森重文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森重文
Shigefumi Mori.jpg
1990年、京都にて
生誕 (1951-02-23) 1951年2月23日[1]
日本の旗 日本愛知県名古屋市[2]
国籍 日本の旗 日本
研究分野 数学
研究機関 京都大学
名古屋大学
出身校 東海中学校・高等学校[2]
京都大学
博士課程
指導教員
永田雅宜[2]
主な業績 代数幾何学
影響を
受けた人物
広中平祐[2]
主な受賞歴 フィールズ賞(1990年)
コール賞(1990年)
プロジェクト:人物伝
フィールズ賞受賞者
受賞年: 1990年
受賞理由:「三次元代数多様体の極小モデルの存在証明」。

森 重文(もり しげふみ、1951年(昭和26年) 2月23日[1] - )は日本の数学者理学博士京都大学、1978年)、京都大学名誉教授。専門は代数幾何学における双有理幾何学で、代数幾何学での業績により1990年にフィールズ賞を受賞。名古屋大学教授京都大学数理解析研究所教授、所長、名古屋大学特別教授、京都大学高等研究院特別教授、所長を歴任。ハーバード大学プリンストン高等研究所マックス・プランク研究所コロンビア大学など、海外での研究経験も豊富であった。数学分野での国際的な協力を行う非政府組織であり、国際数学者会議の主催団体である国際数学連合の総裁にアジア人としては初めて選出された[3][4]愛知県名古屋市出身。

略歴[編集]

受賞・講演歴[編集]

業績[編集]

接束が豊富なら射影空間である」というハーツホーンの予想を解決した論文[19]は、代数多様体の構造論における最初の一般的な定理として歴史に刻まれるものであり、そこで開発された証明の技法がさらに洗練され「端射線の理論」となった。これは代数多様体および有理写像の構造の研究に有力な手段を与えるもので、これにより2次元の壁を乗り越えて高次元代数多様体の構造を解明することが可能になった。森理論の発表、3次元Fano多様体の研究など高次元代数多様体の研究に新しい視点を提供した。これらの業績により、1983年のワルシャワでのICMの招待講演に招聘された。さらに極小モデルの存在を3次元の場合に示すことに成功し、1990年に京都で開かれた国際数学者会議でフィールズ賞を受けた。

人物・逸話[編集]

  • 1969年東京大学の入試が中止されたため、京都大学に進んだ[1]。このためフィールズ賞受賞時は「あのとき東大に進んでいたらフィールズ賞受賞はなかっただろう」と『科学朝日』で報じられた。
  • 大学時代は全問正解しても80点しかくれない教授の試験で120点を取り続けた[20][信頼性要検証]
  • 大学への数学』という受験雑誌の学力コンテストで1年間ほぼ連続満点[21]を続けた伝説の人となり、編集部が森君の答案を楽しみにしていた[要出典]
  • 東京大学物性研究所教授の高田康民は、京大では数学志望だったが、同級生の森重文と比べて自分の数学的才能に自信を持てなくなり、翌年東大に入学し直し、物理学志望に変更した[22]
  • 高校の時に大学の内容を進んで学んでいたりはしていなかった。大学での数学に触れたのは大学に入ってからである[1]
  • 広中平祐は「自分は鈍才だが、森君は天才」という[23]
  • 謙虚な人柄で、「3次元代数多様体における極小モデルの存在証明」のテーマで同賞を受賞したことについて「応用がものすごく広がったが、私が貢献したのはごく一部。周りの皆さんのおかげ」という[13]
  • 学生時代、指導教授からある数学書を薦められると1~2ヶ月ほどで「読みました」と戻って来てしまい、次の数学書を薦められてはまた同じことを繰り返した。「数学書を読むのが異常に速い」学生として強烈な印象を与えていたという。
  • 教えていた数学の教師が、高校卒業後も『彼はやがてノーベル賞をとる』と言い続けていた。
  • フィールズ賞受賞の4年前に他の分野で既にフィールズ賞候補になっていてその時は取れなかったが、競争相手が多いメジャーな別の分野を新たに研究して、フィールズ賞を受賞した。
  • 天才伝説については、まだ京大の助手の頃から既に轟き渡っていて、学生は「森先生は今は『重文(重要文化財)』だけど、いつか国宝になるんだろうな。『森重文』改め『森国宝』!なーんてね」みたいな冗談を言い合っていた。

