昭 松浦里美、池下博紀 山田裕子
平川亜喜雄
1月26日
第五話 加護 中村能子 斎藤哲人 高山秀樹 竹内由香里、松尾真彦 平川亜喜雄 2月2日
第六話 外持 広田光毅 畠山守 竹下健一 中本尚、斎藤美香
小林利充、松下郁子
清水勝祐
瀧原美樹、平川亜喜雄
山田裕子
2月9日
第七話 約束 小坂知 西村博昭 今泉直子、もんちあきら 瀧原美樹
工藤裕加
2月16日
第八話 邂逅 中村能子 小島正士 渡部穏寛 小谷杏子 平川亜喜雄 2月23日
第九話 番人 山﨑みつえ 名村英敏 吉田りさこ 岡崎洋美、今泉直子
津熊健徳、胡陽樹
瀧原美樹、工藤裕加
平川亜喜雄
3月2日
第十話 孤影 広田光毅 安海るか 吉田俊司 大城美幸、今泉直子
岡崎洋美、鈴木彩子
松浦美里、森本浩文
3月9日
第十一話 現身 小島正士 高山秀樹 松下郁子、松浦里美
石川洋一、瀧原美樹
吉田和香子、津熊健徳
3月16日
第十二話 代償 名村英敏 菊池聡延 安田京弘 3月23日
第十三話 宿縁 中村能子 川崎逸朗 伊勢奈央子 平川亜喜雄
工藤裕加
3月30日
第2期
第十四話 人形 笹野恵 山﨑みつえ 渡部穏寛 大和田彩乃、斉藤美香 瀧原美樹 2013年
7月7日
第十五話 廻縁 山﨑みつえ
名村英敏
内山まな 今泉直子、津熊健徳
岡崎洋美、松浦里美
氏家嘉宏
工藤裕加 7月14日
第十六話 逆流 中村能子 小俣真一 竹下良平 富谷美香、安達祐輔
松尾真彦
平川亜喜雄
日向正樹
7月21日
第十七話 無明 広田光毅 名村英敏 守田芸成 青木昭仁、清水勝祐
菊池聡延
瀧原美樹
日向正樹
7月28日
第十八話 讃有 後藤圭二 今泉直子、平林美智大
大石美絵
工藤裕加、大和田彩乃
日向正樹
8月4日
第十九話 追想 中村能子 小島正士 西村博昭 中山由美、高澤美佳
松浦美里
平川亜喜雄、大和田彩乃
瀧原美樹
8月11日
第二十話 逢着 笹野恵 川崎逸朗 伊勢奈央子 八尋裕子 8月18日
第二十一話 神隠 中村能子 名村英敏 渡部穏寛 津熊健徳、松下郁子
安達祐輔
瀧原美樹 8月25日
第二十二話 天巡 小島正士 竹下良平 安達祐輔、松浦里美 工藤裕加 9月1日
第二十三話 双月 広田光毅 後藤圭二 守田芸成 中山由美、今泉直子
前澤弘美
平川亜喜雄、瀧原美樹
工藤裕加
9月8日
第二十四話 岐路 笹野恵 名村英敏 西村博昭 村司晃英、JANG MIN HO
今泉直子、松浦里美
斉藤美香、大和田彩乃
瀧原美樹、平川亜喜雄
工藤裕加
9月15日
第二十五話 追駆 広田光毅 小島正士 渡部穏寛 鈴木彩子、安達祐輔
中山由美、手島典子
9月22日
第二十六話 運命 中村能子 斉藤哲人 山﨑みつえ 山口仁七、大和田彩乃
日向正樹、胡陽樹
松下郁子
9月29日

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1期
近畿広域圏 毎日放送 2013年1月5日 - 3月30日 土曜 26:58 - 27:28 TBS系列 アニメシャワー 第3部
東京都 TOKYO MX 2013年1月6日 - 3月31日 日曜 22:30 - 23:00 独立局
愛知県 テレビ愛知 2013年1月10日 - 4月4日 木曜 25:35 - 26:05 テレビ東京系列
日本全域 BS11 2013年1月12日 - 4月6日 土曜 23:00 - 23:30 BSデジタル放送 ANIME+』枠
キッズステーション 2013年5月7日 - 7月30日 火曜 24:30 - 25:00 CS放送 エリア23枠
リピート放送あり
キッズステーション 2015年2月6日 - 2月24日 金曜 23:30 - 24:00 CS放送 エリア23枠
リピート放送あり
第2期
東京都 TOKYO MX 2013年7月7日 - 9月29日 日曜 22:30 - 23:00 独立局
愛知県 テレビ愛知 2013年7月8日 - 9月30日 月曜 25:35 - 26:05 テレビ東京系列
近畿広域圏 毎日放送 月曜 26:25 - 26:55 TBS系列
日本全域 BS11 2013年7月13日 - 10月5日 土曜 23:00 - 23:30 BSデジタル放送 『ANIME+』枠
キッズステーション 2013年11月5日 - 2014年2月4日 火曜 24:30 - 25:00 CS放送 エリア23枠
リピート放送あり
キッズステーション 2015年2月26日 - 3月13日 木曜 23:30 - 24:00 CS放送 エリア23枠
リピート放送あり

