エンリコ・ボンビエリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンリコ・ボンビエリ
(Enrico Bombieri)
EnricoBombieri.jpg
Enrico Bombieri(2006)
生誕 1940年11月26日(76歳)
国籍 イタリア
研究分野 数学
研究機関 プリンストン高等研究所
出身校 ミラノ大学
博士課程
指導教員
Giovanni Ricci
主な業績 Large sieve method in analytic number theory
Bombieri-Lang conjecture
Bombieri norm
Bombieri–Vinogradov theorem
"Heights" in Diophantine geometry
Siegel's lemma for bases (Bombieri–Vaaler)
偏微分方程式
Bombieri–Friedlander–Iwaniec theorem
主な受賞歴 1966, Caccioppoli Prize[1]
1974, フィールズ賞
1976, Feltrinelli Prize
1980, バルザン賞
2006, Pythagoras Prize[2]
2008, Joseph L. Doob Prize[3][4]
2010, キング・ファイサル国際賞科学部門
プロジェクト:人物伝

エンリコ・ボンビエリEnrico Bombieri, 1940年11月26日 - )はイタリア数学者プリンストン高等研究所IBMフォン・ノイマン教授。 専門は数論解析学。(解析数論代数幾何学複素解析偏微分方程式など。)

素数分布論で大きな貢献。その結果からボンビエリの大きな篩法を生み出した。 多変数複素関数論、極小曲面における偏微分方程式論、高次元ベルンシュタイン問題の解決における貢献。 単葉関数における局所ビーベルバッハ予想の解決。などにより1974年フィールズ賞を受賞。

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]