永田雅宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永田 雅宜
生誕 (1927-02-09) 1927年2月9日
愛知県知多郡大府町(現・大府市
死没 (2008-08-27) 2008年8月27日(81歳没)
京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 数学
研究機関 名古屋大学京都大学ハーバード大学岡山理科大学
出身校 名古屋大学
主な業績 ヒルベルトの第14問題の解決
主な受賞歴 正四位勲二等瑞宝章
中日文化賞(1961年)[1]
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

永田 雅宜(ながた まさよし、1927年2月9日 - 2008年8月27日)は、日本の数学者京都大学名誉教授理学博士(京都大学)[2]正四位勲二等瑞宝章愛知県知多郡大府町峯畑(現・大府市若草町)出身[3]日本数学会理事、日本学術会議会員、国際数学連合副会長。中日文化賞日本学士院賞を受賞している。

経歴[編集]

1927年(昭和2年)2月9日、愛知県知多郡大府町峯畑(現・大府市若草町3丁目)に生まれた。大府町立大府小学校、愛知県刈谷中学校(現・愛知県立刈谷高等学校)を卒業した[3]名古屋大学理学部数学科に進学し、在学中には開校間もない愛知県立大府高等学校の非常勤講師を1年間務めている。1950年(昭和25年)に名古屋大学理学部を卒業すると[3]、そのまま名古屋大学大学院に進学し、また名古屋大学で助手を務めた。その後は京都大学講師となり、代数幾何学スクールで学生に教えた。

1957年(昭和32年)にはアメリカ合衆国に渡り、ハーバード大学の研究員となった。同年7月には京都大学理学部数学科の助教授代数学講座)となった。1958年(昭和33年)にはイギリスのエディンバラで開催された国際数学者会議(ICM)で招待講演を行っている。1963年(昭和38年)2月には京都大学理学部数学科の教授(代数学講座)となった。

1980年(昭和55年)11月から1982年(昭和57年)11月には京都大学の評議員を務めた。1990年(平成2年)3月に京都大学を退官して名誉教授となると、岡山理科大学理学部教授に就任した。1998年(平成10年)には勲二等瑞宝章を受章した[4]。1999年(平成11年)には岡山理科大学を退職すると、その後は兵庫県多可町八千代区の小学生に数学を教え、「数の面白さ」や「自分で考えることの重要性」を伝えることに力を注いだ。

2008年(平成20年)8月27日、胆管がんにて死去した。81歳没。

業績[編集]

1960年代、1970年代に可換環論代数幾何学の基礎付けにおいて大きな業績を残した。不変式論英語版を用いてヒルベルト第14問題英語版の反例を構成し否定的に解決した。他にも代数多様体のコンパクト化、ネーター環における業績がある。

ヒルベルト第14問題を否定的に解決した論文は僅か7ページだった[5]

家族[編集]

京都大学数理解析研究所助教の永田雅嗣は息子。

著作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日文化賞:第11回-第20回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月31日閲覧。
  2. ^ 学位論文"A treatise on the 14-th problem of Hilbert."
  3. ^ a b c 大府商工会議所会報 vol.163 (PDF)”. 大府市商工会議所. 2017年1月24日閲覧。
  4. ^ 「98年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、及び外国人の受章者一覧」『読売新聞』1996年11月3日朝刊
  5. ^ M. Nagata, On the 14-th Problem of Hilbert, American Journal of Mathematics, Vol. 81, No. 3 (Jul., 1959), pp. 766–772.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]