森正武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 正武
国籍 日本の旗 日本
研究分野 数値解析
応用数学
研究機関 東京大学
京都大学数理解析研究所
出身校 東京大学
主な業績 二重指数関数型数値積分公式
離散変分法
DE-Sinc数値計算法
主な受賞歴 瑞宝中綬章
正四位
日本応用数理学会論文賞
日本応用数理学会業績賞
石川賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

森 正武(もり まさたけ、1937年8月26日 - 2017年2月24日[1][2])は、日本数学者工学博士京都大学名誉教授、筑波大学名誉教授。京都大学数理解析研究所元所長。専門は数値解析応用数学

略歴[編集]

1937年東京で生まれる。1961年東京大学工学部応用物理学科を卒業後、東京大学大学院数物系研究科修士課程・博士課程へ進学し、1965年に中退する。同年に東京大学工学部助手となり、1967年工学博士号を取得した。1970年に京都大学数理解析研究所助教授となり、1979年に筑波大学電子・情報工学系教授に就任した。1987年に同大学電子・情報工学系長および評議員を経て、1989年-1997年に東京大学大学院工学系研究科教授を務める。1997年から京都大学数理解析研究所教授となり、1998年に同研究所所長および同大学評議員を歴任した。2001年に筑波大学名誉教授および京都大学名誉教授を授与される。同年から東京電機大学理工学部数理科学科教授を務めた。2016年、瑞宝中綬章受章[3]

この間に、1974年-1975年にニューヨーク大学クーラント研究所研究員、1997年に大連理工大学客座教授となる。

家族[編集]

父は株式會社北辰電機製作所、のち精密機器会社創業の技術士の森武保(機械除銹更生液剤、風向風速自画器、長期巻雨量計の発明など)。祖父は数学教育者,嘉納塾の後藤胤保(「算術教授の実際(尋常小学 第1-6学年)」等)。

社会活動[編集]

1998年-1999年に日本応用数理学会会長を務め、国内で日本数学会日本物理学会情報処理学会、日本計算工学会の各会員として、国外では SIAM (en:Society for Industrial and Applied Mathematics) で活動した。また、財団法人数学オリンピック財団理事、財団法人数理科学振興会評議員、政府調達苦情検討委員会専門委員、日本学術会議数学研究連絡委員会委員を歴任した。さらに、国際学術雑誌の編集者や海外の学会等での講演も行っており、国際的に知名の数学者である。

研究業績[編集]

森正武は以下の研究業績で知られている[4]

受賞・講演歴[編集]

叙位・叙勲[編集]

主著[編集]

その他に論文、共著、翻訳書など複数ある。

脚注[編集]

  1. ^ 森正武氏死去(京都大名誉教授・数値解析学) 時事ドットコム 2017年3月1日付
  2. ^ 森正武氏死去 京都大名誉教授 京都新聞 2017年3月2日付
  3. ^ 「春の叙勲 中綬章以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2016年4月29日朝刊
  4. ^ 森正武先生追悼特集(2):森正武先生を偲ぶ
  5. ^ Takahasi, H. and Mori, M. (1974). “Double exponential formulas for numerical integration”. Publications of the Research Institute for Mathematical Sciences (京都大学) 9 (3): 721–741.
  6. ^ 森正武, ステファン問題の有限要素法による解法の安定性と収束, 数理解析研究所講究録 (1976), 264: 53-84.
  7. ^ 降籏大介, 森正武. 偏微分方程式に対する差分スキームの離散的変分による統一的導出. 日本応用数理学会論文誌, 8 (1998), 317–-340.
  8. ^ 『官報』6992号、平成29年4月5日

外部リンク[編集]

  • 森正武 - J-GLOBAL, 科学技術振興機構
  • 森正武先生追悼特集(1):森正武先生を偲んで
  • 森正武先生追悼特集(2):森正武先生を偲ぶ
  • 森正武先生追悼特集(3):偲ぶ言葉
  • 森正武先生追悼特集(4):森正武先生の思い出を語る
  • 森正武先生を偲ぶ3講演 -第46回数値解析シンポジウム-
  • 森正武 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  • 森正武 - Researchmap ウィキデータを編集
  • 森正武 - Webcat Plus
  • 森正武業績リスト (PDF)
  • 日本の研究.com:158029