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD限定版 BD通常版 DVD通常版
1 2013年3月22日 第1話 - 第2話 BCXA-0676 BCXA-0663 BCBA-4477
2 2013年4月24日 第3話 - 第4話 BCXA-0677 BCXA-0664 BCBA-4478
3 2013年5月28日 第5話 - 第6話 BCXA-0678 BCXA-0665 BCBA-4479
4 2013年6月21日 第7話 - 第8話 BCXA-0679 BCXA-0666 BCBA-4480
5 2013年7月26日 第9話 - 第10話 BCXA-0680 BCXA-0667 BCBA-4481
6 2013年8月28日 第11話 - 第12話 BCXA-0681 BCXA-0668 BCBA-4482
7 2013年9月25日 第13話 - 第14話 BCXA-0682 BCXA-0669 BCBA-4483
8 2013年10月25日 第15話 - 第16話 BCXA-0683 BCXA-0670 BCBA-4484
9 2013年11月22日 第17話 - 第18話 BCXA-0684 BCXA-0671 BCBA-4485
10 2013年12月25日 第19話 - 第20話 BCXA-0685 BCXA-0672 BCBA-4486
11 2014年1月29日 第21話 - 第22話 BCXA-0686 BCXA-0673 BCBA-4487
12 2014年2月21日 第23話 - 第24話 BCXA-0687 BCXA-0674 BCBA-4488
13 2014年3月26日 第25話 - 第26話 BCXA-0688 BCXA-0675 BCBA-4489

Webラジオ[編集]

2013年2月8日から10月11日まで、公式サイト内にて『ラジオ世界ふしぎ八犬伝!』が隔週金曜日で配信されていた。アニメイトTVでは2月15日から10月18日まで配信された。パーソナリティは、アニメのキャスト陣が月替わりで担当[9]

舞台[編集]

通称『ミュ八犬伝

第一章[編集]

ミュージカル八犬伝―東方八犬異聞―』のタイトルで、2015年8月14日から同年8月23日まで全15公演、シアターサンモールにて上演。演出・音楽は浅井さやか(One on One)、脚本はほさかよう(空想組曲)、企画・制作はCIEL、製作は古那屋一座[10]

キャスト[編集]

  • 犬塚信乃 - 坂口湧久
  • 犬川荘介 - 北村諒
  • 犬飼現八 - 前内孝文
  • 犬田小文吾 - 畠山遼
  • 浜路 - 田上真里奈
  • 尾崎要 - 石渡真修
  • 青蘭 - 西山丈也
  • 犬田文吾兵衛 - 梶雅人
  • 犬田沼藺 - 荻野恵理
  • 里見莉芳 - 三上俊

−Phantoms−

  • 村雨 - 天羽尚吾
  • 四白 - 美木マサオ
  • 五狐 - 村上健斗、下山真佑郎、水澤賢人
  • Performer - 正井雪香、千田阿紗子

スタッフ[編集]

