飯高茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いいだか しげる
飯高 茂
生誕 (1942-05-29) 1942年5月29日(80歳)
日本の旗 日本 千葉県
研究分野 代数幾何学
研究機関 学習院大学
出身校 東京大学
主な指導学生 神田愛花
主な業績 飯高次元小平次元
影響を
受けた人物
小平邦彦
主な受賞歴 日本数学会弥永賞
日本学士院
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

飯高 茂(いいたか しげる、1942年5月29日 - )は、日本数学者理学博士東京大学・1970年)(学位論文「代数多様体の次元について」)。学習院大学名誉教授。専門は代数幾何学

人物[編集]

1942年、千葉県生まれ。千葉市立登戸小学校千葉市立緑町中学校[1]千葉県立千葉第一高等学校を経て、1961年東京大学教養学部理科1類入学、1963年東京大学理学部数学科進学、1965年東京大学理学部数学科卒業。1965年東京大学大学院数物系修士課程数学専攻入学、1967年同専攻修了。

1967年東京大学理学部数学教室助手、専任講師助教授を経る。1970年に学位論文「代数多様体の次元について」を東京大学に提出し理学博士学位を取得。1971年から72年まで米国プリンストン高等研究所(I.A.S.)研究員。1985年から学習院大学理学部数学科教授。2013年名誉教授[2]

代数幾何学のリーダーとして世界的に知られるフィールズ賞受賞者小平邦彦の正統な後継者の一人であり、代数多様体の研究で重要となる双有理変換に着目し、その性質を研究するために『小平次元』の理論を構築して、代数幾何学研究の一つのパラダイムを提唱し、研究を牽引してきた。1970年頃、飯高予想と呼ばれる予想を提起した。現在も未解決である[3][4]。なお、飯高予想の6次元以下については、2018年度フィールズ賞受賞者のコーチェル・ビルカー (Caucher Birkar) が証明している[5]

日本数学会弥永賞日本学士院賞を受賞。日本数学会理事、理事長(学会長に当たる)、監査、日本数学教育学会理事、日本学術会議(数理科学分科会)連携会員など多くの役職を歴任。1983年のICMに招待講演者として招聘された。

計算機やプログラミングが得意であり、Prologに関する著書もある。

Prologでは、整数論理数列集合置換循環小数位相など様々な数学的対象を扱うことができる。

著書[編集]

  • 『いいたかないけど数学者なのだ』日本放送出版協会、2006
  • 『数学の研究をはじめよう (I)』現代数学社、2016
  • 『数学の研究をはじめよう (II)』現代数学社、2016
  • 『数学の研究をはじめよう (III)』現代数学社、2017
  • 『数学の研究をはじめよう (III)』現代数学社、2017
  • 『数学の研究をはじめよう (V)』現代数学社、2018
  • 『数学の研究をはじめよう (VI)』現代数学社、2020
  • 『数学の研究をはじめよう (VII)』現代数学社、2021


関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 飯高茂. “吉田君の思いで 2” (jp). 放送大学多摩数学クラブ. 2021年12月15日閲覧。
  2. ^ サイエンスインタビュー 飯高茂教授”. 学習院大学. 2021年6月17日閲覧。
  3. ^ 藤野修. “飯高予想について”. 藤野 修. 2020年6月16日閲覧。
  4. ^ Fujino, Osamu (2020). Iitaka conjecture: An introduction. Springer Singapore 
  5. ^ Birkar, C (2009). “The Iitaka conjecture Cn,m in dimension six”. Compositio Mathematica 145(6): 1442-1446. doi:10.1112/S0010437X09004187. 
  6. ^ サイエンスインタビュー:第3回 「挑戦し、極める」 学習院大学理学部公式サイト

参考文献[編集]

  • 藤野修「飯高予想について」2020,[1]
  • Fujino, Osamu. Iitaka conjecture: An introduction. Springer Singapore, 2020.

外部リンク[編集]