著作[編集]

学位論文[編集]

著書[編集]

代表的な論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1987年との表記もある[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 森重文「-こんな時代だからこそ自分から動いてほしい- (PDF) 」 、『らいふすてーじ』新入生歓歓迎特別号、2011年2015年5月6日閲覧。(長田哲也教授インタビュー)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 桜井進 (2009年1月16日). “(第33回)近世日本人数学者列伝~森重文~(前編)”. 東洋経済ONLINE: p. 2 2015年5月6日閲覧。
  3. ^ a b 国際数学連合の総裁に森重文京大教授”. サイエンスポータル (2014年8月13日) 2018年5月13日閲覧。
  4. ^ a b 国際数学連合の次期総裁に森・京大教授 アジア人初”. 日本経済新聞 (2014年8月12日) 2018年5月13日閲覧。
  5. ^ 森重文 1978.
  6. ^ a b 隅広 1991.
  7. ^ 向井 1991.
  8. ^ 森重文「国際数学連合の活動について」、『学術の動向』第5巻第1号、2000年、28-31頁。
  9. ^ 時事通信2014年8月12日[リンク切れ]
  10. ^ a b プロフィール”. 京都大学高等研究院. 2018年5月13日閲覧。
  11. ^ 特別教授”. 名古屋大学. 2018年5月13日閲覧。
  12. ^ フィールズ賞受賞者の森 重文京都大学教授、国際数学連合の総裁にアジア人として初めて選出”. Japanest Nippon. 2018年5月14日閲覧。
  13. ^ a b フィールズ賞受賞の京都大の森教授が定年迎え最終講義、10分オーバー”. 産経ニュース. (2016年3月22日) 2018年5月12日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j 森重文 | 講師&講演概要”. 第4回京都大学 - 稲盛財団合同京都賞シンポジウム. 京都大学. 2018年5月13日閲覧。
  15. ^ 名誉教授”. 京都大学数理解析研究所. 2018年5月13日閲覧。
  16. ^ a b 彌永賞・日本数学会賞受賞者リスト”. 日本数学会. 2015年5月6日閲覧。
  17. ^ 第31回-第40回受賞者”. 中日文化賞. 中日新聞社. 2015年5月6日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m 第4分科 会員個人情報 森重文”. 会員一覧. 日本学士院. 2018年5月13日閲覧。
  19. ^ Mori 1979.
  20. ^ 会長挨拶」、『三条南ロータリークラブ週報]』第2144号、2015年1月19日、1-2頁。
  21. ^ 岡本祐幸 (2016年4月7日) “森重文氏の東海高校在学中の「大学への数学」学力コンテスト結果”. 名古屋大学 大学院理学研究科 物理学教室 TB研 理論生物化学物理研究室. 2018年5月13日閲覧。
  22. ^ 高田康民 “Interview 物性理論研究者が語る「研究と私」”. 物性理論研究部門・物質設計評価施設設計部. 2015年5月6日閲覧。
  23. ^ 気鋭の数学者 京大数理研に集う」、『日本経済新聞』2015年9月2日朝刊。
  24. ^ 宮岡洋一「書評 Janos Kollar : Birational Geometry of Algebraic Varieties, Cambridge University Press,1998年, viii+254ページ.森重文:双有理幾何学,岩波書店,1998年,ix+328ページ.」、『数学』第53巻第3号、2001年、308-333頁。
  25. ^ a b c d e f g h i j k 森重文”. 京都大学数理解析研究所. 2018年5月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]