サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶
The Adderall Diaries
監督 パメラ・ロマノウスキー
脚本 パメラ・ロマノウスキー
原作 スティーヴン・エリオットThe Adderall Diaries
製作 ヴィンス・ジョリヴェット
ジェームズ・フランコ
ジェームズ・リーチ
ジョセフ・マッケラー
マルニ・ゼルニック
製作総指揮 レオ・キーリー
ロバート・レッドフォード
ビル・キーリー
ライアン・ドーフ
出演者 ジェームズ・フランコ
エド・ハリス
アンバー・ハード
クリスチャン・スレーター
音楽 マイケル・アンドリュース
撮影 ブルース・ティエリー・チャン
編集 マーク・ヴィヴェス
製作会社 ラビット・バンディーニ・プロダクションズ
ワイルドウッド・エンタープライズ
ウィンドウシート・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗A24
公開 アメリカ合衆国の旗2016年3月10日
日本の旗劇場未公開
上映時間 87分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗$13,191[2]
テンプレートを表示

サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶』(原題:The Adderall Diaries)は2015年に公開されたアメリカ合衆国スリラー映画である。監督はパメラ・ロマノウスキー、主演はジェームズ・フランコが務めた。本作はスティーヴン・エリオット2009年に発表した自叙伝『The Adderall Diaries』を原作としている。本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2017年1月16日にDVDが発売された[3]

なお、本作がWOWOWで放送された際、『サスペクツ・ダイアリー』という邦題が使用された[4]

ストーリー[編集]

スティーヴン・エリオットは作家として成功していたが、幼少時には並々ならぬ苦労をしていた。母親が亡くなってからというもの、スティーヴンは父親の身体的・精神的暴力に苦しめられたのである。虐待のせいで彼の人格は歪んでしまい、ドラッグや暴力に塗れた青春時代を送ることになった。

そんなある日、スティーヴンはIT業界の大物(ハンス・ライザー)に関するノンフィクションを執筆することになった。ライザーの結婚生活は上手く行っておらず、妻が行方をくらませる事態にまで至っていた。ライザーは「妻は自分に恥をかかせるために家出したに違いない」と主張していたが、警察は彼を殺人容疑で逮捕したのである。スティーヴンは毎日裁判所に通って事件の捜査の進展を追い、ベストセラーになるような作品を書き上げるべく奮闘していた。

ちょうどその頃、スティーヴンが子供時代の体験を綴った作品が出版されようとしていた。スティーヴンが出版記念パーティーで自著の概略を説明していると、聴衆の中から「嘘だ」という叫び声が上がった。叫び声の主はスティーヴンの父親であるニールであった。しかし、スティーヴンは何故自分が嘘つき呼ばわりされたのか分からずにいた。気分転換のために、スティーヴンはクラブに繰出し、そこで知り合った女性と一夜を共にした。彼が目覚めたのは翌日の昼であった。重要な会議をすっぽかしてしまったために、スティーヴンは出版社との契約を打ち切られることになった。さらには、昨夜のスティーヴンの行動を知った恋人から別れを切り出された。さらに悪いことに、スティーヴンは裁判中に居眠りをしてしまい、肝心のやり取りを聞き逃してしまった。

モヤモヤした状態を打開するべく、スティーヴンは父親と会って話すことにした。そこでニールの口から語られたのは、スティーヴンの記憶を根底から覆すようなものだった。

キャスト[編集]

製作[編集]

パメラ・ロマノウスキーがジェームズ・フランコと面識を得たのはニューヨーク大学の映画講座においてであった。意気投合した2人は短編映画を一緒に製作した。その出来に満足したフランコは『The Adderall Diaries』の映画化の際にロマノウスキーを監督として起用した[5]2014年5月16日、本作の主要撮影ブルックリンで始まった[6]。6月、クリスチャン・スレーターが本作に出演すると報じられた[7]

公開[編集]

2015年4月16日、本作はトライベッカ映画祭でプレミア上映された[8]。24日、A24とディレクTVが本作の配給権を獲得したとの報道があった[9]

評価[編集]

本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには29件のレビューがあり、批評家支持率は21%、平均点は10点満点で4.5点となっている[10]。また、Metacriticには16件のレビューがあり、加重平均値は42/100となっている[11]

原作者のエリオットは結末が改変されたことに批判的で、「なぜ主役の名前がスティーヴン・エリオットでなければならないのか分からない」と述べている[12]

出典[編集]

  1. ^ サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶”. 2018年4月14日閲覧。
  2. ^ The Adderall Diaries”. 2018年4月14日閲覧。
  3. ^ サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶”. 2018年4月14日閲覧。
  4. ^ サスペクツ・ダイアリー”. 2018年4月14日閲覧。
  5. ^ Tribeca Film Festival 2015: Meet ‘The Adderall Diaries’ Director Pamela Romanowsky”. 2018年4月14日閲覧。
  6. ^ The Adderall Diaries shoot gets underway”. 2018年4月14日閲覧。
  7. ^ Christian Slater Joins James Franco In ‘Adderall Diaries’”. 2018年4月14日閲覧。
  8. ^ The Adderall Diaries”. 2018年4月14日閲覧。
  9. ^ A24 Acquires ‘The Adderall Diaries’ In 2nd Tribeca Deal Of Day For Distrib”. 2018年4月14日閲覧。
  10. ^ The Adderall Diaries”. 2018年4月14日閲覧。
  11. ^ The Adderall Diaries (2016)”. 2018年4月14日閲覧。
  12. ^ The Strange Experience of Having My Memoir Turned Into a Movie”. 2018年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]