三すくみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三すくみ(さんすくみ、三竦みとも書く)とは、三つの者が互いに得意な相手と苦手な相手を一つずつ持つことで、三者とも身動きが取れなくなるような状態のことである。つまり、ABに勝ち、BCに勝ち、CAに勝つ、という関係。例えばABを倒した場合、Cに倒されるのがわかっているので動くことができない。

三すくみの例[編集]

虫拳 『拳会角力図会』 1809年

矢印の向く相手に勝つ、という関係を表す。

通常のじゃんけんではグー(石) → チョキ(はさみ) → パー(紙) → グー ……
「石」は「はさみ」をうち砕き、「はさみ」は「紙」を切り刻み、「紙」は「石」を包み込む。下記(星拳)もじゃんけんである。
星拳(ほしけん)ではグー(天球)→ チョキ(手の形が通常のじゃんけんと異なる:地球)→ パー(水星)→ グー ……
上記のじゃんけんの一種である。
虫拳:ヘビ → カエル → ナメクジ → ヘビ ……
日本最古の三すくみ。ヘビはカエルを一飲みにする。ヘビには負けるカエルだが、相手がナメクジならばやすやすと舌でとって食べる。しかしカエルに負けるナメクジにはヘビ毒が効かず、身体の粘液で(カエルより強いはずの)ヘビを溶かしてしまう(実際にはそのようなことはおこらないが、古い時代の日本ではそう信じられていた。ただし、ナミヘビ科にはナメクジを捕食する種もいる)。このときにカエルがナメクジを食べると、その後ヘビに食べられてしまうので、ナメクジを食べられない。ヘビ、ナメクジも同様の状態で、三者とも身動きがとれず三すくみとなる。
狐拳:狐 → 庄屋 → 猟師 → 狐 ……
狐は庄屋を化かし、依頼主の庄屋に猟師は頭が上がらず、猟師は狐を鉄砲で撃つ。
→ 象 ……
象は人を踏み、人は蟻を踏み、蟻は象を刺す。ちなみにインドネシア周辺のじゃんけんはこの形になっている。親指が象、人差し指が人、小指が蟻。

ゲーム・漫画における例[編集]

……
コンピュータゲームポケットモンスター』、『パズル&ドラゴンズ』、『モンスターストライク』などに見られる三すくみ。を燃やし、水分を吸い取り、を消す。
……
コンピュータゲーム『ファイアーエムブレム』に見られる三すくみ。に強く、に強く、に強い。ただし、これを逆転させる武器も存在する。
騎兵大砲歩兵騎兵 ……
騎兵の突撃は大砲の陣地を崩し(騎兵は速いため弾が当たらない)、大砲の砲撃は歩兵を吹き飛ばし(歩兵は遅い&集団でいるので弾で纏めて吹き飛ばされる)、歩兵の槍衾は騎兵の突撃を止める。
もちろん現実の戦争では、大砲や銃弓は陣地内にいたり随伴歩兵で突撃を防ぎ、歩兵は武器や装備を変え散開したり隠れて近づくことで、大砲の的になることを防ぎながら攻撃し、騎兵は機動力を生かして槍衾の横や後ろから攻撃するのでこの限りではない。
皇帝市民奴隷皇帝 ……
漫画賭博黙示録カイジ』に登場するギャンブルのひとつ、Eカードに見られる三すくみ。皇帝市民を支配し、市民奴隷をこき使い、奴隷は捨て身の行為で皇帝に襲いかかる。奴隷はそもそも失うものがないため、殺されてもともとの状態で皇帝を討つ可能性があることから、奴隷皇帝より強いとされる。

三すくみの構造[編集]

trade-offs(トレードオフズ)原文「螂蛆螂蛆、互相食也」

螂蛆ムカデのこと。正三角形の配置構造を連鎖構造に言葉として表記した。「じゃんけん」の勝負とは異なるが、互いの影響を説明するうえで「三つ巴」や「三すくみ」と表現される説明が多くの理論で利用されている。

経営理論の例[編集]

産業組織論(経済学)の主要なパラダイムとして構造 → 行為 → 成果(S-C-P)がある。産業構造がその産業にいる企業の行為(戦略)を決定し、行為が産業の成果を決定し、成果がその産業の構造を決定する。

同様な論理構造として

重要制約(Core Constraints)
利益 → 技術 → 権利(Economic-Technical-User)
物資(Resources)リソース
ヒト → 作用 → モノ(People-Process-Product)
顧客(Customers)カスタマー
時間 → 費用 → 品質(Schedule-Budget-Performance)

が上げられている(上記は、矢印の向く方向に強い影響を与え行動を決定させる、関係を表す)。

各要素の影響の強弱は1対1の関係(部分構造)では勝ち負けが発生する。拮抗状態が全体最適(継続)である各要素が正三角形の位置に配置されている状態である。

三すくみは位置関係と互いの距離によってバランスされている。「」と「」が一呑みで「」から余裕で逃走可能な距離(状態)では成立しないという論理構造である。この状態で、3匹が逃走するためには互いに距離を伸ばす(正三角形が相似的に拡大する)必要があると説明されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]