  • 原作 - あべ美幸「八犬伝ー東方八犬異聞ー」(株式会社KADOKAWA発行/ASUKA COMICS CL - DX刊)
  • 演出・音楽・歌唱指導 - 浅井さやか(One on One)
  • 脚本 - ほさかよう(空想組曲)
  • 振付 - 美木マサオ
  • 舞台監督 - 井上卓(DDR)
  • 美術 - 須田桃李(DDR)
  • 音響 - 田上篤志(atSound)
  • 照明 - 大波多秀起(デイライト)
  • 衣裳 - 小野涼子
  • ヘアメイク - 前田亜耶
  • 演出助手 - 千田阿紗子(One on One)
  • 音響オペレーター - 志水れいこ、内野智子、田島誠治、水木さやか
  • 照明オペレーター - 福島稔(スペクトル)、菊池庸子、高良康成
  • ヘアメイク進行 - 黒田はるな、平田恵里子
  • 小道具協力 - 高津装飾美術
  • 現場制作 - 佐野みづき(アンデム)
  • 制作協力 - アンデム(佐藤希、金内萌)、川嶋紗也子、冨岡法子、吉野美紀
  • 宣伝 - 正田綾香(CLIE)
  • カメラマン - 宅間國博
  • カメラマンアシスタント - 刈谷恵利加
  • Phantomsカメラマン - 立川賢一
  • ロゴデザイン - 須貝美華
  • グッズディレクション - サカキハジメ(MAG.net)
  • グッズデザイン - Mujina:art(羽尾万里子、天野果菜)
  • 宣伝デザイン - 渡邉菜織
  • HPデザイン - 栗原亜莉沙
  • 協力 - アイズ、オウサム、カオス・パフォーマーズオフィス、砂岡事務所、スペースクラフト・エンタテインメント、タイムリーオフィス、トップコート、ドルチェスター、bamboo、ヒラタオフィス、プロダクション・タンク、マサオプション(50音順)
  • 企画協力 - 株式会社KADOKAWA コミック&キャラクター局 第7編集部 エメラルド編集部
  • プロダクションスタッフ - 小川文乃、安井友規
  • プロデューサー - 渡辺詩織、吉井敏久
  • 企画・制作 - CLIE
  • 製作委員会 - 古那屋一座(CLIE、東映ビデオ株式会社)

第二章[編集]

ミュージカル八犬伝―東方八犬異聞― 二章』のタイトルで、2016年11月23日から同年11月27日まで全8公演、全労済ホール スペース・ゼロにて上演。演出・音楽は浅井さやか(One on One)、脚本はほさかよう(空想組曲)、企画・製作は古那屋一座[11]

キャスト[編集]

  • 犬塚信乃 - 坂口湧久
  • 犬川荘介 / 蒼 - 松村龍之介
  • 犬飼現八 - 前内孝文
  • 犬田小文吾 - 畠山遼
  • 犬阪毛野 - 安里勇哉
  • 犬山道節 - 山本一慶
  • 浜路 - 田上真里奈
  • 九重 - 帆風成海
  • 琥珀 - 岡村さやか
  • 里見莉芳 - 三上俊

−Phantoms−

  • 村雨 - 天羽尚吾
  • 四白 - 美木マサオ
  • 五狐 - 坂本康太、石賀和輝
  • Performer - 梶雅人、荻野恵理、正井雪香、千田阿紗子、梅津瑞樹

出典[編集]

  1. ^ a b 2016年11月現在。
  2. ^ 大ヒットコンテンツ『世界一初恋』に登場するあの雑誌が、まさかのリアル刊行!? 新増刊誌『エメラルド』誕生!”. PR Times (2014年5月26日). 2015年6月4日閲覧。
  3. ^ 人気コミック「八犬伝―東方八犬異聞―」がテレビアニメ化!声優は柿原徹也、日野聡、岡本信彦”. クランクイン! (2012年12月8日). 2015年6月4日閲覧。
  4. ^ 人気アニメ『八犬伝―東方八犬異聞―』第二期放送決定!代永翼ほか新キャスト追加”. クランクイン! (2013年6月9日). 2015年6月4日閲覧。
  5. ^ 人気少女漫画を舞台化!ミュージカル『八犬伝―東方八犬異聞―』8月上演”. エンタステージ (2015年7月3日). 2015年8月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p “ミュージカル「八犬伝」続編が11月に!松村龍之介、安里勇哉、山本一慶ら出演”. ステージナタリー. (2016年7月1日). http://natalie.mu/stage/news/192938 2016年7月1日閲覧。 
  7. ^ 「八犬伝―東方八犬異聞―」 あべ美幸の人気作品が2013年1月からアニメでスタート”. アニメ!アニメ! (2012年12月4日). 2015年6月4日閲覧。
  8. ^ 「八犬伝―東方八犬異聞―」第2期 2013年夏放送決定 、最終回で明らかに”. アニメ!アニメ! (2013年4月3日). 2015年6月4日閲覧。
  9. ^ ラジオ世界ふしぎ八犬伝!”. アニメイトTV. 2015年6月4日閲覧。
  10. ^ あべ美幸氏の『八犬伝―東方八犬異聞―』ミュージカルに! 坂口湧久さん・北村諒さんら8名によるキャラクタービジュアル解禁”. アニメイトTV (2015年7月2日). 2015年7月2日閲覧。
  11. ^ 「八犬伝」続編、坂口湧久の犬塚信乃&松村龍之介の犬川荘介ら12人のキャラビジュ”. ステージナタリー (2016年10月25日). 2016年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]