茂木勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
茂木 勇
生誕 1919年????
死没 (2009-08-28) 2009年8月28日(89歳没)
研究分野 数学
研究機関 東京高等師範学校東京教育大学筑波大学文教大学
出身校 東京文理科大学
プロジェクト:人物伝

茂木 勇(もぎ いさむ、1919年 - 2009年8月28日)は、日本数学者筑波大学名誉教授。理学博士。専門は微分幾何学

来歴[編集]

1947年東京文理科大学理学部数学科卒、理学博士号を取得し、その後、東京高等師範学校助教授東京教育大学助教授、教授カナダサスカチュワン大学客員教授、筑波大学教授、同副学長を勤める。その後文教大学教授、同大学学長を歴任、後、同大学名誉教授を務める。日本数学教育学会名誉会長。

著書[編集]

著書に『微分幾何学とゲージ理論』(共著,共立出版)などがある。 高校向け教科書、参考書の執筆者としても著名で、科学新興社矢野健太郎の『解法のテクニック』の改訂版を執筆を担当した。

  • 新編高校数学B / 茂木勇, 樋口禎一, 森正武編. -- 旺文社, 1995
  • 新編高校数学I / 茂木勇 [ほか] 著. -- 改訂版. -- 旺文社, 1998
  • 新編高校数学I / 茂木勇, 樋口禎一, 森正武編. -- 旺文社, 1994

等多数

関連項目[編集]