出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地球・月・太陽の位置関係。新月は1の月
皆既日食時の新月

(さく、英語:new moon)とは、太陽視黄経が等しくなること、また、その時刻のことである。現代的な定義での新月(しんげつ)と同義である。

地球から見て月と太陽が同じ方向となり、月から反射した太陽光が地球にほとんど届かないことと、強い太陽光の影響とで地上からは月が見にくい。黄道白道が極めて近いか重なる地点(月の交点)で朔となった場合にである日食が起こる。皆既日食や金環日食時に新月の輪郭を見ることができるほか、地球照によっても新月を観察可能である。

朔日[編集]

朔の瞬間を含む朔日という。

陰暦(太陰太陽暦を含む太陰暦)では、朔日をの始まる日「1日」とする。月の始まりは「月立ち(つきたち)」が転じて「ついたち」と言うため、朔日は「ついたち」と訓読みし、「朔」だけでも「ついたち」と読む。

朔は世界中で同時に発生するが、時差があるため朔日は世界中で同日ではない。

暦月の始めの日を決定する規則に平朔定朔とがある。これによって朔日となる暦日に違いが生じることがある。

新月[編集]

新月は、本来は朔の後に初めて見えるのことである。陰暦二日までは月はほとんど見えないので、陰暦三日ごろの月(三日月)が新月となる。初月(しょげつ)もこの新月と同じ意味である。「みかづき」の訓もある(ひ)も同様である。精密な天体観測がなされる前は、この新月の日を月初としていた。「ついたち」も本来は、この新しく見える月を意味した。この伝統的な意味での新月と区別するために、朔のことを暗月(あんげつ)と呼ぶことがある。

関連項目[編集]