花郁悠紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花郁 悠紀子(かい ゆきこ、本名、開発公子(かいはつ きみこ)、1954年9月21日 - 1980年12月12日)は、日本女性漫画家石川県金沢市出身。実妹は漫画家の波津彬子

略歴[編集]

高校時代、坂田靖子らとともに同人誌活動に参加。その後上京し、住み込みで萩尾望都のアシスタントを務めながら、投稿活動を続ける。1976年、『別冊ビバ・プリンセス』(秋田書店)春季号(創刊号)に掲載の「アナスタシアのすてきなおとなり」でデビュー。『月刊プリンセス』『ボニータ』(いずれも秋田書店)などで四季シリーズ、アナスタシアシリーズなどを発表して活躍。SFファンタジーの要素を織り交ぜた、現実味のある人間ドラマを描く。ポスト24年組の1人に数えられ、その耽美な絵柄で人気を集めた。『ビバ・プリンセス』1980年夏季号に「緑蔭行路」を執筆したのを最後に金沢で入院、1980年12月12日、胃癌のため26歳にして夭折。

妹の波津彬子は、かつてはアシスタントを務め、遺作の著作権継承者である。ペンネームは、本名の姓である「開発(かいはつ)」を姉妹で分け、「花郁(かい)」「波津(はつ)」となっていることが知られる。

著作[編集]

Princess Comics (新書判) 秋田書店
秋田文庫 秋田書店

上記コミックスを6冊に再編集したもので表題作以外はコミックスと収録作品が同じとは限らない。

例「妖精は扉をたたいて」はコミックスでは『フェネラ』に収録されているが、文庫では『アナスタシアとおとなり』に収録されている。
ペーパームーン叢書 新書館
  • 花宵闇 1982年5月15日 B5判
イラスト集だが同人誌発表作品やSF小説、エッセイなども有り。
新潮コミック アリスブック 新潮社