許埈珥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
許 埈珥
June Huh - ICM 2018.jpg
許 埈珥(国際数学者会議2018にて)
生誕 (1983-06-09) 1983年6月9日(39歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 プリンストン大学
スタンフォード大学
出身校 ソウル大学校
ミシガン大学
主な業績 Resolution of the Heron-Rota-Welsh conjecture
主な受賞歴 フィールズ賞 (2022)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

許 埈珥(ホ・ジュニ、허 준이June Huh1983年6月9日 - )は韓国系アメリカ人の数学者である。現在プリンストン大学の数学科教授、韓国高等科学院の碩学教授を務めている。以前はプリンストン高等研究所(Institute for Advanced Study)研究員および韓国高等科学院招聘研究員(KIAS SCHOLAR)、スタンフォード大学数学科教授だった。2022年フィールズ賞を受賞した[1]

生涯[編集]

カリフォルニア州サンタクララ郡スタンフォードで生まれた。2歳のときに大学教授の両親と共に韓国に帰国した[1]。父の許明会(ホ・ミョンフェ、허명회)は統計学者で、現在は高麗大学校名誉教授、母の李仁映(イ・イニョン、이인영)はロシア文学者で現在はソウル大学校名誉教授[2]

ソウル市内の小学校、中学校、高等学校を卒業後、ソウル大学校に進学し、2009年に同大学院の修士課程を修了、2014年にミシガン大学大学院の博士課程を修了した。ソウル大学校では広中平祐教授とキム・ヨンフン(김영훈)教授の指導を、ミシガン大学ではMircea Mustață教授の指導を受けた。

学歴[編集]

経歴[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2002年、物理学科に入学。その後、2006年に物理学科と天文学科が物理天文学部に統合。
  2. ^ 2009年にイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の数学科博士課程に入学後、2011年にミシガン大学に編入。

出典[編集]

  1. ^ a b c 정희정 (2022年7月5日). “韓国系数学者初の快挙 ホ・ジュニ教授がフィールズ賞受賞” (日本語). 聯合ニュース. 2022年8月10日閲覧。
  2. ^ フィールズ賞受賞のホ・ジュンイ教授「中学生の時にチェスパズルを解いて数学を経験」” (日本語). www.donga.com (2022年7月7日). 2022年8月10日閲覧。
  3. ^ [시사 수학계 라이징 스타를 만나다 | d라이브러리]” (朝鮮語). mdl.dongascience.com. 2022年8月10日閲覧。
  4. ^ Hartnett, Kevin (2017年6月27日). “A Path Less Taken to the Peak of the Math World” (英語). Quanta Magazine. 2022年8月10日閲覧。
  5. ^ June Huh | Clay Mathematics Institute”. www.claymath.org. 2022年8月10日閲覧。
  6. ^ KIAS Scholars”. www.kias.re.kr. 2022年8月10日閲覧。
  7. ^ Awards & Fellowships | U-M LSA Mathematics” (英語). lsa.umich.edu. 2022年8月10日閲覧。
  8. ^ Invited Section Lectures Speakers | ICM 2018”. www.icm2018.org. 2022年8月10日閲覧。
  9. ^ Breakthrough Prize – Mathematics Breakthrough Prize Laureates – June Huh” (英語). 2022年3月23日閲覧。
  10. ^ 역대 수상자 - 호암재단”. www.hoamfoundation.org. 2022年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]