ガンズ&ゴールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンズ&ゴールド
Son of a Gun
監督 ジュリアス・エイヴァリー
脚本 ジュリアス・エイヴァリー
製作 ティモシー・ホワイト
製作総指揮 アーロン・L・ギルバート
クレイトン・スミス
ジェームズ・ディーン
ジョン・コリー
マイケル・スピッチャ
エイダン・オブライアン
リチャード・イースト
ブライス・メンジス
出演者 ブレントン・スウェイツ
ユアン・マクレガー
アリシア・ヴィキャンデル
音楽 ジェド・カーゼル
撮影 ナイジェル・ブラック
編集 ジャック・ハッチングス
配給 アメリカ合衆国の旗 Hopscotch Films
日本の旗 KADOKAWA
公開 オーストラリアの旗 2014年10月16日
日本の旗 2014年11月1日
上映時間 109分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
興行収入 400万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

ガンズ&ゴールド』(原題: Son of a Gun)は、2014年オーストラリアで制作されたクライムスリラー映画。ジュリアス・エイヴァリーにとっては、本作が初の長編映画監督作となる[2]

ストーリー[編集]

オーストラリアパースにある刑務所に収監されたJRは、そこで他の囚人からレイプされそうになったところを、囚人たちのボス的存在であるブレンダンに救われる。ブレンダンはJRを気に入り、JRに犯罪の知識を伝授していく。こうしてブレンダンとの師弟関係を築いたJRは、半年の刑期を終え出所すると、刑務所を襲撃してブレンダンを脱獄させることに成功する。

外の世界に舞い戻ったブレンダンは、早速犯罪組織のボスから仕事の依頼を受ける。その仕事とは、金鉱の精錬所から金塊を強奪するという危険なものだった。ブレンダンの右腕となったJRもこの仕事に参加することになるが、一方でJRは組織で働く若い女性ターシャに心惹かれていた。その後、金塊強奪には成功したブレンダンたちだったが、組織のボスの裏切りによって彼らは命を狙われるようになってしまう。また、JRもターシャとの交際をきっかけに、ブレンダンとの関係にひびが入っていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

参考文献[編集]

外部リンク[編集]