村田全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村田 全(むらた たもつ、1924年3月11日 - 2008年7月6日)は、日本数学史学者・数理哲学者立教大学名誉教授

来歴[編集]

兵庫県出身。北海道帝国大学理学部卒。「Problems of the mathematical infinity : on some aspects of the concept of anti-set-theoretical totality(数学的無限についての諸問題)」で慶應義塾大学文学博士[1]1971年、立教大学教授。1989年定年退任、名誉教授、桃山学院大学文学部教授。1994年、退職。1972年から1974年まで、フランス国立科学研究センター研究員。国際科学史アカデミー会員。

著書[編集]

  • 『数学をきずいた人々』さ・え・ら書房「さ・え・ら伝記ライブラリー」、1967、新装版2008
  • 数学史散策』ダイヤモンド社、1974
  • 『数学と歴史のはざま』 玉川大学出版部「玉川選書」、1976 
  • 『数学史の世界』 玉川大学出版部「玉川選書」、1977
  • 『日本の数学 西洋の数学-比較数学史の試み』 中公新書、1981/ちくま学芸文庫、2008 
  • 『数学と哲学との間』 玉川大学出版部、1998

共著編[編集]

翻訳[編集]

  • マルセル・ボル『数学の歩み』白水社文庫クセジュ 1954
  • ジャン・イタール『整数論』白水社文庫クセジュ 1965 
  • ガストン・カザノヴァ『ブール代数』小室博昭共訳 白水社文庫クセジュ 1968 
  • S.ボホナー『科学史における数学』みすず書房、1970
  • ブルバキ『数学史』清水達雄共訳 東京図書、1970 新版1993ほか/ちくま学芸文庫(上下) 2006 
  • ランスロット・ホグベン『数学の世界』吉田洋一監訳 芹沢正三川尻信夫共訳 河出書房新社、1970
  • ル・リヨネ編『数学思想の流れ 1・2・3』 監訳 東京図書、1974-75、新版1988
  • A.K.サボー『数学のあけぼの ギリシアの数学と哲学の源流を探る』伊東俊太郎、中村幸四郎共訳 東京図書、1976
  • G・カントル『超限集合論功力金二郎共訳 共立出版、1979 現代数学の系譜
  • ヴァン・デル・ウァルデン『数学の黎明 オリエントからギリシアへ』佐藤勝造共訳 みすず書房、1984

出典・脚注[編集]

  1. ^ Problems of the mathematical infinity : on some aspects of the concept of anti-set-theoretical totality 村田全”. 国立国会図書館. 2012年7月20日閲覧。

参考[編集]